トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

車の一酸化炭素中毒事故ってなくせないのか?

車内で男性死亡、雪でマフラーふさがり中毒か 京都(朝日新聞)

(記事より一部引用)
 11日午後1時45分ごろ、京都府宮津市溝尻の住宅の敷地内にとめた車の中で、住人の漁業者の男性(62)が倒れているのが見つかり、まもなく死亡が確認された。京都府警宮津署によると、車の後方には1メートル以上の雪が積もっていた。署は雪でマフラーがふさがれたことで排ガスが車内に逆流し、一酸化炭素中毒で死亡した可能性が高いとみている。署によると、事故当時、現場周辺は大雪に見舞われ、約60センチの雪が積もっていたという。また、住宅の屋根から車の後方に大量の雪が落ちたような跡があった。
(引用ここまで)

この手の事故があるたびに毎回思うのだけど、どうして車内へCOセンサーを取り付けないのだろう。車体が錆びて穴が開いたり、マフラの破損などで車体の通気口へ一酸化炭素が入り込むことは十分にあり得ることだ。今回の事故みたいにマフラーの口が雪でふさがれてしまえば、行き先を探して空気より軽い一酸化炭素は車内に入ってきてしまう。

何度も繰り返されている事故なのに、規制当局や自動車メーカーは何も思わないのだろうか。雪に対する認識が甘かったのは運転手の不手際かもしれないが、さすがに降雪の挙動まで逐一把握できるはずがなく、雪国ではしばしば耳にする事故だ。もういい加減、何らかの対策が出来ても良いのにと思わずにはいられない。

CO(一酸化炭素)センサーの搭載は、危険と隣り合わせの自動車にとって必須ではないのか。寝ていても警報で起こして貰えれば命が一つ救われるのに。僅か数千円のコストで命が守られるのに、そんなに難しい事なのだろうか。

調べてもそんなに高くはないのだけど。→一酸化炭素警報機

>【一酸化炭素 警報機】【警報アラーム】【防災アラーム】石油ストーブをお使いの際に!【定形外】

価格:1,280円
(2017/2/13 06:33時点)
感想(4件)



>【一酸化炭素 警報機】【警報アラーム】【防災アラーム】石油ストーブをお使いの際に!【定形外】

価格:1,280円
(2017/2/13 06:34時点)
感想(21件)



>【一酸化炭素 警報機 3個セット】【一酸化炭素アラーム】【警報アラーム】【防災アラーム】石油ストーブをお使いの際にオススメです!【定形外】

価格:3,480円
(2017/2/13 06:34時点)
感想(0件)



>Doppelganger OUTDOOR/ドッペルギャンガー CG1-478 キャンプ用一酸化炭素チェッカー (ブラック / シルバー)

価格:10,162円
(2017/2/13 06:35時点)
感想(0件)



>Honeywell:電池式一酸化炭素警報器(5台) XC70-LOT5

価格:25,920円
(2017/2/13 06:35時点)
感想(0件)

免許取り消しなのに運転して逮捕

「女性と待ち合わせていて…」免許返納直後に車運転、29歳男を現行犯逮捕 兵庫県警(産経新聞)

(記事より一部引用)
運転免許の取り消し処分を受けて返納した帰りに車を運転したとして、兵庫県警交通指導課などは9日、道交法違反(無免許運転)容疑で同県加古川市の男(29)を現行犯逮捕した。「無免許になるのは分かっていたが、女性と待ち合わせをしていたので車で来た」と容疑を認めているという。
(引用ここまで)

運転した理由も凄いが、違反点数が累積して1年間の免許失効と言うのにも驚く。県公安委員会の呼び出しを受けて県警本部に免許を返したまでは良かったのに、直後に県警本部の隣にあるコインパーキングに向かって止めていた車を発車させたのはまずかったな。警察が見張っているとは思わなかったのだろうか。と言うか、守る気が最初から無かったんだろうな。いますよね、俺ルールの人。それと、人の話を聞いているようで聞いていない人。バレなければOKと言う軽いノリなんだろうなあ。

女優の清水富美加さん、 千眼美子に改名して芸能界引退

千眼美子って「せんげんよしこ」と読むそうですよ。由来は千手千眼観音菩薩なんだとか。しかし、幸福の科学かあ・・・それも一家揃ってとは、うーん。

にしても、レプロエンタテインメントの所属タレントって何かと話題は作るけど、まさかの宗教絡みとは恐れ入りましたよ。突然の予告や相次ぐ番組への出演休止決定・・・、一体どうしたのだろうと思っていたらこれですか。そりゃあ、覚悟の上で引退&出家を決めたのでしょうけど、すっかり事務所の対応が後手に回っている印象です。

能年玲奈の独立騒動では週刊文春に「NHK連続テレビ小説『あまちゃん』出演時に、毎月たったの5万円しかギャラが支払われず、下着を買う現金すら持ち合わせていなかった」と書かれるなど、何かと曰くつきの事務所。社長に睨まれたら厳しい扱いが待っているらしい。スポンサーや雑誌社への対応よりも自社の都合を最優先していると言う話や、怖い顔をした人がインタビューの内容にも口を出すと言った、あまり好ましくない話が出てくる会社だとか。

中でもレプロの稼ぎ頭の一人である新垣結衣さんは、今回の騒動をどう感じているのでしょう。能年さんなんか、未だに事務所の公式サイトに掲載されているけど、干して芸能界を追い出したのではなかったのか。芸名でもある本名を使わせないと圧力を掛けたり、何かと陰湿な会社であるように見受けられます。

そんな中、今度は清水富美加の引退騒動です。会社の評判に赤信号が付き始めている証拠でしょう。既に意外なところから瓦解が始まっているのかもしれません。

(追記)
その後の情報では、給与体系や仕事の内容などに不満がたまっていたらしいですね。ある記事によれば「嫌な仕事、意に沿わない仕事の典型が、水着のDVDです。性的対象になるのが嫌で、事前に拒否していたにも関わらず、もう決まっていると入れられてしまった」「写真集でブルマーやスクール水着を着なければいけないのは、かなりのショックだったと話している」と、事務所の対応にかなり問題があったことが綴られています。

このレプロと言う会社は、人材を潰す芸能事務所なのでしょうか。女性の尊厳とか崇高な理念とか堅苦しい擁護をするつもりはありませんが、もう少し芸能人と言う商材を大切に扱う事は出来ないものか。やはり、社長の人となりが経営方針や人の扱い方に表れてくるのでしょうね。

疲れたなあと思ったら、この一曲

最近、仕事が忙しくなって更新が進みませんが、気長に続けて行きたいと思う反面、10年も過ぎたしそろそろいい頃合いかなと思わないでもないこの頃。まあ、某国のトランプ氏みたいにツイッターで何でも発言するほど器用ではないし、かと言って外部に発信する手段を無くすのも寂しいかなと思いながら書いております。

最近は理不尽な事が多くて精神的な休養を所望したいのですが、「このすば」を見てはリセットをしている日々。いやはや、「このすば」はサイコーっす。何もかも忘れてバカになれるって最高です。

それはともかく、疲れた心を癒すには音楽が一番かもしれませんね。今ハマっているのはレイモンルフェーブルのスノーカーニバルです。この曲はメロディが美しく、とにかく格好いい。古い曲なので知らない人もいるかもしれませんが、一度聴いてみてください。元気が出ますよ。

PPAPを勝手に使わせないと主張する人物

上田育弘「私のPPAPを勝手に使っているエイベックスに警告書を送りました」←いやいやいやいや(netgeek)

(記事より一部引用)
ピコ太郎のPPAPは誰のものなのか。元弁理士の上田育弘氏が先に商標出願をしていた件について、その後、上田育弘氏がエイベックスに警告書を送ったことが分かった。
(引用ここまで)

端的に言えば、人の権利を横取りするズルい話です。しかも、まだ商標が特許庁に認められたわけでもない。なのに、先に警告をすると言うのは神経を疑う行為かと。商標権の先取りをビジネスとして考えている以上、横取りと言われても仕方ありません。生み出す苦労を考えたら普通の人には出来ない行為です。元は弁理士だったそうですが、2013年に登録を抹消されています。月会費の1万5千円を払わなかったのだそうで、理由は「別のことにお金を使いたかったから」だとか。

ある意味、アウトサイダーな生き方をしている人物の様です。しかし、人の成果を横取りするようなビジネスは今後の為にも認めてはいけないと思うのです。実際に製造をしているとか、生産的な活動が見られれば別でしょうが、審査も通っていない段階で早々と交渉しようなんて凄い違和感を感じます。こうならない為にも、特許庁への申請は最初から全て有料にすべきですよね。審査に落ちた時だけ審査手数料を除いて返金すれば、こんな理不尽なビジネスは成立しないと思いますよ。

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]