トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

イジメの問題は学校に責任がないのか?

実習船暴行「学校に責任ない」 宮崎県、質問書に回答(朝日新聞)

(記事より一部引用)
宮崎県立宮崎海洋高校(宮崎市)の実習船内で昨秋、男子生徒が同級生から暴行を受けた事件で、同県が今月、被害生徒の両親からの質問書に対し「学校に責任はない。訴訟等となった場合、(被害生徒)自身の責任を問題とする予定」と書面で回答していたことが明らかになった。
(引用ここまで)

宮崎県の言い分がある意味凄いですよ。記事によれば、裁判沙汰になったら被害生徒の責任にも言及するつもりなんだとか。いくら被害生徒が『大丈夫です』と言ったところで、その時には本人にも立場があるわけだし、加害者とも和解出来る事を期待していたのかもしれないわけで、その言葉を被害者にも責任があると言う根拠にしてはダメでしょう。

加害者側の生徒は二名で、いずれも自主退学済です。結局、県警により傷害容疑で逮捕されたわけですが、それだけ虐め方が酷かったと言う事。結果的に、被害に遭った生徒も適応障害と診断されて、登校出来ないまま転校となりました。

納得のいかない被害者側は県側に対し「一度(暴行が)発覚した後に加害者と被害者を同室とした理由は」などと17項目の質問を行い、「何度も意思を確認して、(本人も)今後同室のまま実習に取り組んでいくと表明したので、それを尊重」したとの回答を引き出しています。

まったく対応がおかしいですよね。辛辣なイジメを繰り返す同級生と引き離し早急に冷却期間を設けなければならないのに、それをしませんでした。被害者は無駄に苦しみ続ける事となり、限度を忘れて暴行を続けた加害者らは自主退学をした上に逮捕までされている。誰一人救われていないじゃありませんか。それなのに、責任の一端は虐められた側にもあると言うのは詭弁です。県は学校とともに猛省し、繰り返さないことを裁判の場でも誓うべきです。

買い物で思う事

ここ数年の話だと思うのですが、買い物をする時にレジで聞かれることがあります。

「お箸は何本お付けしますか?」
「アイスのスプーンを入れておきますねー。」
「一緒にお入れしますねー。」

食品と洗剤を同じ袋に入れるのは論外だとしても、この箸とスプーンの呼びかけは何だろうと毎回思うわけです。そりゃあ特に不満はないし、こちらも事務的に「一つでお願いします。」と返答するんですが、こんなこと毎回聞かなくても良いのにと思ったりします。だって弁当を買えば箸が必要になるわけだし、その時は不要でも持ち帰って保管しておけば役に立つ日が来ます。忙しいコンビニなどは勝手に入れてくれるし、それで困ることもないのにスーパーやドラッグチェーンは必ず聞いてきます。「お入れしますねー。」と言われてわざわざ「要りません。」と答えるのも面倒なので、いつも「はい。」と言っているわけです。

きっと経費節減の一貫なんだと思いますが、カップアイスのスプーンはデフォルトで付属すべきものだと思っています。昔は売り場に置いてあって、必要な分を客が持ち帰るようにしていたと思うのですが、今では見かけません。たぶん、勝手に持ち帰る人が多いからなのでしょうね。

それと気になるのが挨拶。

客とすれ違うたびに「いらっしゃいませー。」と、店員が声掛けをしています。特に万引きの多い店や対策に厳しい処ほど、この傾向は強いようです。某パソコンショップでは狂ったように「いらっしゃいませえっ!!」と連呼しており、威圧感すら感じました。某店では露骨に「万引きは警察に通報します。」と放送を流しており、万引きによる被害が甚大な損害を招いている事に気付かされます。

どの店も「無駄を減らす」、「損失を極力減らす」と言った意識で経営に取り組んでいます。当たり前の事ですが、それを実践すると上記のような事に繋がって行くのでしょうね。昔の個人商店では期限切れの品物が普通に置かれていたし、定価販売が日常的でした。たまにサービスをしてくれますが、今みたいに24時間の営業ではないので不便な時も多かったです。今では店舗の集約や大型化が進んで年中無休が当たり前になって来ました。中でもドラッグチェーンなどはコンビニ顔負けの品揃えになっていますね。営業時間も深夜12時までの所もあり、価格だってコンビニよりずっと安い。冷凍食品や加工食品が置いてあるので、弁当屋が閉まっていても困りません。

ところで、私が一番気になっているのは某ドラッグチェーン店の防犯カメラです。その数がもの凄くて、入り口周辺だけでも5台。ヤクザの事務所かと思うほどです。店内はレーンごとや通路ごとに必ずあって、死角になりそうなところは一つもありません。高価な薬や品物には防犯タグが付いており、非常に徹底しております。放送では「万引きは犯罪です。」と繰り返し流れ、それもかなりのボリューム。ここまでやれば抑止力も抜群でしょう。

個人的には、自動販売方式やネット予約式に特化した店が出てくれば有り難いところ。日常的な行為とは言え、買い物は意外と疲労します。仕事帰りに寄ってもお目当ての物が売っているとは限らないし、休みの日にまとめ買いをしてもレジが混雑していれば待たされます。最近は袋詰めや会計を客に任せている店も見かけますね。

私の理想は、ネットで予約及び決済して現物を受け取る、あるいは宅配してもらう方式です。宅配も専用のボックスを用意する事でいつでも持ってきて貰える。特売品をネット上のチラシで見られるお店も増えましたし、これからの超高齢化社会においては移動手段の問題も出てきます。最近の市報で知りましたが、地元のバスは赤字が深刻で自治体がバス会社に委託する今の運行方式には限界が来ているのだとか。車を運転出来ない人にはバスやタクシーが唯一の移動手段ですが、バスが廃止になると割高なタクシーだけとなり、自力では買い物に行けなくなる可能性が出てきます。また、移動販売式では欲しいものが限定されてしまうし、定刻通りにしかやって来ないので不便。

リアルに手に取って品物が選べる喜びは別としても、現物販売や対面販売にこだわる必要もないのかなと感じます。コンビニや大手のスーパーでは食料品や雑貨の宅配も行っているようです。こうしたサービスがもっと日常的になり、実店舗で買い物をすると言う姿が変わって行けば、もっと便利になるのかなと思うこの頃です。

中国のまたがりバス、実用化へ一歩近づく→実は詐欺だった

前回、これは凄いと紹介した中国の話題。何とこれが資金集めの詐欺だった模様。

中国の道路をまたぐバス 不法投資資金を集めるための詐欺だったことが発覚(ゴゴ通信)

(記事より一部引用)
このバスが不法投資資金を集めるための詐欺だったことが発覚。中国メディアの取材の結果、退職高齢者の退職金を狙った詐欺だったことが明らかになった。中国メディアは「公共バスは道路条件上実現化する可能性はない」「まだSNSを介して詐欺を狙っている」と伝えている。
(引用ここまで)

ソースは韓国。→http://www.insight.co.kr/newsRead.php?ArtNo=72046



関係ないけど、韓国の美人はみんな同じ顔なのが気になった。しかし、中国の話題は大々的な詐欺が混じっているから困ったものです。

PCデポが何やらキナ臭い

PCデポが悪質な詐欺で炎上?評判が下がり株価に大影響(炎上系ニュース速報)

(記事より一部引用)
家電量販店・パソコンショップの「株式会社ピーシーデポコーポレーション」が大炎上。 「PC DEPOT幕張インター店」にて、独居の高齢者が高額なサポート契約を結ばせられ10万円の解約金を請求された旨がツイッターに投稿され、「詐欺的行為」「悪質すぎる」と非難の声が殺到している。
(引用ここまで)

ツイート主の説明を読む限り、PCデポ側はかなり胡散臭い対応をしている様子。
https://twitter.com/kenzysince1972/status/764752195547901952?ref_src=twsrc%5Etfw

どうやら80歳過ぎのお年寄りがパソコンの修理に行ったら、ファミリーワイドプランやらのサポート契約を結ばされて、i pad airや様々なオプションを付けられて総額15,000円の契約(毎月払い)になっていたとか。しかも、i padはレンタルだと言う。解約を申し出ると店から20万円を請求され、ゴネたら10万円になったらしい。なんじゃそりゃ。

PCデポ側は16日に「弊社サービスに対するインターネット上のご指摘について」とのコメントをホームページに公開しています。これによれば「弊社のサービスに関しインターネット上をお騒がせし申し訳ございません。」「ご契約者様とご家族の皆様には、ご理解・ご納得いただけるように働きかけをしてまいる所存です。」としており、年寄りに分不相応な高額契約を結ばせていた事に関してはノーコメントの模様。

年寄りを騙すかの様な、こうした商いは許されません。本来は不要もしくは過剰な契約であって、消費者にはメリットが乏しい内容です。しかも、ゴネたら解約料が半額になる契約と言うのはおかしいでしょう。真面目な商人の所業とは言い難く、会社ぐるみのキナ臭さを感じさせます。いずれにしても、お年寄りと契約する時は後で遺恨を残さぬよう誠実に対応すべし。会社の信用問題になりかねません。

(追記)
ネットで拾ったんですが、PCデポは商売のやり方を絶対に間違ってますよね。パソコンやデジタル機器に不慣れな人や高齢者を巧みに巻き込もうとしているでしょ、これ。もはや、今以上に信用を無くしてどうするのかと小一時間。買ってからPCデポには二度と行かないと人々が思うまで、こんな商売を続けるのだろうか。

PCデポ

ちーさな文字で年額13,000円ですって。5TBのうち1TBがHDDの容量で、残りの4TBはクラウドサービス。で、それも12か月が経過したら年額13,000円の有料サービス。1TBの外付けHDDが8,500円ってだけでもガックリなのに、客に何のメリットもない割高なサービスを付けてどうするのか。今時、1TBの外付けHDDなら5千円台で買えまっせ。バルクHDDなら3TBが7千円台だよ。情弱相手に割高なクラウドサービスってちょっとズルくない?

ちなみに、PCデポの扱うクラウドサービスの解約は面倒らしい。クラウドなのにネット上では手続きが出来ず、対処を誤ると追加金が発生するとか。→PCデポ ozzio Drive(オッジオドライブ)を追加金無しで解約する方法(ビビッドガジェット)

しかも、非現実的な利用状況であることが判明。

(2ちゃんねるより一部引用)
464:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/08/16(火) 17:35:51.61ID:2WzQO4290.net

クラウドの速度が判明

PCデポがやってるクラウド(Ozzio Drive)を使ってみた
http://standk.sakura.ne.jp/exd/ozzio_drive2/

写真(jpeg)を100枚フォルダーに入れ、Ozzio driveに転送してみました。夜間に時間を変えて2回アップロードしてみましたが、大きな違いはありませんでした。

1回目:144KB/s  (所要時間15分4秒 総容量121Mバイト)
2回目:127KB/s  (所要時間15分25秒 転送量115Mバイト)

日曜日の早朝にもう一度やってみたところ、かなり早くなりました。

1回目:247KB/s  (所要時間8分9秒 総容量121Mバイト)
2回目:273KB/s  (所要時間8分5秒 転送量115Mバイト)

大容量1TB!という売り文句は大いに割り引いて考える必要があります。つまり1TBの容量を使うためには、(あたりまえですが)1TB容量を転送することが必要です。アップロードスピード250KB/秒として、これに必要な時間を求めると、

1TB ÷ 250KB/秒 = 46日間 !

つまり約1ヶ月半(46日)の期間、毎日毎日、朝から晩まで連続でデータをアップロードし続ける必要があります。 (夜はこんなにスピードが出ないので、実際にはもっと時間がかかる)1ヶ月半経ったらようやく満杯になりますが、そのとき一部のデータは入れ替わっているでしょう。するとまた、新たなアップロードのやり直しです。
(引用ここまで)

しかも、利用規約を見るとバックアップは無しなんだって。データが壊れたら我慢しろって事でしょ。有料である意味がないよね、無料のサービスでいいじゃん。データの破損に備えることが出来ないんだったら元よりオンラインの価値はないし、個人情報の流出とか考えたらもうオフラインでいいじゃない。割高な物に金を出さないでバックアップ用のHDDを買い足しておけば良いだけの事。

恐ろしい会社だw

PCデポの売り上げ推移を見てみると、平成23年から5年間でこうなっています。そりゃあ、止められませんなw

パソコン本体・・・111億円→62億円
周辺機器・・・112億円→68億円
中古・その他・・・28億円→87億円
技術サービス・手数料・・・87億円→246億円

物販が振るわなくなった分以上に、しっかりとサービス業で稼いでいますね。

こうなって来ると、店員の強引なセールスが日常的になってしまうのも頷けてしまう。少なくとも、高齢者が一人で立ち寄ったが最後です。後から家族が慌てて解約に走らなければならなくなってしまう。実に恐ろしい話です。

(追記2)
ネットでの批判と炎上を受け、次のような改善策を発表しました。

「75歳以上のご加入者様に関しましては、ご加入期間に関係なくコース変更及び契約の解除を無償(注1)で対応いたします。」

なお、注1は提供した品物を返却する事が条件になっていますが、高額な商品が含まれている場合は仕方ありませんね。ただ、最初から必要なサービスなのかと言う見極めをしないままに話を進めた店員は鬼畜です。何も分からないカモだと調子に乗った店側が悪いとしか言いようがありません。業績好調の裏で、こんな酷い商売をやっていたとは呆れますね。

衣類も自己修復が可能な時代へ

破れた衣類も自己修復できる液体、米大学が開発(CNN)

(記事より一部引用)
ニューヨーク(CNNMoney) お気に入りのTシャツやジーンズをうっかり破ってしまっても、繊維が自己修復されて元通りの状態に戻る――。米ペンシルベニア州立大学の研究チームがそんな衣類の実現につながる液体を開発した。研究チームは細菌や酵母を使って生分解性のある液体を開発。切り離した繊維にこの液体を数滴垂らし、湯に浸して接合部分を1分間押さえると、繊維がつながって元に戻る。同大のメリク・デミレル教授は、この液体で衣類をコーティングする方法や、同技術を応用した繊維で衣類を製造する方法で、破れても自己修復する製品ができると説明する。
(引用ここまで)

生命体が持つ自己修復機能に似た性質を有し、ある程度の洗濯にも耐えられるとか。ただ、実用化までには様々なハードルを越えなければならないので、今すぐに実現出来るものではない様子。もし実用化すれば、人形なども自己修復出来る時代が来るかもしれませんね。ヒューマノイドなロボットのみならず、より人に近いアンドロイドまで応用範囲が広がりそうです。例えば、血液のように全身に張り巡らせておけば、裂傷を受けた時に滲み出て自己修復をすると言った事も可能になるかもしれません。

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]