トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

暴力団関係者との親交があった島田紳助、芸能界引退へ

島田紳助さん、芸能界引退 暴力団関係者と交際(朝日新聞)

(記事より一部引用)
多くのバラエティー番組で司会をしているタレント島田紳助
さん(本名=長谷川公彦、55歳)が23日夜、芸能界から
の引退を表明した。島田さんと、本人が所属する「よしもと
クリエイティブ・エージェンシー」の水谷暢宏社長が東京都
内で記者会見を開き、島田さんが暴力団関係者と親交があっ
たことを明らかにした。
(引用ここまで)

この突然の引退会見には、きっと避けられない事情があると
推測されます。今後、様々な憶測や情報が出て来る事も想定
される為、ある意味芸能界に激震が走ったとも言えます。

引退については、事前にタレントの松本人志さんにだけ報告
をしたそうで、相手から慰留はされたものの「めちゃめちゃ
ぶざまだが、最後だけ俺の美学を通させてくれ」と話したそ
うです。

報道によると、会見では「僕が何も言わなければ謹慎処分で
済んだだろう。でもそれでは示しが付かないと思った。一番
重い処罰は引退だと思ったので、引退することにした」と述
べたとか。「(暴力団関係者に)会ったのは十数年間で5回
にすぎず、人を介しての付き合いなので、僕の中ではセーフ
だと思っていた。だが、明らかに芸能界のルールを間違って
いるし、間違っていることに気づかなかった。吉本でだいぶ
先輩格のぼくがこんなことをやっては示しが付かない。だか
ら今後はその人には会いません。ただ、道であったら遠くか
ら頭は下げる。それは人としての感謝です」と述べ、涙を浮
かべつつの会見だった様子。

今後は、事実無根の記事に対して告訴で応ずる事も明言して
いますので、今後どれだけの記事が出て来るかは気になると
ころ。詳細を掴んでいるメディアがあるのかどうかは、まだ
不明ですが、ネットでは様々な推測が飛び交っております。

島田氏は、2005年6月ごろから07年6月ごろまでの2年間、
ある暴力団関係者と携帯メールで親密なやり取りがあった
模様。今年の8月中旬になって、外部からの情報提供があり
会社側も内部調査をしていたそうです。

同社の見解としては、「社会的影響力の高いテレビ等に出
演しているタレントとしては許されない」「社としては厳
しい態度で臨むべきだ」との判断に至り、本人も事実関係
を認めた事から引退と言う結論に達した模様。

記者会見によると、十数年前に知人を介して知り合った暴力
団関係者に、その知人が勝手に島田氏のトラブルを解決する
様に依頼した様で、実際に解決に至ったと言う事実があった
とか。その結果、「お二人がいるから心強い」というメール
を送った模様。このトラブルについてはハッキリと内容には
触れていませんが、政治的発言で右翼に絡まれていたとか、
数年前の暴力沙汰で書類送検された後の事後処理で揉めたと
か諸説がある様子。いずれにしても真相は判然としません。


(追記)
その後の報道で、トラブルの内容が右翼絡みである事が判明。
やはり、テレビでの政治的発言が右翼の怒りを買ったらしく、
対応に苦慮していたところを知り合いだった渡辺二郎被告が
動き、知人の暴力団幹部に解決を依頼していた模様。ただ、
島田氏本人は自ら依頼した事については否定をしています。

当時、関西テレビ(大阪市)制作のバラエティー番組「紳助
の人間マンダラ」において、右翼を激高させるような発言が
あったらしく、同局まで街宣車が押し寄せる事態になった様
です。で、その時の発言内容がこんな感じでした。

「昨日、収録に遅れそうで、慌ててタクシー乗り込んで局
まで飛ばして走っとったら 何や黒塗りのワゴン車で軍歌流
してトロトロ走りよるアホがおんねん!アタマ来たから
『何トロトロ走とんねんボケカス!』と怒鳴ってやったら
いかついツラした兄ちゃんがゾロゾロ出てきやがって、
『あんた、この菊の御門見て何とも思わへんのか?』と
言ってきおったから言うてやってん! 」

『アホか!菊の御門ならワシのケツにも付いとるわい!』
唖然とした兄ちゃんたちがアゼンとしてるうちに『運転手
さん、今のうちや」ってタクシー飛ばして今日の収録に間
に合ってん!』

などと番組内で発言、稲川会系の右翼団体である大行社が
激怒して連日に渡る抗議活動を受ける事態となった模様。

芸能界の引退を覚悟するほどまでに追い込まれた島田氏は、
渡辺容疑者に相談したと見られ、知人の暴力団幹部が動い
て事態は沈静化したとされています。

この暴力団幹部が、山口組の若頭補佐と呼ばれていた最高幹
部の一人だったそうで、系列の極心連合会で会長職にあった
人物だとされています。そして、大阪府警が平成17年に家宅
捜索をした際には、島田氏からの直筆の手紙や、幹部の親族
らと撮影をした写真などが確認されています。島田氏が後で
渡辺被告に送ったメールでは、「警察も汚いことしますね」
と書かれており、暗に捜査機関を批判するなどしていた模様。

ただ、この時は競売入札妨害事件での捜査だった為、これら
の物証は押収を免れていた模様。これらが後になって、羽賀
被告絡みの事件でクローズアップされてしまい、今回の引退
につながったと見られています。

暴力団と芸能界の関係は根深く、島田氏一人の問題ではあり
ませんが、「人を介しての付き合いなのでセーフだと思って
いた」と言う島田氏の考えは通用しない時代となりました。

島田氏は「(トラブル解決後に)お金を渡さなきゃいけない
のかなと思ったが、『馬鹿なこと言うな。心の中でつながっ
ていればいい』と言われた」と述べるなど、暴力団の手口に
まんまと乗せられている図式が明確になっています。特に、
写真で残っている辺りが何とも。写真撮影は、弱みを握ろう
とする暴力団の常套手段でしょう。言い訳の出来ない証拠と
なりますから。

大物芸能人に恩を売って弱みを握っておけば、今後の付き合
いも有利に運べますし、何よりも金銭の授受が発生しない事
で法的にも安泰です。当然、ヤクザはそこまで計算して動い
ているわけですから、暗闇に落ち込んだ芸能人の末路は悲惨
なものだと言えそうです。

加えて、島田氏自身の背信的な行為も引退の背景にあるので
はないかと言う指摘が、ネット上で流布されています。過去
に吉本興業が宮古島で土地を購入した際、購入先が暴力団の
フロント企業であったと言う問題と、この時に暴力団関係者
と島田氏が協力して吉本興行に買わせるべく、宮古島移住計
画と言う番組企画を立ち上げたのではないかと指摘されてい
るのです。 これらは証拠のある話としてネット上では流布さ
れています。他にも、某スポーツ選手との関係について指摘
が上がっており、警察の動きに危機感を感じた吉本側が重い
決断をしたのではないかと言われています。
(追記ここまで)

本人が暴力団関係者と直接面会したのは4、5回程度だとの話
で、多くは島田氏の経営する店での事で中々表沙汰にはなら
ずに済んでいた様です。しかし、『業界のルール、芸能界の
モラルとしてはダメだ』と会社関係者に諭された事もあって、
自ら決断し今回の引退会見になったとか。

以前より黒い噂が飛び交っていた人物なだけに、ネット上の
反応もサバサバしたものでした。何よりも番組の私物化やお
抱え芸人のヨイショぶりが気に入らないとして、批判をされ
ていた事も事実です。また、数年前も会社関係者の女性に暴
力を振るったとして問題になり、この時も引退騒動があった
島田氏。抱え込んでいたトラブルを反社会勢力に頼む時点で、
既に終わっていた芸能生活だったのかもしれません。

読売新聞などの一部報道によれば、携帯メールの相手は元ボク
シング世界王者の渡辺二郎被告だとのこと。渡辺被告自身は、
1995年に恐喝未遂で逮捕されて起訴猶予処分となっています。
しかし、その後も問題行動を繰り返して銃刀法違反で逮捕・
起訴されるに至り、実刑判決を受けて2004年に出所。更には
元タレントの羽賀研二被告と一緒に恐喝未遂で起訴、大阪高
裁で懲役2年の有罪判決を受けて上告中の身です。

島田氏は、銃刀法違反で起訴された渡辺被告の情状証人とし
て嘆願をした事でも知られており、両者の親密振りはよく知
られた話です。恐らくは、渡辺被告を通じて各方面のパイプ
を築いていたものと推察します。こうした事情を考え、また
先日の24時間テレビの放送も終了した事から、このタイミン
グでの引退会見となったのでしょう。ただ、背後に司直の手
が及んでいたとしたら、事を急いだと見れなくもありません。

公式な発表によると、今月20日によしもとへ外部からの情報
提供があったとされ、翌21日の「24時間テレビ 愛は地球を
救う」での出演が終わった島田氏に事情を聴いたところ、
暴力団関係者との親密交際を認めたとされています。この辺
の絶妙なタイミングが胡散臭過ぎですが・・・。

報道では、羽賀被告の裁判で前述の「お礼メール」が」証拠
採用されてしまった事も大きかったと報じている様ですね。
会社に連絡してきた情報提供者が何者かは分かりませんが、
警察が周辺を捜査する段階で情報を把握するに至った人物が
いた事は想像に難くなく、情報の提供自体に他意はないもの
と思われます。

人気番組をそのままにしての引退なのですから、何か動きが
あったと見るべきでしょう。会社も庇い切れない何か深刻な
問題を抱え込んでいたとしても不思議ではありません。特に、
山口組系極心連合会との関係や、首都圏における不動産取引
で最近警察が目を光らせていると言う噂もあり、今後の進展
が気になるところ。

以下は、会社側が示した公式発表の全文です。

平成23年8月23日
株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシー

ファンのみなさまへ
関係者 各位

島田紳助 芸能活動引退に関するお知らせ

このたび、弊社所属のタレント・島田紳助について、
平成23年8月23日をもって芸能活動を引退することと
なりましたのでご報告申し上げます。

弊社の調査によれば、島田紳助について、平成17年6月
頃から平成19年6月頃までの間、暴力団関係者との間に
一定の親密さを伺わせる携帯メールのやり取りを行って
いたことが判明いたしました。

このような行為は、社会的影響力の高いテレビ等のメデ
ィアに出演しているタレントとしては、その理由を問わ
ず、許されないものであります。

今回判明した行為自体は法律に触れるものではなく、また、
経済的な利害関係が認められるものでもありません。しか
しながら、島田紳助が、多数のテレビ番組にメイン司会者
として出演していること等に鑑みれば、弊社としては厳し
い態度で臨むべきであると判断するに至りました。

この点について本人に事実確認を行った結果、当該行為を
認め、何ら弁解することなく潔く反省したうえ、今後につ
いて、自ら社会的責任を取って芸能活動から引退したい旨
の申出を受けましたので、弊社はこれを了承し、本日限り
で芸能活動から引退することとなりました。

弊社では、皆様からのご批判・ご意見を全て真摯に受け止
め、今後の会社運営に生かしていくとともに、さらに反社
会的勢力との関係を断ち切る取り組みを一層強化してまい
る所存です。

最後となりますが、島田紳助が出演するテレビ番組等を楽
しみにして頂いていたファンのみなさまを始め、関係各位
の信頼を裏切り、多大なるご心配とご迷惑をおかけしたこ
とを深くお詫び申し上げます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]