トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

特集>太陽とマヤ文明と人類滅亡の関係は?

「2012年人類滅亡」説が囁かれ出して暫く経ちますが、あの
ノストラダムスの人類滅亡の予言が当たらなかった事から、
今回も当たる確立は大きくない様に思えます。

今までも、ポールシフト、惑星直列、大地震、大津波などが
囁かれて来ましたが、滅亡には至っておりません。

現在知られている人類滅亡説には諸説があり、時期的にも
近いのがマヤ文明の残した「長期暦」に由来する説。これに
よると、2012年12月21日~12月23日にかけてこの長期暦が
一つの役目を終えるとされています。マヤ文明自体は紀元
前4世紀頃に始まったとされていますが、詳しい事は判然と
しません。

長期暦の考え方ですが、まず歴史の枠を2万5640年と定め、
これを5分割して5128年毎を1区切りとします。時間(歴史)
は循環すると言う思想のもと、この区切りで物事が進行して
行くと言うのが考え方の基本です。そして、過去に4回に渡り
歴史の循環が繰り返され、今度が最後の周回に相当すると
されています。紀元前3113年に始まった5回目の区切りは、
2012年12月21日~12月23日を最後の日と定めています。

この「最後」と言う部分に、人類滅亡と言うバイアスを掛けて
しまったのが、昨今まことしやかに言われている滅亡説の真
相だと言われています。

マヤ文明は、中央アメリカのグアテマラからメキシコのユカ
タン半島にかけて栄えた超古代文明として知られていますが、
その一方で今もなお多くの謎が残されています。マヤ文明は
メキシコ南部から広がり、グアテマラ、ベリーズ、ホンジュラス、
エル・サルバドル西部の5つの地域に広まっていました。高度
な天文学の知識と建築技術を持った謎の文明は、ある日突然
滅び去ったのです。

マヤ文明には幾つかの暦が存在します。「365日暦」「260日暦」、
「365日+260日暦」、「長期暦」などです。365日暦については
現代と通ずる部分があるので理解し易いのですが、260日暦は
難解だと言われています。一説に寄れば、現在は存在しない
ある惑星の公転周期を示しているのではないかとする説もある
そうです。いずれにしても、人類が滅亡すると言い切れるほど
の材料は見つかっておりません。

また、マヤ文明には独自に定めた周期があるとされています。
1日、20日、360日、7200日、144000日の様に区分されており、
144000日を13回掛け合わせた5128年を一つの区切りにしてい
るとか。この区切りの間で過去から未来に歴史が流れて行き、
次の区切り(5128年)でも再び同じ出来事が繰り返されて行く
「循環」の思想を持っています。

さて、マヤ文明には「クワウティトラン年代記」と呼ばれるもの
があります。クワンティトランの予言とも言われるこの年代記
には、次の様に書かれています。

「第5の太陽の時代は紀元前3113年に始まり、5128年目に最後
をむかえる。」

人類滅亡説の根拠はここにあるとする説が根強い中、単に事実
を書き記しているに過ぎないとする声があります。その後を記し
た文献でも見つかれば、更に異なった解釈が出来るかもしれま
せん。ただ「循環」すると言う考え方は、「破壊」と「創造」を伴わ
なければ成立しないでしょうから、何らかの歴史的な変革が起
こる可能性は消えないままです。

前述した「長期暦」は5つに区切られて示されているそうですが、
それぞれの時代には名前が付けられています。第1の時代が
洪水、第2の時代は暴風雨、第3の時代が火、第4の時代は飢
餓、最後である第5の時代は太陽です。いずれも「滅んだ」と
される原因が題名になっているとか。

さて、ここで少し気になる話があります。それは太陽の黒点に
異変が起きている事です。NASAの太陽物理学チームが2006
年に観測しています。普段、太陽の北半球では南から北に向
かって黒点が並び、南半球ではその逆になります。ある時期
を過ぎると、それぞれの半球で北から南・南から北へと黒点
が動き始めます。この動きに変化があったわけです。北半球
の黒点が南から北に移動を始めたのです。これは、太陽が活
動期に入った事を示す有益な観測資料になりました。なお、
黒点の周囲では強い磁場が発生している事も分かっています。

活動がピーク時の太陽は、黒点の近くで太陽フレアと呼ばれる
爆発を起こします。原爆の1000万個分に相当する熱量を持ち、
時速100万キロメートルもの速度で宇宙にエネルギーを放出
します。今回の活動期の規模は、9世紀~13世紀におけるグラ
ンド極大期を超える可能性が高く、かつて見られないほどの
活動期に入ったのではないかとする人々もいるそうです。

そして、NASAの研究者が2010~2012年に相当大きな爆発が
起きるだろうと予測しております。また、最新の研究では2013年
半ばごろにピークを迎えるのではないかとも見られています。
2013年5月に新たな人類の危機、巨大な太陽フレアによる
 「ソーラーストーム」が地球に到達する可能性(Gigazine)

2013年半ば?太陽の「極大期」に注目集まる(AFPBB News)

太陽の活動には約11年の周期があるとされ、極小期や停滞期、
極大期を交互に繰り返しているそうです。しかし、今回はこの
周期にもやや乱れがあり、今年から極大期に移行するものと見
られています。さて、もし太陽フレアがかなりの規模に達したと
すれば、一体何が起こるのでしょうか?現在指摘されているの
は下記の4点です。

1)紫外線の放出量が増え、地球上のオゾン層に影響をもたらす。
2)磁場にひずみを生じさせ、強烈な磁気嵐が起こる。
3)地磁気誘導電流によって弱電機器などへ影響が及ぶ。
4)電離層に影響が及ぶ為、広範囲で通信障害が懸念される。

1の問題はそのまま健康被害に当てはまります。2のケースでは、
送電系統に過度な負担を掛ける恐れがあり停電の心配が出て来
ます。そして、3の例では過去に電報の用紙が燃えたと言う事
例もあるほど。4は言うまでも無く、通信障害により世界中の
経済活動が打撃を受けます。

実は今年の2月15日午前10時56分に、過去4年で最大となる太陽
フレアを観測しています。NASAによると、このフレアは最大規模
の「Xクラス」だったとか。この時の太陽フレアで生じたコロナ
ガスは秒速900キロで地球に向かっており、17日正午ごろに地球
へ到達したと見られています。Xクラスのフレアは無線通信や
電力網への障害を引き起こす恐れがある為、各国とも警戒して
いましたが、中国では南部で短波無線通信に障害が起きた事を
明らかにしています。

太陽活動によって生じる問題は、1973年に実例が残されています。
地上の電力網が影響を受けた為に、カナダのケベック州で大規模
な停電が発生しています。これより古くには1921年のケースが
あり、この時と同様の太陽嵐が起これば世界中の送電網が打撃
を受ける可能性を指摘する研究者もいます。

なお、太陽活動の動きは下記のサイトで随時公表されています。
気になる方はチェックして見て下さい。
宇宙天気情報センター

また、下記の様に太陽活動の一端が少しずつ解明されて来てい
ます。一つ一つの検証を通じて、より早い防衛策が取れる様に
なるかもしれません。

太陽フレア、100万度の泡が原因…京大天文台など解明
(読売新聞)


(記事より引用)
人工衛星の故障や通信障害を引き起こす「太陽フレア」と呼ば
れる大爆発は、太陽表面から浮かび上がる高温の泡が磁気
エネルギーを蓄積させるのが原因とみられることが、京都大
付属天文台などの研究でわかった。泡の変化を観測してフレ
アの発生予測につなげることが期待される。

フレアは太陽系最大の爆発現象で、太陽表面に浮かぶガス
「プロミネンス」が突然、噴出して起きるとされる。2006年に
打ち上げられた日本の太陽観測衛星「ひので」が、プロミネン
ス中に泡があるのを発見していた。

プロミネンスは、太陽内部で生じる磁力線に包まれて浮かん
でいるとされる。同天文台の柴田一成教授らの解析で、プロ
ミネンスの温度が数千~数万度なのに対し、泡は100万度
の高温と判明。コンピューターで泡ができる過程の模擬実験
を行ったところ、軽い泡がプロミネンス中を浮き上がると、磁力
線もそれに伴って太陽表面を上昇した。このため、太陽表面
で磁気エネルギーが急速に高まり、限界に達すると、プロミネ
ンスが噴出し、フレアを起こすと推定した。

成果は英科学誌ネイチャーに発表した。柴田教授は「フレア
の直前で泡の数や上昇の仕方がどう変わるのかを調べ、予測
に役立てたい」と話している。
(引用ここまで)

実はまだ、太陽以外で懸念すべき問題があるのです。それは、
超巨大惑星「ニビル」の接近です。昨年亡くなった考古学者の
ゼカリア・シッチンは、古代シュメール人の古文書からこの惑星
の存在を知ったと言います。実は、この惑星の公転周期が3600
年であり、最接近の時期が2012年になると言われているのです。
もし、この巨大な惑星が再接近もしくは衝突するとどうなるので
しょうか。仮に、小規模な天体が衝突しただけでもこうなります。



実に恐ろしい限りですね。来ない事を祈るしかありません。

この超巨大惑星は、かつて火星と木星の間に存在した惑星と
衝突しており、結果的に地球・小惑星帯・彗星を生み出したと
されています。言わば、我々は惑星の残骸の上で生活をしてい
るわけです。しかし、この説は地球の軌道離心率がわずか0.0167
しかない事や、研究者の数々の反証によって信憑性を失いつつ
あります。少なくとも、巨大惑星が原因で人類が滅亡する事は
なさそうです。

が、数年前に発見された"Apophis(アポフィス)"と呼ばれる
小惑星は別です。直径が270mほどしかない小さな惑星ですが、
現在は地球や金星の近くを動いています。軌道計算を行った
研究者によると、2029年の4月に地球へ最も近づくだろうとさ
れています。地表3万キロメートルまで近づくとする話もあり、
こうなると近くの静止衛星を巻き込む恐れが出て来ます。
地球最接近:小惑星『アポフィス』視点の動画(WIRED VISION)

まあ、目の前に危機があるとしたら、テロと核戦争、殺人ウィ
ルスに墜落事故、大地震に大津波と・・・ああ、欝になる・・・。

でも、一番身近な2012年問題はやはりこれかと。
今度は「2012年問題」が勃発した?(R25)
トラックバック
by 【2ch】ニュース速報嫌儲版 on 2012/12/18 at 03:03:08

1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2012/12/17(月) 19:41:44.12 ID:LHUHpCZhi● ?2BP(1000)「土星大爆発」のあおりで月が地球に落ちてくる?現在、NASAの一部の科学者たちの

トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]