トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

市長に当選しても辞めなければならない理由

市長「舌禍」でごみパンク 東京・小金井市長が辞職願
(朝日新聞)


(記事より一部引用)
東京都小金井市の佐藤和雄市長(54)は1日、市長選
でごみ処理の委託費用などを「ムダ使い」と主張して混
乱を招き、ごみ処理のめどが立たなくなったとして、市
議会議長に辞職願を提出した。

同市はごみ処理の既存施設が老朽化によって停止。可燃
ごみの処理を周辺自治体などへの委託でしのいできた。
佐藤市長は初当選を果たした今年4月の市長選で、委託
費を含むごみ処理費用を「ムダ使い」と主張したため、
周辺自治体と関係が悪化。佐藤市長は就任後の5月以降、
周辺自治体や衛生組合に対し、謝罪や支援要請を続けて
きたが、新たな引き取り先が確保できていない状況が続
いていた。
(引用ここまで)

年間の可燃ごみは約1万3500トンほどだそうで、8千トン
は何とか引き受けて貰えるそうです。ところが、11中旬
以降の分を引き受けてくれるところが見つからないそう
で、市長としては大弱りだった模様。

2010年度の可燃ごみは1万3387トンでしたが、多摩川衛
生組合の方で7481トン、昭島市が1953トン、八王子市は
1506トン、日野市が2447トンを引き受けており、何とか
乗り切りったとか。それなのに、市長の「ムダ使い」発
言が引き金になり周辺自治体が態度を硬化させた様です。

そこで、窮地に陥った市長は次のような謝罪文を公表。

(引用)
選挙公報等でのごみ問題に係る記述について(謝罪と撤回)
6月1日に表明した施政方針に係る本会議での質疑の中で、
私が選挙公報等において「4年間で20億円のごみ処理費
用」を「ムダ使い」と記述した点について謝罪を申し上げ
ました。この表現につきましては誠に不適切であり、心か
ら謝罪を申し上げ、撤回いたしました。この間、広域支援
等により本市をご支援いただいている皆様に深く感謝を申
し上げ、今後は、1日も早く安定的な可燃ごみの処理体制
を確立できるよう全力で取り組んでまいりますので、引き
続きご理解・ご協力をお願い申し上げます。

小金井市長 佐藤 和雄
(引用ここまで)

ところが、事態が解決しないことから辞職願いとなった様
です。ゴミを出さない生活が出来ない事は分かっていたは
ずなのに、どうしてこんな市長が当選出来たのか不思議で
仕方がありません。引き受けてくれた周辺自治体に対する
感謝の気持ちが皆無だったのでしょうか。

4年間で約6200トンを引き受けてきた昭島市の北川穣一市
長は、「『ムダ使い』なら自分たちだけでやればいいので
は」と、相当ご立腹らしい。

依存していると言う意識の欠如が、こうした結果を招いた
事は否定出来ません。もともと焼却場の建設をすると言う
前提があったからこそ、周辺自治体も協力してきたわけで
あり、それが遅々として進んでいない事も背景にある様子。

面倒ごとは金を払って人に任せているのに、その金がムダ
だと言われたら誰でも怒るのは当然かと。2007年からずっ
と綱渡りを続けていたそうですから、認識の無さを非難さ
れても仕方がありませんよね。

読売新聞の記事を見ていると、小金井市民の認識にも疑問
符が付いて来ます。10月2日に開かれた市民説明会によれ
ば、委託先に支出していることを指して「引き受ける側も
『おいしい仕事』なのでは」と発言した市民がいたそうで、
なぜか会場では拍手が上がっていたとか。

市民のこうした認識に加え 新処理場建設予定地の選定に
難航した2009年には、八王子市などが「人道的な支援」と
してゴミを引き受けた過去もあったわけで、周辺の反発は
当然起きて来ます。当時、奔走した都の関係者も嘆いてい
るらしく「過去の事情が分かっていたら、あんな表現はあ
り得ない。小金井市はこれからどうするつもりなのか」と
呆れているとか。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]