トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

特集>あると便利かもしれないツール特集

さっそくご紹介します!気になったら、写真をクリックすると
楽天市場の売り場へ飛べますよ。

Donyaダイレクト DN-MS2809M 蛇腹カメラ
ディスプレイは2.4型、解像度は320×234ドット。手元の液晶
ディスプレイに画像を表示出来る上に、乾電池式だから使う
場所を選びません。USBタイプのスコープと違って、その場
で確認が出来るのがイイ!付属のケーブルを使うと、テレビ
でも画像を確認出来ます。しっかり使えるのに、5,999円とは
驚きますよね。カメラはLED照明付きで、防水仕様になって
いますから安心です。落し物を拾う為のフックも付属してい
ます。狭い場所の確認や、机の下に落とした物を探すときに
活躍しそう。



ケンコー 防水型フレキシブルスネークカメラ SNAKE-09
こちらは少し高くて、9,800円。但し、送料込み価格です。
液晶モニターは2.4型TFTで、内蔵メモリーは32MB。外部メモリ
ーカードはSDメモリーカードに対応。容量は32MB~2GBの物が
使えます。SDHCカードだと4GB~16GBまで可。製品の防水等
級はレンズ・チューブ部でIPX7等級、本体部だとIPX4等級です。
USB接続も出来るのと、動画撮影が可能な点がいいですね。
天井の中や、排水パイプの詰まりを確認する時に重宝します。



MicroSD Reader DN-YCR-CTF04
こちらは驚きの99円。非常にコンパクトで、パソコンに接続を
しても1cm程度しかはみ出しません。手元に余ったメモリー
カードがあるなら是非お試しを。但し、小さ過ぎるので紛失に
は要注意!



20ピースドライバーセット DN-STD2816
手持ちのゲーム機や携帯電話の修理で役立つかもしれない
逸品。もちろん、勝手に分解したら保証の対象外になるので
お勧めはしませんが、自分で修理をする人には役立つかも
しれませんね。特殊工具なのに、嬉しい999円



T10ウェッジLED 2個入 12V専用 DN-IC5LEDT10
高輝度3チップSMD LEDを5個搭載し明るさを確保。最近は車
のライセンス灯などをLED化している人が多いとか。消費電力
を少しでも減らせばバッテリーだって長持ちしますよね。ただ、
車種によっては取り付けが出来ない場合もありそう。作りは
結構雑なので高級品を望む方にはお勧めしません。お値段
599円ですが、メール便に対応しますので送料を節約する
事が出来ます。



BA15s LED球 2個入 DNSB-SCAR-BA15S18L
この製品は口金がBA15sですので、ウェッジ球の様に挿し込
んで使う球とは異なります。この辺は車種によっても違って
来るので事前に確認をした方が良さそう。高輝度3チップSMD
LEDを18個搭載しているので、明るさはかなりのものとか。
2個セットで799円です。



ここで少しメモをば。

車の背後を見ると必ず付いている赤色のランプ。これは制動灯
(ブレーキランプ)と尾灯(テールランプ)です。テールランプは
暗くなった時に点灯させるので、ヘッドライトのスイッチと連動を
しています。後方に車の存在を知らせる役目を担います。ハイ
マウントストップランプは、やや上方に独立して取り付けられて
いるストップランプで、最近の車には装備されていますが、古い
車には無かったりします。

軽自動車の様に省スペースなランプ構造になっていると、使わ
れている球も特殊で、内部のフィラメントが二重になっている物
があります。つまり、1個の球で制動灯と尾灯を兼用しているわ
けですね。交換の際は、気を付けないと行けません。

もし間違って使うと、テールランプが点灯せず違反になるとか。
この為、交換の際は車種に合った球を使う必要があるそうです。
決まりでは、尾灯のみの点灯と比べて、制動灯の点灯時は5倍
以上明るくなる必要があるとか。これは追突事故を防止する上
でもとても重要なことなんだそうです。

ところで、最近の車ではハイマウントストップランプの装備が
不可欠になっているそうですね。しかし、車検の関係からか意
外と球がLEDではなかったりするんです。最近でこそ自分で
LED化している人が増えていますが、所定の明るさを維持出来
ないと検査不合格になるので注意が必要です。

この前、ハイマウントストップランプの球が点かなかったので
外して見たら、何気に電球でビックリしました。LEDだとばかり
思っていたのにw

そして意外と消費電力が高いんですが、調べたら定格が12V21
Wでしたよ。と言う事は、ブレーキランプ2個とハイマウント1個で
最低でも3つのストップランプがあるわけですから、ブレーキを
踏む度に合計63Wも消費される計算ですね。渋滞の時はかなり
踏みっ放しになるはずなので、これ結構バカに出来ない数値かと。

しかし安易なLED化は、保安基準を満たさず車検を通過出来ない
事があります。特に方向指示器(ウィンカー)の球をLED化すると
異常を検知する車もあるとか。これはLED球の消費電力が低すぎ
て、電球のフィラメントが切れていると誤判断されるみたい。
(で、対策済みのLED用リレーが市販されているわけですね。)

車のランプをLED化する時は、車検に通るかどうかを考えないと
ダメなので気をつけたいところ。しかし、通販などでは余り詳しく
書かれていないんですよね。私もいろいろ調べて奥が深い事に
気づかされました。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]