トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

風呂場の改装工事(完結編)

前回の続き、かつ完結編です。

2月から始めた風呂場の改装工事が、やっと終わりました。
仕事の合間に行っていたので長いことかかりましたが、
これでやっとお風呂に入れますw

一応、写真で載せてみますね。(クリックで拡大します。)
なお、購入したのはTOTOのユニットバス(RZシリーズ)です。

浴室改装前-1
浴室改装前-2
浴室改装前-3

工事に必死で写真を撮るのを忘れていました。あまり参考に
はならないかもしれませんが、工事前と工事後の違いは伝わ
ると思われ。さて、せっかくなので色々と書いてみます。

<苦労した点>
※購入したユニットバスが大きくて、壁のモルタルを壊さな
 いと収まらない事が判明。また、1枚ものの床だった為、
 これも収まらず切断する嵌めに。これがまた大変だった。

※壁の寸法・形が室内と合わず、曲げたり切ったりの加工が
 必要だった。作業スペースに余裕がない事も問題だった。

※床のレベル上げをした関係で、浴槽が上に移動。伴って
 給水・給湯の蛇口も上に持ち上げなくてはならなかった。

※ユニットバスは排水装置が無かったので、自作した。

※付属のジョイント材が配置の関係で一部使えなかったの
 で、建物の柱に直接ネジ留めしたり、ベニヤ材で壁の傾
 きの微調整に追われた。

※床の足を使わない(室内が狭くて図面通りに使えない)
 で床の傾き具合を調整するのが大変だった。柱に床が
 接触したので、何度か設置と切削を繰り返した。

※壁をジョイント材にはめ込む時に苦労した。木材で叩い
 た程度では入って行かないので、突っ張り棒で突っ張っ
 て入れ込んだ。おかげで壁が少しだけ変形したが実用に
 支障なし。

※換気扇の穴が無かったので、天井板を加工した。穴あけ
 用の工具があったので何とかなった。

※壁や浴槽・天井などのシール打ちが面倒だった。綺麗に
 施工しようとマスキングテープも使って見たものの、結局
 はやり直しをして対応した。教訓としてコーキング処理は
 根気と集中力・決断力だと感じた。とにかく時間との勝負
 で何度も手を入れない事が綺麗に仕上げる為のコツ。

とまあ、書きたいことは山のようにありますが・・・。

しかし、疲れたw

業者に頼むと、間違いなく材料代込みで80万円は要する
工事でしょう。それを自分たちで行ったので、実質的に
は20万円もかかっておりませんが、それなりに苦労しま
した。また、ユニットバスの施工要領書がネットで入手
出来たので助かりましたが、もしも入手出来なかったら
地獄だったと思います。(要領書に書いてある手順が
本当に参考になり、いろんな疑問点を解消出来ました。)

とにかく、ケガをせずに終われたのが幸いだったと思い
ます。まったく初めての浴室改装DIYで、しかも寸法が
想像していた以上に大きかった事もあり、本当に終わる
んだろうかと途中で不安にはなりました。それでも、終わ
って見れば良い経験になったと思います。

浴槽は、憧れ?のプッシュ排水栓。今までのゴム栓見た
いに浴槽へ体を傾けずに済みます。ほんと便利ですよー。
カラリ床は、水切れが良くて本当に乾燥が速いですね。
今までは冷たいタイルだったので、この差は大きいです。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]