トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

大手家電メーカーの役員人事が物語る、この国の凋落ぶり

赤字家電3社が新社長に内部昇格者を選んだのはガバナ
ンスの大失敗(ダイヤモンドオンライン)


(記事より一部引用)
家電3社がこれだけの赤字を出すということは、企業内部
で何かが大きく間違っているのだ。今まで継続してやって
きたことを、一旦不連続にしなければならない。そのため
には後継社長を内部から選んではいけなかったように思う。

さらに悪いことに、業績悪化を起こした前社長に対し、その
責任を問わずに会長に祭り上げる愚も犯している。欧米の
常識から見たらとても考えられない人事である。3社のコー
ポレート・ガバナンスはどうなっているのだ。何のために社
外取締役がいるのだ。何のために後継社長の指名委員会
があるのだ。

なぜ日本の家電メーカーはサムスンになれなかったのか。
アップルは別格としても。大きな原因は起業家精神と自己
変革力の欠如である。
(引用ここまで)

パナソニックは、国内製造業として過去に例を見ない7800
億円規模の赤字になる見通しです。平成24年3月期の連結
決算が急激に業績悪化しており、既にテレビ事業の見直し
や、国内の拠点工場を閉鎖するなど自己改革に乗り出して
おります。当然ながら、それらの影響を受けるのは従業員
や協力会社と言う事になりますが、本体の役員人事は実に
おかしな事になっている模様。

6月の株主総会後に、大坪文雄社長は会長に就任する予定
だとか。これだけの大きな赤字を垂れ流した人物でありなが
ら、経営責任が問われない事に唖然とします。

一方で、大坪氏や社長に昇格する予定の津賀一宏専務、
他の役員らの報酬を、1~3割程度減額する方向で調整に
入っているそうですね。当面はこれで「責任」を取った事に
するみたいです。しかも、減額する役員報酬の期間ですが
7月から半年以上で調整しているとか。業績回復まで引き
伸ばす考えはないのでしょうか。ちなみに、役員報酬の減
額自体は21年3月期に純損益が3789億円の赤字になった
時にも実施しています。

創業家以外で就任した経営者としては、最も若い津賀氏。
55歳の若き経営者の上には、赤字を垂れ流した大坪氏が
君臨しています。経営の足かせになる恐れはないのでしょ
うか。津賀氏は「先行きは明るい。次の時代にさらなる飛躍
ができる」と述べたそうですが、具体的に何をするのかは
明らかにしておりません。示したのは「エコ&スマート」と
言う考え方だけ。「合理的で無駄がない生活という視点で
見れば、世の中に受け入れてもらえるすべてで、成長分野
が作れる可能性がある」と会見では語ったそうです。

パナソニックの赤字は、薄型テレビ事業が不振に陥った事
や、三洋電機の買収に伴う損失計上が響いています。国内
製造業としては、過去に日立が大幅な業績悪化をしていま
したが、今回のパナソニックはそれを上回る水準となってい
ます。

冒頭の記事が触れている様に、パナソニックやソニー等は
大幅に業績を悪化させています。シャープに至っては、外国
資本の助けを求めるほど低落していますね。

ここ数年、韓国の大手メーカーであるサムスンは日本の技術
を人材ごと引き抜いて来ましたが、その結果今でも順調に業
績を伸ばしています。

李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子社長は、ソニーの新最高
経営責任者(CEO)である平井一夫社長と面会したそうです。
サムスン電子の社長は、まだ44歳の若き経営者です。この他
にもパナソニックや東芝などの主要取引企業を訪問してあい
さつを交わしています。サムスンは大型有機発光ダイオード
(OLED)パネルを使った製品の販売を模索している様で、
ソニーと戦略的に結びつこうとしている可能性を指摘する声
もあるとか。

有機ELの技術をソニーも持ち合わせている事から、将来的な
方向性を検討しているはずです。消費電力と寿命の問題を解
決出来れば、液晶製品に取って代わる可能性があります。が、
サムスンも巨額設備投資に突っ走るほど余力があるのかは判
然としません。また、最近は中国企業の技術力が先鋭化して
来ているので、サムスンも王者の地位から陥落する可能性は
大いにあります。

それでも、ソニーが新製品投入に相次いで失敗しているのを
見ると、サムスンよりも更に深刻だと言う事は分かります。
シャープもガラパゴス化した携帯端末を出してきてコケまし
たし。もちろん、ソニーはアイボなど記憶に残る製品を多数
投入して来た名門ですし、ロボット開発の面白さを世に知ら
しめた功績があります。他国にそうした精神と技術を売り渡
さなければ、まだまだ挽回出来る余地がある様に感じます。

さて・・・

個人的に気になるのは、やはりパナソニックでしょうか。
協力会社や関連企業に勤める人の話を聞くと、内部事情は
厳しい様です。業績をV字回復させた中村邦夫会長の頃と
比較しても、今は経営環境が悪過ぎると言うジレンマもあり
ます。過去の内部留保が大きいからこそ持ち応えている訳
で、普通の企業ならとっくに倒産している赤字規模です。

創業者である松下幸之助氏が社長を退いたのは、66歳の時
でした。その為か、代々この年齢を超えて在任する事は避
けられて来たそうです。大坪氏は社名から松下の名を外し、
66歳と言う不文律も破り、創業家の呪縛を解き放って来ま
した。

しかし、会長に就任すると言う辺りは従来通りの人事ですね。
まあ、会長職が空席になるのを避ける意図もあるのでしょう
が、それでも釈然としない株主やOBが多数いる様子。

再び「総合家電メーカー」として再出発する覚悟のパナソニ
ックは、果たしてどうなって行くのでしょう。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1134: by カズ on 2012/04/30 at 19:49:40

何が日本の家電業界に起こってるのでしょうね??超優良企業が揃って大変なことになっています 完全に流れが変わったのとグローバルスタンダートで世界で一番コストのかからないところが勝つということなのでしょうか・・・・

1135:人生も企業もアップダウン by 管理人です on 2012/05/01 at 11:54:32

良いときもあれば悪いときもあり、右肩上がりの
時もあれば、下がるだけの日々もあり・・・と、
とかく思うようにならないのが、世の常でしょうか。

技術の流出=企業の出血 と捉えるならば、
ようやく傷口が塞がろうとしている頃なのかも
しれません。

でも、パナソニックのあの人事はどうだろうと
私でも思います。工場閉鎖や人員整理で困るの
は正社員だけではないと言うのに、それを上層部
はどう考えているのでしょうね。特に派遣や請負、
下請けで仕事を貰っていたところは大変です。

1138:プラズマTVの愚 by 江草乗 on 2012/05/01 at 23:08:18 (コメント編集)

もはや液晶に対してプラズマTVの劣勢が
明らかになった2003年に、松下は
2000億円もかけて尼崎にプラズマTVの工場を
作ったわけで、私はそのときに

「これでこの会社は終わったな」

と確信しましたよ。
先見の明のない馬鹿経営者が
責任をとって腹を切ることもなく会長に
君臨してるわけで、こんな企業は
もはや滅亡を待つだけかも知れません。

もしも私が経営者だったら
そのときに社運を賭けて有機ELに
2000億円投資していたでしょう。
山形大学から城戸教授をヘッドハンティングして
シャープと真っ向勝負することに賭けるべきだった。

1140:たこたま by 管理人です on 2012/05/01 at 23:54:58

たこたま おいしそうですね。時間200円の駐車場
って、都会は大変だなー。うちは田舎なんで、停め
るところはそんなに苦労しないけど、旨い店もあま
りないです。

パナソニックは戦略で完全に失敗してますよね。
プラズマの需要って高くないと思っていたけど、
案の定でした。独自技術の意地とか生産設備とか
投資額の都合で、すぐには撤退できなかったんだ
と思いますが、小回りが利かないのがどうにも。

これも大企業病なんでしょうね。

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]