トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

一概には言えない算数の問題

2chからのネタです。

問題
「8人にペンをあげます。1人に6本ずつあげるには、ぜんぶで
何本いるでしょうか。」

答え
6×8=48本

まちがい
8×6=48本

何でもこれ、小学校二年生の算数の問題だとか。正解は48本
なのですが、答えを導き出すのに6×8でも8×6でも問題無い
と考えますよね。でも、小学校の先生としては、6×8で答えを
出さないとダメなんだとか。

その理由は「ずつ」の解釈にあります。問題の出題者は、文中
の「ずつ」を「×(掛け算)」に置き換える事を想定しているらしく、
単純に最後の答えが合っていれば良いと言うものではない様子。

すなわち、基本となる考え方は「6+6+6+6+6+6+6+6=48本」とす
るのが正しく、6を8人分掛け合わせるので6×8が正解と言う訳
です。これを「8+8+8+8+8+8=48本」として、8×6にするとダメと
言う次第。要は「6本ずつ」を一区切りにしているので、その数を
勝手に分解して使うのは良くないらしい。

言わば、答えに到達するまでの考え方を子供が正しく理解して
いるのか、テストを通じて確認しているだけの話かと。教えられ
た事を確認するテストなのだから、解く過程も大事と言うわけ。
単純に答えが合っているからOKだとはしないあたりが、さすが
義務教育だと思いました。まあ、事情を知らない保護者からす
ると、単純に「?」となるのかもしれませんが。

教育にも標準化された段階や手順があり、先生達も生徒の学力
に合わせて授業を進めなければならない。頭の良い子もいれば、
勉強が苦手な子もいる以上、ある程度は杓子定規になるのも仕
方が無いのでしょうね。基本となる考え方を決めてしまえば、教
える方も楽になるだろうし。

どうせ、学年が進めばもう少し柔軟な思考が必要になるわけだし、
大人になれば枠に囚われない考え方を求められる様になります。
ただ、予備知識も無しに冒頭の問題と正解を見てしまうと、かなり
微妙な気分になるのは事実。普通はどっちも正解だと思うはず。

そこで、その疑問にある方の解釈が役に立つと思われるので引用
したいと思います。

(2chのまとめサイトより引用)
この時期に覚える算数は「単位」の変化のないものだと思います。
足し算は同じ単位のものしか足せません。(cm+kgというのは無
意味)

掛け算は、小学校低学年では、「単位の変化のない」範囲で覚え
ます。(本×○=本)その後、単位が変化する掛け算(cm×cm=
平方cm)を覚えますが、まだこの時期には出てきません。

「数字には『単位』というものがあって、それを意識しないと正
しく計算できない」っていうことを徐々に感覚的に覚えていく時
期だから、 順番にこだわった教え方をしているというのは、方法
としてなるほどとも思いました。

もちろん、その後、例えば中学になれば正確に単位付きの計算を
することになり、その際には順番は減点の対象にならないでしょう。
この時期だから、ここにこだわって教えるというのは、「作戦」とし
て理解しました。

私自身教育現場など全然知らない人間ですので、論評等は避け
ますが、一概に「大人の感覚」で一方的に非難することではない
ように思います。賛否渦巻いていることから見ても、この教え方が
最良ではないのかもしれません。

しかし、実際に小学校低学年に「数字の概念」から順番に教えてい
く経験の中から出てきた方法の一つだと思います。 また、その「概
念」を教えていくわけですから、その手段として「日本語的要素」が
入るのは至極当然だと思います。数学は自然言語とは違うというの
は、その後に覚えていくことであって、概念の入り口を理解するの
に自然言語に頼らないわけにはいかないからです。
(引用ここまで)

「作戦」ですか、なるほど。教育とは奥深いものですね。それでも
気になるのは、「不正解」とされた子供の気持ち。ちゃんと「なぜ?」
を解消してあげないと、単純に数学嫌いが増えそうで心配。せめて
最終的な答えは合っているので、△ぐらいにはするべきかな。なぜ
○にならないのかは、丁寧に「親が」説明をしてあげるべきかと。

ここを教師へ頼らずに親がきちんと対処出来たら、子供も勉強に対
する意欲が変わるのではないだろうか。物事にはちゃんと理由があ
るんだよと教えるのも、案外大人の義務かもしれない。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
835:算数 by oraynan on 2011/12/24 at 17:56:40 (コメント編集)

小学の算数の教え方に全く賛成です。

6本×8(人)=48本

これが解らないと、中学になってどんなに数学で高得点が取れても、ロボット人間が製造される可能性があると思います。

将来、これを理解した子供たちの中からしか、「本当に6×8=48なの?」という疑問は出てこないと思います。

836:そうですよね by 管理人です on 2011/12/24 at 20:45:03

一見すると理不尽に見える採点の仕方も、ちゃんと理由が
あるのだと分かれば納得です。後はしっかりフォローをし
て疑問を置き去りにしない事だと、つくづく思います。

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]