トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

風呂場の改装工事(費用編)

前回の続きです。今回の浴室改造でかかっている経費に
ついてまとめます。(今回、部材の追加注文をした事もあ
り備忘録として作成。あまり参考にならないかもしれませ
んが、良かったら参考にしてください。)

今回問題なのが排水ユニット。本来は購入したユニットバス
に標準で付属していなければならないのですが、破損した
とかで外されていました。しかし、このままでは排水管への
接続が出来ないので困ります。よって、仕方なく自作をする
事に。中古品を買うと、こうしたリスクが付いて回りますね。

ちなみに自作の排水ユニットの詳細はこちら。クリックする
と超拡大します。
排水ユニット

上記に出て来る商品番号は楽天市場の「水道屋さん」で
調べたものです。気になる方はこちらからどうぞ。
水道屋さん

この排水ユニット、市販がされていないので自作しか手が
ありません。重要なのは如何に封水深を5cm以上稼げるか
で、この封水が足りないと水切れを起こし下水管から臭気
が上がって来ます。かと言って、多ければ排水に支障を来
たすので適正な範囲は深さで5cm~10cm程度であると言
われています。

まあ、排水ユニットを介さずにダイレクトに排水しちゃえば、
こうした物も不要なのですが、それでは臭いと虫の問題を
回避出来ません。我が家の洗い場の排水は普段から下水
特有の臭いがしていたので、一般的な封水トラップは設け
られていないか不十分な様です。あるいはゴミが堆積して
既に役に立っていないかもしれません。もともと浄化槽式
の家でしたから、風呂の排水は側溝への垂れ流しだったと
思われます。それを下水管に接続した関係で、以前よりも
臭気の問題がキツクなったのでしょう。

それより更に下にある浴槽の排水に至っては、トラップを
設けるスペースなどなさそうですから尚の事。夏はチョウ
バエとかよく見かけたので、まともなトラップがないのだと
思います。トラップが機能していれば虫も臭いも上がって
来ませんので。今回の計画では、従来の浴槽排水で使っ
ていた排水口は完全に塞いでしまい、洗い場の排水口だ
けを共有で利用する考えです。

さて、家の外を見回すと気付くのですが、床上に掃除口
や汚水枡が設置されているのを見た事はないでしょうか。
特に下水道につなぐ工事をした後は、見慣れない蓋が幾
つか増えているのに気付くと思います。また、工事後は
新たに通気管なども設置されているはずです。

我が家の台所の汚水枡は、既設の物が流用され配管だけ
繋ぎ変えてありました。トイレについては、配管と汚水枡・
通気管を新設しているので、いずれも下水道へと接続され
ています。かつて側溝へ垂れ流しだった風呂や洗面の排水
は、下水道工事をしてから下水道管へ繋がっています。

今時の汚水枡は、枡内部にある排水管がエルボ(90度曲が
ったパイプ)になっており、この先端が常時水中に没する様
に設置されています。下水本管からの嫌な臭気が、室内の
配水管に逆流する事を防いでいるわけです。しかし、古い
汚水枡の場合はこの限りで無いので、臭いで悩んでいる方
は一度業者に見て貰うのが良いでしょう。

で、いくら汚水枡があるからと言っても室内側にトラップが
なければ不十分。ただ、同じ経路に既にトラップがあるの
なら、再びトラップを設ける事は出来ません。これは二重
トラップとなって後で問題を起こすからです。スムーズな
排水を阻害するからこそ、二重トラップは禁止されている
んですね。これは、トラップの空気層が排水の邪魔をする
からです。配管中の空気って、意外と水の流れを妨げる
邪魔者なんです。

しかし、トラップとトラップの間に通気管があれば別。この
場合は、二重トラップを回避出来ます。我が家には通気管
が新たに設けられているのと、浴室にまともな排水トラップ
が無いのだと信じて排水ユニットを自作・設置する事にして
います。これでうまく行くかは、やってみないと分かりませ
んがw

二重トラップは原則禁止ですが、自治体によっては特定の
条件下で奨励しているところがあるみたいですね。虫や臭気
対策として、あえて二重トラップを薦めている事例があるみ
たいです。むろん、その場合も通気管だけは必須になるので
しょうけど。

話が長くなりましたが、以下本題。これまでに投じた費用の
まとめです。左から順に今回購入した品物、費用です。当初
の予定から追加になったのは、電動ハンマと排水ユニットで
した。電動ハンマは室内の壁モルタルをハツる際に、どうして
も必要でしたので急遽購入。他で使う用途が無いので今回
は中古品で間に合わせています。

<ユニットバス排水ユニット(自作)・楽天市場で購入>
塩ビ(TS、DV、VU)用接着剤・100g、388円
塩化ビニールパイプ・呼50・1m・VU管用、294円
硬質塩ビ排水Y分岐継手・呼100・VU管用、672円
硬質塩ビ排水ロングエルボ・呼50・VU管用、168円×1個=168円
硬質塩ビ排水ソケット・呼50・VU管用、52円
硬質塩ビ排水DV径違いソケット・呼125×65・VP管用、357円
硬質塩ビ排水継手径違いチーズ・呼65×50・VP管用、189円
偏芯ブッシング・呼100×50ミリ用・VU管用、388円×2個=776円
この他に送料が560円

<その他の部材や材料・近所のホームセンターで購入>
硬質塩ビ排水継手45度エルボ・呼50・VU管用、50円×2個=100円
硬質塩ビ排水エルボ・呼50・VU管用、50円×1個=50円
硬質塩ビ排水ソケット・呼100・VU管用、228円×2個=456円
セメント・20kg、500円×2袋=1,000円
砂・15L、200円×6袋=1,200円
シリコン系コーキング材、200円×3本=600円
セロテープ(マスキングテ-プの代用)、5巻、100円×1個=100円

<給水部材(給水・給湯栓の高さ位置を変更する際に必要)>
鋼管用ソケット・呼び15A・Rc1/2ネジ、262円×2個=524円
鋼管用エルボ・呼び15A・Rc1/2、180円×2個=360円
止水栓用給水管・13ミリ用・長さ150ミリ、1,092円
止水栓用給水管・13ミリ用・長さ50ミリ、504円
配管用サドルバンド(SUS)・30ミリ用、68円×2個=136円
配管用サドルバンド(SUS)・13ミリ用、33円×2個=66円
耐熱防食用パッキン・13ミリ用、84円×2個=168円

<ユニットバス>
TOTO・不明(中古品)・1400×1800サイズ、約12万円
この他に送料が5万円ほど
届いた時は余りの大きさに圧倒。引越し便で配達されるわけ
ですね。こりゃ、普通の宅配では無理だわ、重いしデカイ。

<浴室用換気扇>
三菱・パイプファン(新品)・V-08PPD6、3,729円
送料込みで一番安かった所を選択。

<工具>
マキタ・電動ハンマ(中古品)・8900S、約5千円
残念ながら届いた品物は壊れていました。自分で修理をして
使えるようにはしましたが、中古品は気を付けないとダメで
すね。おかげで手間はかかりましたが、構造などが分かって
勉強にはなりました。

もし、給水パーツだけを買うのであれば、下記のお店が激安
です。送料も安くて、5250円以上の買い物なら送料がタダに
なる良心的なところなんですが、排水関係のパーツを扱って
いません。塩ビの直パイプや排水エルボなど、ホームセンタ
ーならどこでも扱っている様な品物を扱っていない様で残念。
DIYツールストア

給水と排水パーツを一緒に揃えられるお店なら、こちらが
お勧めです。給水パーツは若干お高めですが、排水パーツ
の種類が豊富。送料も良心的で何よりも解説と図面が豊富。
水道屋さん

上記のお店をうまく組み合わせれば、最強に安い買い物が
出来そうです。それか、給水パーツだけ通販で買っておき、
残りは地元のホームセンターで揃えると言う手もあります。
なぜなら、ホームセンターで買うと給水パーツって糞高い
から!排水パーツ類は通販並みの価格ですが、なぜか
給水関係になると高い高い。給水パーツは通販の方がいい
かも。

以上で、総額約19万円程度。これにシロアリにやられてい
る木材の補修費用が加わりますが、こちらは手持ちの物で
間に合いそうです。何とか20万円の上限を超えずに済んだ
のでホッとしています。

一つ問題があるのは、ユニットバスが1400×1800サイズの
床になっていて、このままでは現在の浴室には納められな
いこと。そこで床板を二分割する事にしました。こちらも
手持ちの工具で何とかなります。エプロンで隠れる部分を
うまく切断して行き、防水性能に問題を起こさない様に配
慮して切断。かなり面倒でしたが何とか無事終了。

また、床を支える足が室内の構造材と接触する事が分か
ったので、足はボルトを抜いて切断。洗い場も含めた床は
直置きとするものの、そのままでは高さが揃わないので
コンクリートにより微調整する予定。

・・・

私がインフルエンザで寝ている間に、工事だけは進んでおり
ました。まあ、給水部分だけは触れないので材料のみ手配、
後は工事屋の出番。排水取り付けや設置工事は根性でDIY
する予定。体が本調子になるまでは、工事屋の仕事を眺め
るだけの日々。(と言っても、プロの方々は半日で終えて帰
って行ったけど。)

やっぱ、道具っすねえ。職人は道具が全てを語ります。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]