トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

可哀想なのは親よりも子供かもしれない

長女連れ去り、司法取引が成立 邦人女性が元夫に戻す
(共同通信)


(記事より一部引用)
米国在住のニカラグア国籍の元夫(39)に無断で米国から
長女(9)を日本へ連れ去ったとして、親権妨害罪などに問
われた兵庫県宝塚市の日本人女性(43)の公判が22日、
米ウィスコンシン州の裁判所で開かれ、女性が長女を米国
の元夫の元に戻すことを条件に、重い刑を科さない司法取
引が正式に成立した。
(引用ここまで)

この女性は、自分が手配中の身であると言う自覚が全く無か
ったそうで、米国へ日本から渡航した途端逮捕されています。
もし、逮捕されると分かっていたら最初から渡航はしなかった
でしょう。なにせ、米国の親権妨害罪はかなり重く、もし有罪
にでもなれば禁錮10年以上は食らうそうですから。

今回の司法取引は、長女を30日以内に米国に戻す事が条件
だそうです。取引によって、この女性に対する刑罰の決定は
保留され、3年後に軽罪扱いとする内容だとか。

朝日新聞の記事に、更に詳細が書かれていました。この女性
は2002年に国際結婚をした後、元夫から2008年2月に離婚訴
訟を起こされております。この時、長女を元夫に無断で連れ帰
った事が問題となっていますが、日本では母親を親権者とす
る判断が出るなど、米国と日本で親権に対する見解が分かれ
る事態となっていました。

もともとこの女性は、米国の永住権更新手続きのためにハワ
イに渡航したわけですが、即座に拘束され長女とも会えなく
なっていたとか。女性側の譲歩で事態は膠着せずに済みそう
ですが、釈放後はGPS(全地球測位システム)機器の装着を
義務付けられる模様。

可哀想なのは、親に振り回されている子供ではないかと。
今回の司法取引が、解決への道しるべになれば良いですね。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]