トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

正常眼圧緑内障に有効な対処療法が見つかったかもしれない話

緑内障治療へ新たな光明 投薬で視神経を保護(河北新報)

(記事より一部引用)
東北大大学院医学系研究科の中沢徹教授(眼科)らの研究
グループは、特定のタンパク質分解酵素の活動を抑制する
薬が網膜視神経を保護し、緑内障の改善に効果があること
を確認した。緑内障は40歳以上の約5%が発症し、失明の
原因でトップの病気。現在は眼圧を下げる以外の治療がなく、
新たな治療法につながると期待されている。

緑内障は視神経の乳頭のねじれや萎縮が原因で網膜神経節
細胞が死に至り、視野欠損と視力の低下を引き起こすことに、
グループは着目。この視神経を保護する手法の研究に取り組
んだ。これまでにタンパク質分解酵素「カルパイン」が活性化さ
れると特定のタンパク質が分解され、細胞死が起きることが分
かっている。

中沢教授らは神経節細胞が8割減った緑内障症状のマウスに、
「カルパイン」の働きを抑制する薬(阻害薬)を投与。阻害薬を
与えたマウスの網膜神経節細胞の生存率が上昇し、保護効果
が高いことを突き止めた。培養細胞でも同様の効果が得られた。
(引用ここまで)

一般的に行われている緑内障の治療は、眼圧を下げる投薬療法
が基本だそうです。眼圧が上がると視神経が萎縮してしまい視野
が狭くなるため、必然的に眼圧を下げる治療が行われているとか。

ところが、日本人の場合は正常範囲の眼圧でも視神経の萎縮が
起きる「正常眼圧緑内障」が全体の7割を占めているそうで、長年
治療法が求められていました。今回はまだ根本的な治療方法で
はないものの、有効な対処療法に成り得る可能性があり注目を
浴びています。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]