トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

風呂場の改装工事(解体編)

前回の続きです。ユニットバスが到着し、現物の大きさと
重さに少しだけ唖然w

大失敗だったのが、設置に必要な外寸法を完全に見落と
していたこと。ユニットが入れば良いと単純に思っていたら、
設置に必要な寸法はまだ一回り大きかった模様。加えて、
バスタブの内寸だけ気にしていたせいで、届いた品物が
10cm以上もはみ出す事が判明。素人ですねー、どうしよう
もないアホですなw

まあ、やっちまったものは仕方が無い。

入らない部分はジグソーで切るつもり。柱が邪魔で設置に
問題がありますが、かと言って柱を切るわけには行きませ
ん。と言う事で、初日から成り行きで仕事をしている始末。

ところで・・・

DIYでユニットバスを設置するにあたって、まずは浴室を
部分的に解体しなければならないのですが、ここで問題が
発生。タイルを外して行き、徐々に壁と床が接する角の部
分が見えて来て驚きました。壁を外すと柱の下が半分無く
なっている事に気付いたのです。

通常あるべき柱の厚みが失われており、半分まで減肉して
いました。シロアリに喰われた柱の表面はボロボロで、酷い
状況。で、叩けば叩くほど崩れて行くから怖い(´・ω・`)

余談ですが、意外にもシロアリって蟻の仲間じゃないそうで
すね。ゴキブリと同じルーツだそうですよー(゚∀゚)アヒャ

建物を食害するのはヤマトシロアリ、イエシロアリ、ダイコ
クシロアリ、アメリカカンザイシロアリ、タイワンシロアリの
5種類だとか。土の中から建物に侵入するパターンが多く、
ヤマトシロアリやイエシロアリが代表格らしい。
シロアリってどんな虫?(サニックス)

水廻りは、20年も経過するとだいたいシロアリの被害に遭う
らしいですね。また、遭わなくても水分による木材の腐食が
懸念されます。木材腐朽菌はジメジメとした所が好きなので、
乾燥しない場所の柱は腐り易いのだそうです。まあ、オイル
ステインなどの油性塗料を浸透させておけば、湿気には強く
なるらしい。

以前、トイレを改修工事した時も若干ですがシロアリの被害
を受けていました。まあ、我が家の浴室は在来工法のタイル
貼りでしたから、こう言う事は覚悟していた次第。それでも、
屋根を支えている重要な柱がこんな状況だったと言うのは、
返す返すもショックです。海綿状の木材では何とも頼り気が
ありません。

問題は、この柱の補修が簡単に出来そうにない点。現状では、
他の構造材がお互いに補強しあって屋根を支えている事から、
今すぐに家が傾くと言った心配はありません。が、そのまま
放置してユニットバスの壁を貼る事は考え物。ダメになった
部分を除去して間に角材を入れる手も考えましたが、加重の
かかっている柱を切る勇気がありません。何か良い方法は無
いものか・・・。

一応、ネットで調べるとこんな注入補修剤がある様です。
タフロンウッドGII

何でも二液性のエポキシ樹脂で、クラック部分に注入し浸透
させる事で補修を行うらしい。注入圧力で、シロアリの蟻道の
奥深くまで入れる事が出来るとか。面白い製品ですが、アマ
ゾンや楽天市場で扱っていません。

素人考えで木工用ボンドを薄くして注入するとか、セメントを
注入する事も考えて見ましたが、やっている人はいなさそう。
家族(=大工)に言わせると、表面はボロボロでも芯の部分ま
では喰われていないから心配ないとか。クレオソートでも塗っ
ておけばまだ使えると半分投げやりな意見を貰いつつ、試行
錯誤をしている次第。

クレオソートは油性の防腐剤です。正露丸にも含まれているの
で同じ臭いがします。だから、ハッキリ言って臭いです。塗る
とこの臭いが取れなくて気が狂いそうになります。我が家では
まる3日過ぎても臭くて辛かった記憶がありますね。でも効果
は絶大。あの臭いでいろんな虫がいなくなってしまった。最近
は臭気を抑えた製品も流通しているとか。探せば良い商品が
見つかるかもしれません。

さて・・・

この問題はもう少し時間をかけて調べるとして、タイルを外す
のが意外と骨でした。大きいマイナスドライバーを隙間に叩き
込めばポロッと行くだろうと思っていたら大間違いw

近所迷惑になるのを承知で、ハンマーとバールをフル活用して
何とか解体中。今日はこれだけで半日が潰れてしまった。んで、
次なる問題がバスタブ(埋め込み式のステンレス浴槽)です。

何とかバスタブまでは取り外そうと奮闘しましたが、どこをどう
扱えば良いのか悩みました。浴槽の周囲はタイルとシール剤で
固定されていますが、シール剤を剥がしてそこに大きなバール
を突っ込みながら15分。何とか外す事に成功。普通、なかなか
簡単には外せないそうですが、上からはめ込んでいるだけの
浴槽だった事が幸いした模様。

で、今度の浴槽は清潔感あふれるホワイトカラーです。ポップ
アップ排水栓で操作も楽々。ゆったりと足を伸ばせる広さで申
し分ありません。問題は設置出来るかどうかですがヽ(゚∀゚)ノ

さて・・・

この後の工程は、次の様な感じ。

1)とにかく壁のタイルを全てはがす。
2)壁材も全て外す。つーか、外さないとユニット自体が組め
 ないので。加えて、外さないと中の木材がどれだけ腐って
 いるのか分からないし、シロアリの対策だって出来ない。
3)浴槽のあったところを埋める。解体したタイルや手持ちの
 コンクリートブロックなどを組み合わせて穴を埋める予定。
4)浴室の入口扉を外す。脱衣所のドアや壁も外す。外さない
 と浴槽やユニットバスの床が搬入出来ない。

懸念材料は・・・
1)床を底上げすると、既存の水栓と新しい浴槽が干渉する
 恐れがあること。底上げは綿密な調整が必要と思われる。
2)解体時に騒音がする。音を立てる作業は近所の留守中に
 集中的に行うしかなさそう。
3)壁も床も、柱が邪魔で切らないと設置が出来ない。が、
 柱は切れないのでユニットバスの方を加工するしかない。

とにもかくにも始まってしまった我が家の浴室改造。終わる
まで風呂に入れないわけだから、前進あるのみ!!
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]