トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

不正行為の調査を始めたら、なぜかオリンパスの社長がクビに

「不適切行為の調査したら解職された」 オリンパス前社長
が英紙に主張(サンケイビズ)


(記事より一部引用)
14日付でオリンパスの社長を解任されたマイケル・ウッド
フォード氏が、英紙フィナンシャル・タイムズのインタビュ
ーで、同社が過去に実施していた買収に不適切な行為がなか
ったかどうかを調査したところ、解任されたと語った。オリ
ンパスは14日の取締役会でウッドフォード氏の解任を決定、
その後の記者会見で菊川剛会長が「ウッドフォード氏と他の
経営陣で経営の方向性で大きな隔たりが生じた」などと解任
の理由を説明していた。
(引用ここまで)

ウッドフォード氏によれば、氏が社長に就任する以前に行わ
れた幾つかの企業買収において、多額の不明朗な支出があっ
た可能性を指摘し、調査を行っていたところ社長職を解任さ
れたそうです。

例として、平成20年の英医療機器メーカー「ジャイラス」に
対する買収等があげられており、一連の買収で何と10億ドル
(約770億円)超の支払いが不適切だった可能性がある模様。

調査を行った会計事務所も「適切な会計記録が維持されてい
ない」と報告をするなど、何やらキナ臭い様相を呈していま
す。そんな矢先の解任騒動ですから、これは何かあるのでは
ないかと思うのが人情。ずさんな形で大金が「消えた」事を
主張するウッドフォード氏は、メディアに対し内情を暴露し
対抗しています。

社長ですらクビになる・・・雇われ社長の辛いところです。
しかし、どんな裏話があるのか興味津々ですね。そのうちに
内部告発やら何やらで騒動にならなければ良いのですが。

毎日新聞の記事では、オリンパスの菊川会長曰く「日本や
日本企業との文化の壁を超えられなかった」と言っている
そうで、不明朗な会計処理にどんな文化の違いがあるのか
までは具体的に説明をしていません。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]