トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

相棒10・第7話「すみれ色の研究」

相棒10・第7話「すみれ色の研究」の感想です。

脚本は徳永富彦氏、監督は田村孝蔵氏でした。今回のゲスト
俳優は柴俊夫さんです。正直、これはもう見るしかないとw
この時の視聴率が18.3%で、数値的には中々のものじゃない
かと思います。研ナオコさんが登場した前話は、13.9%と相棒
にしてはやや低めの視聴率でしたが、今回は持ち直した感が
あります。

以下、本題。まずはあらすじから。

15年ぶりに突然、大学時代の同級生だった加藤(柴俊夫)から
電話を貰った特命係の杉下右京。研究費の横領と言う不正の
内部告発を受けて独自に捜査を開始。その頃、相棒の神戸尊
は女子高校生の美咲(岡野真也)から連絡を貰い会うことに。
そこではなぜか、右京の名刺を見せられる事になる。

少女は、父親である加藤に対してある疑惑を抱いていた。母親
や共同研究者の女性の死について疑問を持っており、この謎を
解明する様に神戸へ依頼したのだった。彼女の思いを託された
神戸は、独自に捜査を開始する。そして、訪問先で杉下と遭遇
するのだが、どうも様子がおかしい。そんな右京に強く反発をし
た神戸は、単独で全容の解明へと挑む。

とまあ、導入の部分はこんな感じ。怪しい研究者の加藤の娘役
を演じている岡野さんは、顔の表情もしっかり出ていて中々乙な
演技をしていましたね。ちなみに、岡野さんの話題で興味深いの
は、実生活で長年血液型が不明だったと言うエピソード。なんと、
18歳の時にようやく血液型が判明したのだとか。それまでは何度
検査しても分からなかったそうですよ。
岡野真也オフィシャルブログ「日進月歩」

それはさておき、今回は神戸が右京に対して大きな反発をする
のが見所の一つとなっています。そして、なんと言っても面白い
のは柴俊夫さんの迷演技でしょう。右京も相当な変人なのです
が、ここにもう一人強烈な変人が加わりますw

画面に変な大人が二人も居並んでいる・・・中々圧巻ですなw

作品の内容はネタバレになるので詳しくは触れませんが、色々
と考えさせられる内容となっていました。冒頭から妙な音楽に
乗せて物語が進んで行く辺りに、いつもとは違う展開を予感さ
せます。また、いつになく右京が神戸に対して余所余所しく接
するところが面白くもあり、随所に「謎」を散りばめています。

右京は当初、疑惑の主である親友をかばう様な仕草を見せま
す。また、神戸には軽率な行動を取らない様に忠告をするなど、
らしくない態度を取り続けるのです。当然そんな態度を神戸は
良としません。疑問があれば、徹底的に洗い出すのが特命係の
流儀だったはずなのに、今回の右京は冒頭から何かを隠してい
る様に見えます。そんな姿に、神戸はどうしても我慢が出来な
くなり、とうとう怒りを爆発させるのでした。

「少しは信用してくれたっていいでしょう!!」

「残念ながら君のことが信用に足ると思ったことなど、一度も
ありませんよ。」

この後何が起きて、どんな結末を迎えるのかは内緒にしておき
ます。(これを書くとネタバレしますからね。でも、驚いたなw)

今回の物語で特徴的なのは、特命係の二人が常に別行動をと
る点でしょう。しかも、一貫して右京が神戸に対して非協力的で
すから、これも一つの「謎」となっています。こうした気になる要
素を散りばめながらも、捜査のシーンは凄く丁寧に撮られてい
ましたね。音楽との兼ね合いも素晴らしく、最近の「ご都合主義
的」な展開をしないところに好感が持てました。やはり、じっくり
と取り組んで行くのが「相棒」の魅力だと思うのです。

そして、最後で分かる本当の真実。相棒らしい幕引きに思わず
手を合わせたくなりました。特に、ラストで見せた柴さんの迫真
の演技は素晴らしい。あの姿に私も涙ぐんでしまいました。一体
どれほどの苦悩を一人で背負い込んで来たのか・・・それが分か
って初めて、この物語の結末が見えて来るのだと感じた次第。

父と娘の雪解けも近い様に思えます。

・・・

しかし、右京と研究生との会話には笑ってしまった。「で?」を
やたら連発する右京に脱帽ですw 変人ならではの会話です
ね。さて、次回は第8話「フォーカス」です。ゲストは佐川満男
さんと比留間由哲さん。どんなお話になるのか期待して待ち
ましょう。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
2113:コメント失礼いたします。 by りぃあ on 2013/09/26 at 09:40:03

今回のメイン事件と、
過去に起きた事件(?)の顛末、
加えて、特命係の喧嘩(笑)と、詰め込んだ割には上手いこと絡まった話ですね。
できれば、加藤さんから、右京さんの学生時代の話をいっぱい聞きたかった・・・

2115: by 管理人です on 2013/09/27 at 00:53:39

柴俊夫さんは良い役者さんですから、味わい
のある(=変人)良い配役が似合います。
さて、新シーズンももうすぐだし、今後が
気になるところ。また柴さんが出てくれる
と嬉しいな。(今度は別の悩み相談とかでw)

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]