トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

外構工事関係の特集 目隠し編

前回は、フェンス設置工事について触れました。今回は
後で発生した「目隠し」の問題について書いて見ます。

実は、フェンスを設置した当初は、隣地が空き地だった
ので、目隠しについてはあまり考えていませんでした。
とは言っても、空き地を通じて道路から丸見えになる
のは困り者。そこで、以下の目隠しシートを購入して
設置していたのです。

ベランダ目かくシート  税込価格987円(送料別途)


長さ55cmの紐が8本付属します。生産工程で紫外線
防止加工を施してありますから、耐久性も抜群です。
サイズは約79cm×180cmで、本体と紐がポリエチレン
で出来ています。バイヤスはナイロン、リングは銅に
クロムメッキが施してあります。

当面はこれで十分だと思っていたのですが・・・。

ところが、その土地に買い手が付いたらしく、何と我が
家の隣に店が建つ事になったのです。(おいおい ^^;)

何と言って良いやら、複雑な気分ですよ。なぜかって?
だいたい店の類が近くにあると、夜まで煩いし、車は出入
りするし、何よりも人間同士のトラブルが心配なんです。
それも、飲食店なんでニオイがどうしても・・・。野良猫
とかも寄って来そうだし。その野良が、目の前の道路で
轢かれるのはもっと見たくないし。(交通量多いもんね。)

・・・。

平穏な生活に慣れていたのに、突如それが脅かされる
なんて、どう感想を漏らして良いやら。しかも、我が家に
面して駐車場を作るんだって。うち、丸見えじゃんw
我が家は2mぐらい高い場所にあって、転落防止のフェ
ンスがあるのですが、たいした目隠しもしていないので
丸見えなんですよ。風通しは最高だけどさw

今後は、不特定多数の方々と目が合う日々を過ごすの
ですか?嫌ですよ、私は。中には知り合いもいるだろうし、
知り合いたくない人もいるだろうし。はあ、困ったもんだ。
まあ、旨い店屋だったら近くで便利だから歓迎もしますが、
見通しの悪いカーブの手前で店を構えても、繁盛すると
は思えませんけどねー。カラオケとかはやめておくれよ。
住宅地だぞ。

そこで、せめて目隠しでもしない事には落ち着きません。
で、下記の商品の出番!真冬もグリーン一色なんて季節
感ゼロかもしれませんが、年中を通し目隠しと通風が維持
出来る点は魅力です。

目隠しグリーンフェンス(ライト)(高さ1m・幅3m)
税込4,880円(送料別)



でも、いろいろ考えたんですが、結局波板を買って、フェ
ンスに抱かせる事にしました。やはり、飾り物は耐久性が
心配なので・・・。で、波板の色はクリアブロンズ、高さ
は4.5尺・・・とは言っても、そんな半端なサイズはないの
で、9尺物を半分に切って使います。その方が、手間は掛か
ってもお得なんですよね。

私の家にあるフェンスって、四国化成の激安品なんですが、
そこそこ丈夫なんです。だって、高さも1mしかありません
から。で、実質4.5尺(高さ136.5cm)の波板を貼り付けて
行くつもりでいます。

で、今回購入したのがこちらの波板。

NIPC-905(幅273×奥行65.5×高さ1cm、厚み0.5mm)


お値段が、送料込みで8,800円なんです。9尺物が10枚での
破格値です。そして、最も重要なのはポリカーボネート製
であること!!波板は多少高くても、ポリカ製が一番です。
塩ビ製も安くて良いのですが、数年でボロボロになります。
(紫外線に弱いので劣化し易い。)

でも、ポリカは丈夫。暑さ・寒さ・風雨にとても強く長寿命。
特に、屋根などで使用する場合はポリカ製を選ぶべきです。
(ポリカ製の波板には表裏があるそうで、シールのある方が
表だったりします。間違うと、寿命や透明度に影響する模様。)

でも、地元のホームセンターよりも安いってどうなんだろw
(送料込みなのに・・・。)

まあ、厚みが0.5mmなんで頑丈さから言うと頼りがなさげで
あります。他にも0.7mmや1mm等の製品もありますが、当然
価格は高くなります。また、エンボス加工で透明度を下げた
製品もあります。色付きよりも自然な風合いになっています。

今回選んだのは色付きの方ですが、これは目隠しが目的だか
ら当然のチョイス。エンボス加工品も良いけど、単純な目隠
しにそこまでの小細工は不要。色付きで十分です。影は映る
けど、そこまでは気にしません。厚みも0.5mmですが、既存
の金網フェンスに電線で固定するから、台風が来ても安心。

ただ、施工時に注意が必要です。まず、高さ1mのフェンスに
136cmの波板を設置するわけですが、フェンス上部はパイプ
状に加工がしてあります。つまり、フェンス面より2cmほどの
段差が生じるのです。よって、波板をそのまま貼り付ける事
は出来ません。同時に、上部が36cmはみ出るわけで、そこに
対する手当て(補強など)も考えなければならない。

中々難しい話です。

そこで、私が思いついたのが水道管の利用。塩ビパイプ13mm
の物が何本か余っていたので、それで波板用の枠を作る事に
しました。直角の部分はエルボを使い、チーズで縦にパイプ
を追加、波板とは直接ビス留めを行います。んで、パイプと
フェンスを電線で結ぶと言う考えです。

塩ビパイプもそこそこの耐久性があるし、13mm程度なら邪魔
にもなりません。ステンレスのパイプよりも加工が容易だし、
何よりも部材と接着剤だけで枠が完成します。お手軽だと思
うのですが、はたして。

(追記)
一つ失敗しました。安かった波板ですが、薄いクリアタイプ
なので、着色していても向こうが透けて見えるんです。全く
目隠しになりませんでした。で、ダイソーに走りまして、
スチールウールタワシを購入。これで波板の表面を削って
不透明化しようと思っています。

はたしてどうなるやら・・・。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]