FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[FC2カウンター]

[ブログ内の検索]

[カテゴリー]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[FC2]

アナザーエデン

このブログの更新もほぼひと月ぶりです。最近は見たい番組もがくんと減って、あっても録画だけして満足しているこの頃。スマホのゲームも暁のブレイカーズが終了して久しいし、リゼロスやこのファンも既にイベントをこなすだけの作業ゲーと化しております。まあ、声優さんの新しい収録が聴けるからまだ良いんですけど・・・。今から期待しているのは「Re ゼロから始める異世界生活 禁書と謎の精霊」なんですが、いつリリースされるんでしょう。私も事前登録して待っているのですが、遅いですね。

そんな中、今年の2月からドハマりしているのがアナデンです。「アナザーエデン 時空を超える猫」と言うのが正式名称です。攻略サイトも充実していて、迷ったらいつでもカンニング出来ますw

今日は、そんなアナデンについて語りたいと思います。

アナデンはメインクエスト(メインストーリー)を基本として展開する壮大な冒険物語です。剣士として旅をするアルドが行く先々で様々な出来事に遭遇し、仲間を迎え、そして難題をクリアして行くゲームです。「第1部 時空を超える猫・第1章~26章」、「第1.5部 宿世の王と聖なる剣の挽歌・第27章~45章」、「第2部 東方異象編 時の女神の帰還・第46章~84章」から成っています。

自身の存在理由や家族との繋がり、仲間の苦悩や人生観を見つめながら前へと進んでいきます。ほのぼのとするストーリーもあれば怒りに震えるシリアスな展開も多々あり、スマホのゲームとしては非常によく練られた作品に仕上がっています。アナデンはファンも多く、2017年4月12日にサービスを開始して以来アップデートを繰り返して来ました。シングルプレイを標榜し、いつでも遊べることを最大の売りとしています。ガチャ要素はあるものの、期間限定のイベントを設けずに時間が許せる時にじっくりと遊べる仕様になっています。その為、数ある攻略サイトも見易くなっており、資料を片手に先へと進むことが出来ます。

ミニクエストや謎解き要素が多いので、堂々巡りになって中々クリア出来ない時もあるのですが、その時は攻略サイトを少しだけ参考にすると良いでしょう。攻略サイトを全部見てしまうと早々にネタバレしてしまい、作品の面白さをじっくり堪能できません。やはり、地道に成し遂げた後の喜びは格別のものがありますので、攻略サイトは詰まってしまった時にのみ利用するのがお勧めです。なお、「不思議の森」のマップは難解なので、最初から攻略サイトの情報を頼りにするのが利口だと思いました。

アナデンはメインストーリーだけで84章もあります。途方もなく長い長い道のりです。さすがに同じクエストだけでは飽きてしまいます。その時は一度立ち止まって違った物語に触れてみるのが良いでしょう。そう、アナデンにはメインストーリー以外にも多くのストーリーがあるのです。「外伝」「邂逅」「断章」「外典」「協奏」と題された一群の物語がそれです。また、各ストーリーにはキャラクエストが存在し、一人で行動したり依頼を達成すると報酬が貰えたりします。どの物語もメインストーリーに片鱗が見え隠れしているので、キャラも含めて親しみが持てます。

「外伝」は全部で10種類あり各物語とも数話程度のボリュームですが、やり込み要素が多いのでクリアするまでに時間を要します。いずれのストーリーも良く出来ており、それぞれ異なるキャラに視点を置いています。喜怒哀楽を交えた筋書きにミステリアスな要素を加え、メインストーリーの陰でもいろんな出来事が起きている事に気付かされます。また、各キャラの加入やレベルが上がる報酬も用意されているので、ガチャ引きの運が悪くメインストーリーで手詰まった時などに重宝します。

「邂逅」は9種類が存在し、「外伝」と同様に特定のキャラに視点が置かれているものの、難易度がかなり高いのが特徴です。また、石化耐性バッジを装備していないと攻略が難しい物語もあるので、外伝でしっかりと入手しておきたいところ。いずれもそれに見合った報酬が得られるので、ある程度の用意と実力が備わったらチャレンジしてみる価値はあります。

「断章」は2種類あり、それぞれミーユとシエルに特化した物語です。こちらはダンジョン的な要素が続くので、根気が必要になります。特に「不思議の森」の攻略では出現する敵にクセがあるので難儀します。マップも慣れないと困惑します。ここは一つ攻略サイトのお世話になっておきましょう。

「外典」はメインストーリーから離れ、ある大きな目的の為に難関を突破していく物語です。全部で10話から成る連続した物語です。メインストーリー並みに内容も厚くなっていますが、その分だけ感情移入し易く本格的に楽しめます。途中でパーティ内のキャラがいきなり死んだりしますが、時空や魔力と言った不可思議な要素が物語を混沌とさせて行きます。

「協奏」は他の作品とのコラボが特徴で、テイルズ オブシリーズやペルソナ5との共演が見所になっています。ペルソナ5に至っては、別のゲームと錯覚するほどにキャラが個性的で、演出もカッコよく盛り込まれています。各作品のファンならば思わずニヤリとする事でしょう。

アナデンでは、主人公の故郷であるバルオキーなどでボイスドラマが楽しめます。まだ全部を確認したわけではありませんが、画面の右下にマークが出たら見る(聴く)事が出来ます。ただ、キャラの動きは期待薄で声に合わせて口パクをする程度ですから、少し拍子抜けします。やはりクエスト内で流れるように喋って貰った方がしっくり来ますね。あまりにも多くの声優さんが参加しているので、全部の場面で収録することは無理なんでしょう。今のところ103名が参加しているようです。私でも知っている声優さんがたくさん参加していて驚きました。

とは言え、本編で肉声が聴けるのはボイスドラマの時と、ガチャで当てた時の自己紹介時、そして戦闘時のみ。その為、多くの声優さんは短いフレーズでのみの参加みたいですね。台詞の掛け合いみたいなのは期待しない方が良さげ。一番驚いたのは主人公のアルドの声が少し軽かった事。キャラクターの行動や雰囲気的にもう少し勇ましい感じがあったので、少し幼い声だなと思いました。

また、実際に遊んで見て感じたことは、モブキャラの使いまわしが多いこと。さすがに重要なキャラは専用のキャラになっていますが、画面内に登場するモブキャラは全て使いまわしでした。だから、同じ服装や同じ顔のキャラがたくさん出てきます。同じ人かと思って声をかけると別人だったりするのです。せめて、服の色を変えるとか髭を足すとかすれば違うのでしょうが・・・この点がどうにも残念です。

アナデンは長く長く続く作品です。一朝一夕にクリアできるゲームではありません。末永くお付き合いできるよう、これからも楽しんでいきたいと思います。そして、今どきの限定イベントと課金ありきの廃人ゲームとは違った格調の高さを、この作品から感じ取れたら良いなと思っております。

NHKで「不滅のあなたへ」と「魔入りました!入間くん・2期」が始まる!

「不滅のあなたへ」は2021年4月12日22:50から放送開始。「魔入りました!入間くん」の第2シリーズは、2021年4月17日17:35より放送開始です。いずれもNHK Eテレでの放送ですよ。

「魔入りました!入間くん」は待望の二期です。緩くてフワフワだった主人公が、一転変わって勇ましくなる変貌ぶり。凄く楽しみです。「不滅のあなたへ」は大河ファンタジーとも言える壮大なお話。観察者と観察される側の物語。「聲の形」で知られている大今良時さんの作品です。

NHKのアニメは民放が手を出しにくい独特な作品が多いので、気になる方は過去の作品もチェックして見ては!
http://www6.nhk.or.jp/anime/program/

FUJI Wifiはどうなるのか?

株式会社レグルスが提供しているFUJI Wifiの通信サービス。格安sim系ではあるのですが、ソフトバンクの回線をそのまま再販しているので通信の品質はキャリアと同等なのが素晴らしい。一時期は容量無制限のプランも提供していましたが、それも色々あったらしく、上限200GBのプランですら新規の募集を停止。怖いのは既存の契約も維持できるのか怪しいところ。

2016年11月からモバイルWiFi事業を始めたわけなので老舗ではありませんが、流れの速いこの世界では新参と言うほど新しくもなし。そして、これからを期待し末永くお付き合いをと思っていた矢先に、今年の5月から大幅な値上げをソフトバンクに突き付けられている模様。そうなると、今の価格体系は到底維持できずにプランの見直しや解約が続出する事となります。安くて大容量、キャリア並みの通信品質が売りだったのに、その牙城が崩されるとなれば正直に言って痛い。これは痛すぎます。

ポケットWiFiのレンタルサービスからスタートし、今では格安通信の見本のような存在となったFUJI Wifi。ADSLと変わらない料金で高速通信が出来るのは、ここぐらいなものでした。しかし、それもソフトバンクが回線の使用料を安くしていてくれたからこそ。ところが楽天モバイルの攻勢によりキャリアも安泰ではなくなってきました。利益の確保や料金のバランスを検討するのも当然の流れです。自前の回線を所有していない間借り業者には辛い現実が待っています。そして、それはまた利用者である私にも・・・。

さて、どうなることでしょう。

少し昔の話を(長電話編)

2月になって一週間が経過。「新年あけおめー」と言っていたのが先月。ああ、また年を取っていくのかと思う日々。相変わらず世間はコロナ騒動で落ち着かないし、私自身もいろいろ宿題が残ったままで、生きている限りこれが続くのかな。

あははのはー( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

さて、このブログで10年近く続いたコメントのやり取りも一段落し、光陰矢の如しだなあと思うこの頃。こんなにも長くやり取りを続ける事になるとは思わなかったけど、私の人生の一部になりました。

思えば似たような事が過去にもありましたね。私が今の仕事に就いて間もないころ、一人の先輩に可愛がって(?)貰い、仕事のイロハを叩き込まれました。仕事を遅く進めるのは誰にでも出来るんだぞと怒られながら、素早く着実に行う事の大切さを学びました。しかし仕事に厳しかった先輩も、酒が入れば様子が変わります。それが長電話です。毎日続く長電話の日々に、人と長く会話を続ける自信がなかった私は、若干の怖さを感じていました。

その人の電話は決まって夜の8時前に来ます。それから9時過ぎまで延々と話を聞かねばなりません。今思えば先輩として後輩を育ててやろうとの思いがあったのでしょうが、酒が入っているせいで話の内容は支離滅裂でありました。素面の私には多少なりとも窮屈な1時間半ではありましたが、仕事でお世話になっているので受け入れておりました。

並みの神経であれば「毎日の長電話はご遠慮ください」と言うべきでしょうし、掛ける方も「本当は迷惑かもな」と自然に遠慮するのが普通でしょう。が、酒飲みにはまったく通用しません。おまけに気性が激しく即断即決な人だったので、結局はずるずると半年ほど続きました。ただ、長く会話を交わすうち、本音や弱音を漏らしたりする事の大切さに気付かされました。飲み会が苦手な私にとって、この期間の長電話はそれなりに有意義だったと思います。先輩に私から教えることはないと思っていましたが、次第にパソコンの組み立てや操作の事で聞かれるようになり、人に伝える事の嬉しさや難しさを感じるようになりました。

その先輩は今、転職して別の仕事に就いているのですが、次第に年賀状のやり取りもなくなって疎遠になっています。嵐のようにやって来て嵐のように去っていく・・・そう言うイメージの人でした。

よく人との出会いは大切にしなければならないと言います。自分が困った時だけやって来て人を利用する事しか考えない者は、相手からもその様に見られてしまいます。私も以前でしたら「相手の為だから」と嫌われ役を買うこともありましたし、先輩が一人で困っていたら手伝いに向かったものです。自分が困った時に助けて貰いたいのであれば、日頃から人助けをしておくべきだと思います。「情けは人のためならず」の言葉には、「人に情けを掛けることで、自分にも良い報いが返ってくる」の意味がある事を、今一度噛みしめておきたいところです。

今は他人に興味のない人が多くなりました。価値観が様変わりしてパワハラやアルハラにも対抗できる良い時代となりましたが、他人に対する尊敬や畏敬の念は廃れているように感じます。その事が昨今の殺伐とした雰囲気や、唯我独尊に繋がっているのだとしたら、私自身も含めて反省をしなければならないと感じます。

孤独を愛する=賢い生き方、ではありませんね。自分の世界観を維持しながらも、他者と共存共栄して行くのが賢い生き方だと思います。

この素晴らしい世界に祝福を!ファンタスティックデイズ

スマホで絶賛進行中の「この素晴らしい世界に祝福を!ファンタスティックデイズ」ですが、ついにPC版が出るそうです。さっそく会員登録・事前登録をしてきました。PC版はDMM GAMESでの取り扱いだそうです。Steamじゃないのか、なんだあ・・・(´・ω・`)

別にDMMがダメだと言うのではありませんよ。ただ、これ以上アカウントを増やしたくなかっただけです。でも、嬉しい。PCの大画面で遊べるわけですから。PC版ならではの要素も追加されていると嬉しいなあ。

詳細はこちら!
この素晴らしい世界に祝福を!ファンタスティックデイズ


[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]