トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

イー・アクセスがソフトバンクに言いたいこと

イー・アクセス決算、千本氏がソフトバンク孫氏に「遺憾」
(ケータイWatch)


(記事より一部引用)
イー・アクセスの代表取締役会長である千本倖生氏が、900
MHz帯の獲得を争うソフトバンクにかみついた。千本氏の発
言は、ソフトバンクの孫正義氏が決算説明会で話した内容に
言及したもの。

「ソフトバンクの記者会見では、あたかもソフトバンクに割
当先が決まったかのような発言があり、すでに工事に着手し
ているとされた。もし割り当てられなかった場合には国に対
して損害賠償するとしている。それはまあいいとして、我が
社にも言及されていて、イー・モバイルはデータ中心の会社
だからいらないだろうと、全く余計な話だ。これは立場を明
確にしたい」

「まず基地局工事について、900MHz帯の獲得が確実である
かのような認識である点について、おととい総務省の幹部に
直接会ってソフトバンクに割り当てるようなことを言ったの
か質問した。すると、そういう言質は一切なく全く白紙であ
り、割り当ての審査に対してソフトバンクの行為が何らアピ
ールにはならないとの発言を受け取った。我々は全力で900
MHz帯に立ち向かっていく」

「(損害賠償について)これは国に対する脅しであり、とん
でもない話」

「我が社について、データ中心なので必要ないというのは
明らかな誤り。データ通信とスマートフォンに注力し、900
MHz帯はスマートフォンに使っていくので全くの余計な話。
iPhoneがつながらないからそこに使うというような反論を
したくなる。はなはだ遺憾である」
(引用ここまで)

ソフトバンクを使っている私としては、電波の入りが悪い
事は十分に実感しているし、何とかして欲しいとも思って
います。が、イー・アクセスが更なる品質向上と料金値下
げに寄与してくれるのであれば、がんばって欲しいと思う
次第。

にしても、イー・アクセスの会長の言い分は分かり易い。
孫氏の発言を看過していられないと言う危機感の表れでも
あるのでしょうね。遠慮なんかしていられないと言う点で、
両者とも共通しているのが興味深い。会見を終了する直前
に割って入り冒頭の発言をした千本氏でしたが、こう言う
のはイー・アクセスなりの演出だったのだろうか。または、
単純に予定外の発言だったのだろうか?

いずれ決着が付けば、事業者通しで手を結ぶ事もあるはず。
だから今はケンカをしていても、額面通りとならないのが
ビジネスの世界。さあ、どうなることやら。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]