トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

大阪市の橋下徹市長、現業職員の給与を削減する方針

橋下市長、現業職員1万2千人の給与削減へ(読売新聞)

(記事より一部引用)
大阪市の橋下徹市長は、同市交通局や環境局などの現業
職員計約1万2000人の給与を、来年4月から民間並みに
引き下げる考えを明らかにした。
(引用ここまで)

交通局の説明では、地下鉄運転士の平均年収は734万円と
高額で、関西における私鉄平均である664万円を約1割ほど
上回っているらしい。特に、市バスの運転手は739万円と民
間バス会社の平均額544万円よりも、3割以上も高いとか。

これなら、事業ごと民間に移したって良いぐらいですよね。
高コスト体質と言うのは弊害も大きいし、何より血税が充て
られているのだから、こうした方向性は有権者の賛同も得ら
れ易いと思います。市の職員だからと言って、民間より優遇
する理由もないでしょうし。

神戸市などは、こうした職員の3割が年収1000万クラスだと
言います。そのくせ、財政事情は悪く下から数えた方が早い
のだから矛盾していますよね。ある地方公務員は、35歳で年
収400万らしいですが月の手取が21万くらいだとか。それと
比べても、大阪の羽振りの良さは別格ですなw

まあ、引き下げるなら中堅以上の貰い過ぎ組を重点的に狙う
べきで、若者の首を絞めたりするのはどうかと。面倒くさがっ
て一律引き下げにならない事を祈ります。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]