トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

言葉を刈るマスコミと逃げ回るマスコミ 続報

前回の続きです。あの暴言の後日談が掲載されています。

経産相会見「ヤクザ言葉」記者 本人が鉢呂氏に謝罪
(J-CAST)


(記事より一部引用)
不適切な発言で辞任に追い込まれた鉢呂吉雄前経産相の会見
で、記者が「説明しろって!」などと声を荒げた問題で、数
日後には一転、記者が鉢呂氏の事務所に謝罪に訪れていたこ
とが明らかになった。鉢呂氏は、謝罪を受け入れた模様だ。

2011年9月10日夜の辞任会見で、鉢呂氏が「放射能をつけち
ゃうぞ」などと報じられている発言の内容を確認する質問が
続出した。後任経産相の就任会見では問題発言はしなかった。

その中で、ある記者が所属や名前を名乗らずに、「具体的に
どう仰ったんですか。あなたね、国務大臣をお辞めになられ
るんだから、その理由ぐらいきちんと説明しなさい」「何を
言って不信の念を抱かせたか説明しろって言ってんだよ!」
「何を言ったからだってんだよ!」と怒鳴ったため、批判が
集中した。この場では、フリージャーナリストの田中龍作さ
んが、「そんなヤクザ言葉、あなた、やめなさいよ。記者で
しょう。敬意を持って質問してくださいよ!」と、声をあげ
る一幕もあった。
(引用ここまで)

とまあ、前回の記事では明らかになっていなかった部分も
具体的に記されており、暴言の程度を知る事が出来ました。
同業者ですら眉をひそめる質問だった事が分かります。

そして、田中氏も自身のブログで書いているように、この
発言の主は大手マスコミ所属の記者だと見られ、その素性
が気になっておりました。

9月12日に行われた後任の枝野幸男氏による就任会見でも、
下手の最前列に陣取っていたそうで、この時はさすがに鉢
呂氏の会見のような荒い質問はしなかったそうです。で、
この人物は田中氏の隣に座っていた事から、田中氏が挨拶
を試みた模様。その様子が田中氏のブログとJ-CASTの記事
それぞれ書かれています。

「ご挨拶遅れてすみません」「どうして名刺交換してくれ
ないんですか?」と繰り返す田中氏に対して、この記者は
最後まで無視を貫いたとか。その辺の様子は前回の記事に
ある通りです。

興味深いのは、この記者が鉢呂氏に謝罪したと言う事実。
これはニュースサイト「現代ビジネス」の中で明らかと
なりました。長谷川幸洋氏(東京新聞・中日新聞論説副
主幹)によれば、9月13日に記者本人と部長が事務所に謝
罪しに訪れたとか。

鉢呂氏は「私はなんとも思っていません。部長さんにも
部下を責める必要はないと言いました。まあ、仕事です
からね」と大人の対応をしたそうです。とても、放射能
を付けると発言した人物と同じには見えません。

大人と言うのは「許す」事が出来るから、大人なのです
よね。私もその事を忘れがちなんですが、責めるばかり
じゃ前にも進み難いし、ギスギスして疲れるだけ。何事
もほどほどが肝心なんだなと思いました。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]