トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

風呂場の改装工事(苦闘編)

前回の続きです。思いのほか、解体作業で苦戦しており
ます。

難工事になると思われた浴槽の取り外し作業は、一人で
外す事が出来ました。ステンレス浴槽の淵(実際はエプ
ロンと言う化粧カバー)と床のタイルの間に、大きいバー
ルを突っ込んで何度も揺さぶったら浮かす事に成功。
普通は中々外れないそうですね。外れてホッとしました。

おかげで化粧カバーは変形して無残なものでしたが、浴槽
本体はほぼ無傷。カバーも叩いて修正すれば使い回しが
出来そうです。ステンレスの浴槽は丈夫で軽く他の用途に
使えそうな状況でしたが、我が家では置いておく場所もなく
近所にある廃品回収屋に持って行きました。そこは普段から
無人ですので買取自体は行っておらず、金属製品なら何で
も無料で引き取ってくれる回収屋でした。まあ、あんな大きい
物を近所で引き取ってくれるところがあると言うのはあり難い
ものですね。

さて・・・

浴槽は無事外れたのですが、問題はタイル壁の撤去。4面の
うち2面は壁に沿う形で立ててあるだけの構造でして、ハンマ
ーやバールで解体・撤去する事が出来ました。案の定、下回
りの木材はシロアリによってボロボロになっていましたね。
これはどうしてもユニットバスにしなければと、決意を強く抱
いた次第。

難題は残りの2面です。こいつらは屋外に面している関係で、
コンクリートブロックへモルタルで直貼りされていました。で、
これが外れないw 手持ちの大工道具をフル活用しても歯が
立たないのです。時間をかければ外す事は出来るかもしれ
ませんが、その前に体力と気力を消耗しそうw

そこで、新たに工具を買い足す事にしました。この手の解体
に必要なのは「電動ハンマ」です。昔の人なら電動ピックと
言うかもしれませんが、見た目は大きめの電気ドリルです。
そっくりなものに振動ドリルと言う物がありますが、あれは
コンクリートなどに穴を開ける為に使うので、解体用には使
えません。

電動ハンマは、先端に突起状の固い金属棒を突っ込んで使
うハツリ工具です。新品で買えば2万円以上します。金属棒
は消耗品の様ですから、自分で鍛冶屋が出来る人以外は
買い換えた方が良さそう。自宅で研磨しても、焼入れの関係
で長持ちはしないみたいです。

先端が突起になっている金属棒はブルポイントと言います。
機種によってサイズや規格があるみたいなので、何でも合う
と言う訳ではなさそう。新品で買うと1本で1,500円前後ほど。
似たものにチゼルと言うのがあります。人間が直接手作業
で使うハツリ工具です。見た目的にはブルポイントとほぼ
同じですので、ちょっと紛らわしいかも。

電動ハンマに使うハツリ工具の中には、コールドチゼルとか
スケーリングチゼルと言う物があります。こちらは、先端が
平らに加工されているタイプで、実際の写真がこちら。
今週の問題(ブルポイント)(大工道具屋のひとりごと)

「大工道具屋のひとりごと」さんのブログには、他にも興味深
い記事が載っています。消耗したブルポイントを再研磨して
使っても長持ちしないとか、焼入れに水では無く油を使うと
か、電動工具の製造番号の秘密とか、etc・・・。電動工具に
興味のある方は、是非ブログまで訪問して見て下さい。

さて、本題に戻りましょう。

手作業だけでハツリを行うのは大変でしたので、中古の電動
ハンマを買う事にしました。浴室の解体だけで使えれば良い
ので新品は必要ありませんし、他に使い道もないので中古で
十分。数日かけて、マキタの中古品を5千円以内で入手する
事に成功。中古のブルポイントが3本付属していました。

が、ここで問題発生!

この入手した電動ハンマ、実は壊れていましたw カーボン
ブラシはまだ残量があるので、モーターの回転自体に問題
はありません。まだまだ元気があります。しかし、肝心要の
刃先が動かないのです。本体を傾けたりすると動き出す事
から、内部の歯車などが正常に噛み合っていないのだと思
い、分解整備をする事にしました。

二時間をほどかけていろいろ分解し、オイルを交換したり
グリスを充填したりと手を尽くして見ましたが、解決しま
せん。おかしいなあと思い、何となくモーターのお尻側の
カバーを外して見たら・・・。

何と、ベアリングのケース部分が無くなっていた(゚∀゚)アヒャ
(ケースと言ってもどんなものだったのかは不明。ちなみに、
ベアリング本体はほぼ無傷。これでベアリングまでイカれて
いたら面倒なことでした。)

お蔭様でモーターの尻側に見えている回転軸が、ベアリン
グごとブラブラしていましたぜ。このようにブラブラさせてお
くと、軸の位置がどうしてもズレてしまい、モーターの先に
ある歯車?が噛み合わなくなる模様。どうりで空転する訳
ですね、うん納得した。

問題は、この失われたベアリングケースをどうやって再生す
るのかであります。恐らく、プラスチック系の部品が収まって
いて、それがベアリングを固定する役目を担っていたはずな
のですが跡形もありません。丁度良いサイズの代替品も見
つかりませんし(と言うよりも、一般家庭人がそんな物を持
っているはずもなく)すっかり途方にくれました。せっかく
中古で買ったのに、これでは意味が無いじゃないのw

そこで、手当たり次第に妄想開始。ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ

私の行き当たりばったり作戦は、この妄想がキモです。誰も
助けてはくれないので自力でネットをサーフィンしたり、試行
錯誤をひたすら繰り返すのですね。で、目の前にあったある
ビタミン剤に着目。これのプラスチックのフタ、もしくは首の
部分が使えるのでは・・・。

そこで取り付けて見たらこれがドンピシャ!見事にピッタリ
サイズで驚きました。後は、ベアリングがガタツカナイ様に
適当なサイズ・形状のワッシャーをスペーサー代わりに入
れまして フッカツダー!!(゚∀゚ )三 三( ゚∀゚)フッカツダー!!

おお、動く動くw

こんな調子で、まだ風呂場は解体中のまま。その間は遠方の
入浴施設に行くなり、自宅で体を拭いたりして凌いでいます。

浴室解体の道のりは思った以上に険しかったけど、何とか進
みそう。自分でやって見ると、苦労はするけど勉強になります。

電動ハンマを分解して面白いなと思ったのは、叩く部分の構造。
直接ブルポイントを叩くのかと思ったら、叩く部分に空気鉄砲
みたいな部品が使われていました。どうやら、空気を介して叩
くと言った感じです。力がダイレクトに伝わり過ぎると作業者
にも衝撃となって跳ね返り負担になるし、機械も傷み易くなる
のでしょう。それを回避する構造みたいです。そのシリンダは
構造的に定期的な注油が必要なのですが、注油する機構が
本体側に備えられています。使用前に引き金を3回くらい引け
とあるのですが、分解して見てようやくその意味が理解出来ま
した。

本体を下側に向けて引き金を引くと、内部のオイルタンクから
油がシリンダの筒に向けて垂れ落ちる様な仕組みだったのです。
だから垂直に立てて操作しないと、油が正しく垂れ落ちません。
これって重要なこと。今回は取り扱い説明書のない中古品を買
ったので、こうした事は分解しないと分かりませんでした。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]