トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

数日後に人工衛星落下、人に当たる確立3200分の1

人に当たる確率3200分の1…人工衛星落下へ(読売新聞)

(記事より引用)
20年前に打ち上げられた米航空宇宙局(NASA)の大気
観測衛星「UARS」(重さ約5・6トン)が23日前後に
大気圏に再突入し、その破片が地球上に落下する見通しであ
ることがわかった。破片の落下場所は特定できていないが、
今のところ日本を含む北緯57度から南緯57度の広い範囲
が対象となっている。NASAは、人にぶつかる確率は32
00分の1と推計した。

NASAの発表によると、UARSは1991年にスペース
シャトルで宇宙へと運ばれ、高度約580キロの軌道を周回
していた。2005年に運用を停止後、徐々に高度が下がり、
現在は、高度225~250キロ。

NASAの試算によれば、機体の大部分は大気圏突入時に燃
え尽きるものの、最大158キロ・グラムの構造物を含め、
部品26個(計532キロ・グラム)が燃え残り、地球上へ
と落下する。落下日時は23日前後。落下地点を特定するの
難しいが、破片は800キロ四方の範囲に落下すると見られ
る。これまで、人工衛星が落下してけが人が出た例はないと
いう。
(引用ここまで)

人に当たる確立がゼロではないところがミソですが、まだ
3,000個を超える人工衛星が宇宙を周回しているそうでして、
油断は禁物と言ったところでしょうか。その大部分は大気圏
に突入した際の摩擦熱で燃え尽きるそうですが、燃え尽きな
かった残骸が地上にまで落ちてくるそうなので、要注意であ
ります。ちなみに、地球の表面上から数千キロメートル以上
も離れた場所を周回する衛星は、数百年以上にも渡って地球
の周りを回り続けるそうですよ。そして、今も増え続けてい
る役目を終えた衛星たちは、宇宙のゴミとして問題になって
いるとか。

人に当たる確立3200分の1・・・落下地点の予測が難しいの
で警戒範囲は広めになっている模様。いずれニュースで結果
が判明すると思われます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]