トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

キャバクラの女が男よりも上を行っていたと言う、その手口

6億円貢ぐ 送金350回 キャバクラ女性「がん治療
費を、会えないけど」(東京新聞)


(記事より一部引用)
勤務先の金をだまし取ったとして、警視庁が十一日に
電子計算機使用詐欺の疑いで逮捕した埼玉県朝霞市
の元会社員栗田守紀(もりとし)容疑者(33)は、キャバ
クラの女性店員(30)に総額約六億円を送金していた。

「がんで闘病中」と治療費を求める女性の言葉を信じ、
ほとんど会うこともなく約七年間にわたり計三百五十
回以上、金を振り込んでいた。
(引用ここまで)

ゴム製造会社「シバタ」に勤務していた容疑者は経理部
の所属だったとか。会社の口座から二億三千万円を自分
の口座に送金するなどして、騙し取ったとされています。

で、送金していた相手がキャバクラの女。葛飾区のJR
亀有駅前のキャバクラで当時二十歳の女性店員と知り
合ったそうです。それが2000年のこと。以後、何度も店
へ通う様になり、2002年からは月に数回のデートをする
関係になったとか。

しかし、ここから女の本性が出てまいります。

2003年頃には、女性から「胃がんになった」と相談されて、
医療費として多額の金を送金する様になった模様。面白い
のは、2004年から「面会謝絶になった」と言われ女性には
ほとんど会えなくなったことです。2006年以降はメールだけ
のやりとりになったとか。

結局、2010年に犯行が見つかるまで六億三千九百万円を
横領、女性への振り込み額だけでも実に五億九千四百万
円へと上っております。残念ながら、公訴時効(七年)に
よって約一億円が立件の対象から外れてしまいました。

「個室に入るので金がかかる」
「無菌室を使ったので支払いが高額になる」
「疑われたら生きている意味がない、自殺する」

こんな文面で金を無心され、男はせっせと貢がされていた
と言う話。恐るべきは女の態度。容疑者が「会社の金を横領
していた」と告白し、「自首する前に会いたい」とせがむと・・・
「最後に千三百万円お願いできないかな」と回答。

おいおい^^;


最後の願いすらも聞き入れてくれない女も無慈悲ですが、
女の病気の件は虚偽であった事が分かっています。真相
を追究された女は虚偽だった事を認め、「本当に本当に
ごめんなさい」メールで残し以後は音信不通となりました。

渡った金はほとんど使い切られており、回収はほぼ絶望。
高級マンションの家賃や旅行や飲食代などに消えていた
とありますが、果たして・・・。

女性を相手取った民事訴訟(なぜか和解済)の中での言葉
が空しくて泣けてきます。男は「普通に考えると不自然だが、
当時は病気のことも治療のことも信じていた」と述べ、女は
「認めます、済みませんでした」と謝罪。

でも、回収は絶望的なんでしょう?「済みません」の一言で、
後は時効でも待つ気なんでしょうか?

よくある話と言えばそれまでですが、会社もよく今まで気づ
かなかったものですね。内部監査とかありそうなものですが。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]