fc2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

ADSL回線が切れる原因(検討編)

前回の続きです。(今回も長文です。許して下さい。)

ADSLの謎のリンク切れが多発して以来、アレやコレと
試行錯誤しておりましたが、現在は安定して接続されて
おります。但し、前回でも触れた様に速度低下が著しく、
以前の半分ほどしか出ておりません。(1600→800kbps)

言ってしまえば、速度を故意に低下させて通信のリンク
切れを防いでいる様な感じもしますね。考えて見たら、
先日あれだけモデムの電源を入れ直していたわけです
ので、Yahooの設備担当者が勝手に何かしてくれたの
かもしれない。(直接確認していないので想像上の話。)

で、このままでも良くないので、私の方でも原因と対策を
いろいろ検討していたのですが、その辺を少しまとめて
見ますと下記の様になりました。

1)壁のモジュラーローゼットに問題はないか?
 今現在の宅内のモジュラーローゼットはジャック式が
 主流です。以前の単純なローゼット方式に比べると
 格段に使い勝手が良くなりました。ジャック式なので、
 工事を要する事無く電話機の取り外しが出来るように
 なりました。人の入れ替わりが多い賃貸住宅などでは
 必須でしょう。今では古い家にしかローゼットタイプの
 ものは見かけないと思います。以前はNTTに頼めば
 無料でジャック式に交換してくれたものですが、今で
 はどうなのでしょう。もう有料なのかな?

 モジュラーローゼットは、ホームセンターや通販で買う
 事が出来ますが、取替え自体は有資格者工事になる
 ので、電話工事担任者の資格(か、有資格者の監督)
 が必要になります。無資格工事は違法であり、事故の
 元にもなります。既にジャック式に変わっていれば、
 モジュラーケーブルの抜き差しだけになるので、誰でも
 触る事が可能です。

 で、気になったのはモジュラーローゼットの型式です。
 と言うのは、モジュラーローゼットには用途に応じ幾つ
 か種類があるからです。→モジュラーローゼット

 調べたところ、我が家にある2個所のモジュラーローゼ
 ットは、いずれもMJ-4Wでした。4線式の埋込ジャック式
 ローゼットで、リンク先の説明文では「先行配線用」と
 なっております。ここで重要なのは、コンデンサを装備
 しているかどうかなのです。どうやら、複数のモジュラー
 ローゼットがある場合は、このコンデンサがADSLの速度
 低下の原因になる事があるらしく、工事担当者の判断で
 敢えて取り外すこともあると言います。元々は回線調査
 を遠隔で行うために設置されているものなんだとかで、
 個人が勝手に取り外して良い物ではないみたい。また、
 外しても特にADSLの速度改善には寄与しないという
 経験者談も多いようです。ただ、コンデンサが劣化して
 いれば外すか交換した方が良い場合もあるらしい。
 →モジュラのコンデンサは どうする?(教えて!goo)

 幸いな事に(?)、MJ-4Wはコンデンサが無いタイプ
 でした。よって、今回の問題とは無関係となりそうです。

2)モジュラーローゼットが複数あるとダメなのか?
 実はこの問題、結構いろんな家庭でも散見されるらしい
 ですね。一つの電話回線を2分配しておけば後々便利も
 良いので、新築宅では最初からそのように工事される
 ケースが増えている様です。もちろん、同時に電話は
 使えません(電話機によっては三者通話は可能かも)。
 一応、NTTの規格でも、1回線に電話機を2台まで設置
 する事は想定されている見たいですから、接続自体は
 可能だと思います。要は、外部から着信があれば二台
 同時にベルがなるだけの話ですね。早い者勝ちで電話
 に出れば良いわけです。

 我が家は中古住宅ですが、前の持ち主が電話を二回線
 引いていた関係で、元々独立したモジュラーローゼットが
 宅内に2個ありました。当然、屋外にも保安器が2個あり
 ます。そして、我々の引越しと同時に1回線に戻したの
 ですが、この時に来た工事屋さんの方で、1個の保安器
 から宅内配線を2分配する形で接続しました。ただ、この
 接続には少し問題があるのです。普通に電話機だけを
 双方に接続している分には構いませんが、ADSLと併用
 する時に問題となります。

 保安器は、回線に雷などの影響で異常電圧が乗った
 時の保護装置として働きます。ですから、名前も保安器
 と言っているわけです。→詳細はWikipedia参照

 ADSLを併用する場合、本来はこの様に接続するのが
 理想的です。(電話機はスプリッタの後に設置する事!)

 電話線--保安器--モジュラーローゼット--スプリッタ
                          __|__
                          |     |
                        電話機   ADSL

 しかし、我が家ではこの様になっています。

 電話線--保安器--モジュラーローゼット--スプリッタ
         |                 __|__
         |                |     |
         |                なし    ADSL
         |
         |----モジュラーローゼット--スプリッタ
                           __|__
                          |     |
                         電話機   なし

 つまり、一つの保安器(回線)に対してスプリッタが2個
 挿入される形になっているわけですね。理想を言えば、
 スプリッタを1個にして、空いている方に電話機を接続
 すべきなのでしょうが、部屋が別なので無理なんです。
 今更、電話機の為だけに電話線を新設する気になりま
 せん。では、電話機側のスプリッタを無くせば良いかと
 言うと、今度は大問題が起きます。この場合、電話機
 に余分なノイズが乗って来て通話に支障が出て来ます。

 事実そうでした。やって見たらノイズが多く使い物になり
 ません。このノイズ分はADSLが必要とする高周波なの
 で、電話機から見れば意味のない信号(ノイズ)と言う
 事になりますね。それをスプリッタが取り除いている訳
 です。よって、スプリッタにこれ以上関わっても無意味と
 判断しました。

 スプリッタの複数同時使用が良くない理由については、
 こちらの説明がとても分かり易いと思います。

 →スプリッタを複数使用すると

 上記のサイトの説明では、複数のスプリッタを使う事で
 「LC共振」と呼ばれる現象が起こり、特定の周波数を
 ほとんど通さなくなる為、速度低下などの要因になる
 らしいです。つまり、ノイズによる速度低下ではなく、
 使える周波数帯域が制限される事による速度低下に
 なる模様。また、どうしても複数のスプリッタを使うので
 あれば、ラインセパレータも併用すべしとあります。
 使用上の注意を引用するとこんな感じです。

 「ラインセパレータを入れる場所に注意してください。
 スプリッタの手前(スプリッタよりMJに近い方)に
 入れないと意味がありません。電話線に接続されて
 いるすべてのスプリッタの手前にラインセパレータを
 入れる(またはすべてのスプリッタをラインセパレータ
 内蔵タイプに変更する)必要があります。正確に言う
 と、1つだけ抜けている場合、その抜けているところの
 FAX・ナンバーディスプレイ等は正常に働きますが、
 それ以外のところは通常の複数スプリッタ使用と同じ
 トラブルが出ます。また、2つ以上抜けている場合は
 全く意味がなくなってしまいます。」

 「なお、2部屋だけで、しかもPCとモデムがある部屋に
 は電話がないという場合には、単純にモデム側は直結
 して別の部屋の電話・FAXだけにスプリッタを取り付ける
 配線がお勧めです。」 ←? 直結って・・・いいのかな?

 ↑直結したけど変化がなかったです。残念。

3)ノイズ除去アダプタの効果は?
 ADSLの大敵はノイズです。電話機の扱う周波数より
 更に高周波を扱うADSLは外部のノイズに弱く、また
 信号が減衰し易い特徴があります。従って、ノイズ
 の原因を取り除く事が一番の解決策になります。

 ノイズ源になるものとしては、イオン発生式空気清浄
 機、モータを使った製品(扇風機など)、インバータ搭載
 機器、テレビなどの高電圧機器、パソコンなどのデジタ
 ル機器、近くの電力線(高圧線の鉄塔など)、放送局の
 強電波、トラックやタクシーなどの無線機器、アマチュア
 無線機器、盗聴装置、秘話装置など多岐に渡ります。
 
 また、ノイズを呼び込み易い状態としては、不用意に
 長過ぎる電話線、電話線と電気配線とが接近し過ぎ、
 パソコン機器のアース未設置、古い家電機器の使用
 などがあげられます。

 一番厄介なのは、近所にISDN回線があった場合です。
 通信方式・規格が異なる為、干渉して速度低下やリンク
 切れなどを起こすとされています。

 また、ADSLは光回線と異なりメタル回線(電線)による
 通信技術なので、アナログ的な問題も多く、ノイズや他
 の通信方式の影響を受け易いとされています。その点、
 光ファイバーは外来ノイズの影響が皆無ですし、伝送
 ロスもほとんどありません。回線さえ整備されれば、
 ADSLよりも安定して使う事が出来ます。
 ちなみにADSLの仕組み→ADSLの基礎知識
 
 しかし、これらを踏まえて全てに対策を取る事は無理
 です。ADSLの為にパソコンを使うなとなれば本末転倒
 ですし、パソコンにアースを設置する事には賛否両論が
 あります。アースを接続する事でパソコン自体の誤動作
 防止や静電気による故障防止、ノイズ発生の抑止と言
 った効果が期待される反面、落雷時の異常電圧を拾い
 易いと言った事を懸念する人もいます。古い電化製品
 は買い換えれば良いですが、近くに鉄塔や放送局、
 中継局があったりすればどうしようもありません。

 そこで活躍するのが、スプリッターとADSLモデムの間
 に設置するノイズ除去アダプターです。私は2006年から
 使用していますが、気持ち安定したかなと言う程度です。
 エレコム製の処分品(100円)でしたが、無いよりはマシ
 かなと思っていました。ところが、本日それを外して接続
 したところ、リンクが確立されない事に気付いたのです。
 以前はそんな事は無かったのに、アダプタ無しで接続を
 するとモデムのWLKランプが点灯しません。

 WLKはADSLの信号を認識しているかどうかの目安に
 なるのですが、アダプタを外すと認識出来なくなると
 言うのが不思議です。アダプタはADSLモデムより前側
 に接続していますから、このアダプタで余分なノイズを
 除去してADSLモデムに信号を供給している形になって
 いるはずです。

と、言う事は・・・(原因が見えて来たかもしれない)。

それだけ電話線のノイズが酷いと言う事になりますね。
でも、これが良く分からない。電話局側にもスプリッタ
やノイズ除去装置はありますから、ある程度は問題を
克服出来ると思います。だからこそネット接続が出来て
いるわけです。悪かったら繋がりませんから。

但し、ノイズを除去し切れなかったり、信号の訂正が
増えればそれだけ速度低下は免れません。かと言って、
ノイズ除去アダプタを続けて設置すれば良いと言う物で
もないし、アダプタよりも後付けしたフェライトコアが、
効果を発揮しているかもしれません。

フェライトコアは、パソコンのUSBケーブル(一部の製品)
や、VGAケーブルには必須であるなど、主に高周波を
扱う信号線に大敵な外来ノイズを除去する効果があり
ます。しかし、ADSLの高周波を遮る形になれば逆に
速度低下を招く恐れがある為、一定以上の速度が出て
いる人は使わない方がベターでしょう。むしろ、極悪な
環境下にある人が使うことで、効果が見られる品物の
様です。

長くなりましたが、速度低下の要因は外部にあると言う
線引きが出来た模様です。後は、なぜそうなったのか
を考えたいところですが、そこから先は私の立ち入れる
世界ではなさそうです。よって、次なる対策は一つしか
ありません。

フェライトコアを増やします。予定としては次の箇所に
設置してみようと思っています。
1)モデムのACアダプタから出ている電源線
2)電話機側のスプリッタとモジュラーローゼットの間

1)の理由は電源線からのノイズがモデムに悪影響を
及ぼしていないか見る為です。2)の理由は、電話機
がノイズ源になっていないか見極める為です。

また、現在のフェライトコアの位置も変えて検証して
見ようと思います。現在はADSLモデムとスプリッタの
間に設置しているので、これを外してモジュラーローゼ
ットとスプリッタの間に設置して見ようと検討中です。

結果が良くて気が向いたら、またここで報告したいと
思います。逆に報告が無かったら、ふてくされている
と思って下さい(笑)。

(追記)
あれから、いろいろやって見ました。

結果はお手上げですた。
(゚∀゚)/ アヒャヒャヒャヒャ-ww


もういい 諦めた・・・(´・ω・`)
                  _、_
でも、光には変えませんよ( ,_ノ` )y━・~~~

連休の最後にこんなオチですいませんねー。
私と無駄なひと時を過ごして頂き、どうもありがとうござい
ました。では、明日からもがんばってまいりましょうか。            
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
116:お初です by 通りすがりの猫 on 2009/09/24 at 02:33:58 (コメント編集)

通りかかった際に自分と同じ様な現象でしたのでコメントさせて頂きます。

先日、当方の実家のRDSL(Yahooの遠方向け)でも速度低下が頻繁に発生し、遅かったり接続不可能になったりしました。

モデムは買取ではなかったので、Yahooに電話で状況を説明したところ『モデムが原因かもしれません。新しいモデムを発送しますので古いモデムを返品(その場で運送業者に手渡し)して下さい』とのことでした。
モデムは6年程フル稼働でしたのでいつぐらいからかは覚えていませんが、もっと早くサポートセンターに問い合わせるべきでした(^^;サポートセンターも凄く丁寧迅速な対応で問合せから3日くらいで届きました。

同じケースとは限りませんが、参考までに…

117:コメントありがとうございます by 管理人です on 2009/09/24 at 19:16:10

コメントありがとうございます。

モデムに関しては、以前交換してまして、
たぶんまだ1年ぐらいしか経過してません。
Yahooって、少しでも問題解決がつまずくと
すぐ「モデムを交換します」と言ってはくれる
のですが、その時は回線調整もセットでして
貰いました。で、3000→1600kbpsになった
次第。

以後、不安定な時期もあるにはあったのです
が、何とか問題なく使えていました。で、ここ
最近はリンク切れが再び多発しまして、困って
何度もモデムの電源を入れ直していたわけです。

でも、翌日にはリンク切れが無くなったんですね。
しかし、気付くといつの間にか800kbpsになって
いました。おかげで安定していますが遅いです。

モデムって自分でトレーニングして最適な通信
状態を確保するらしいですね。その結果が800
kbpsだったのかなーと思っています。

Yahooが勝手に回線調整したのかもしれません
が、その辺は未確認なので分かりません。

これ以上改善せず、更にリンク切れが出て来る
ようでしたらモデム交換の交渉をして見ようと思い
ます。ご意見、参考にさせて頂きます。

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]