トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

お笑い芸人の河本準一氏、不正受給の件で所属先が逆切れ中

前回の続きです。片山さつき議員が実名をあげてタレントの河本
氏を批判している事について、所属先のよしもとがブチ切れ中です。

(引用)
ファンのみなさま 関係者各位
株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシー

河本準一に関する一部報道について

現在、弊社所属タレントの「河本準一」に関し、河本の親族が生活
保護費の不正受給を受けているかのような週刊誌の記事やインタ
ーネット上の風説が流布されており、これについて、世耕弘成、片山
さつき両参議院議員が問題視しているなどの報道がございます。

弊社としては、河本の親族が生活保護費の受給を受けているという
重大なプライバシー情報が報道されていること自体、重大な人権侵
害であると考えており、河本の親族の生活状況や河本の収入の状況、
親族への扶養の内容等の詳細な事情についての説明は、ご容赦
いただきたいものと考えております。

しかしながら、河本本人の収入については一説に述べられているよう
な高額なものではなく、時期によって大きく上下しております。また、
様々な事情から生活の援助を行わなければならない親族が複数い
るなかで、浮き沈みの激しい業界に身を置きつつ、親族全員に対して
将来にわたっても安定的な援助を行えるかどうか、見通しが非常に
難しかったという事情もございます。

生活保護費の支給については、河本が無名の時代に開始されたもの
でありますが、河本本人は、なるべく親族に負担をかけることがない
よう、そして、いつかは生活保護に頼ることなく自分の力だけで養って
いける状況にできるよう、担当の福祉事務所などとも相談しながら、
懸命に努力してまいりました。現在は、生活保護費を受給しておりま
せん。

このような中、一連の報道が始まりました。多くの報道機関はプライ
バシーに配慮して実名を伏せていたようですが、一部の心ないネット
媒体で実名が報じられるに至り、二名の国会議員は、当該ネット記事
を前提に河本を名指しで非難し、本件を大きく取り上げるようになり
ました。

国会議員の先生方が、本件を政策論として議論することについて弊社
及び河本が申し上げることはございませんが、河本の親族側の事情
も十分に確認しないままに実名をもって個人に対する批判的な発言を
なさったことについては、非常に悲しいことであると感じております。

本件に関する事情は以上のとおりでありますが、河本本人及びその
親族において、生活 保護費の不正受給のそしりを受けるような違法
行為が存在しないことについては、ここに、 あらためてお伝えいたし
ます。

上記のとおり、本件は個人の重大なプライバシー上の問題であり、
今回のような発表を 強いられる状況におかれていること自体、河本
本人においても、河本の親族においても、 大きな精神的負担となっ
ていることをご理解いただき、今後、マスコミ各社及び両参議院議員
においては、人権に配慮した冷静な対応をいただくことを強く望みま
す。今後は、管轄の福祉事務所や両参議院議員にもご説明のうえ、
行政からの何らかの指導 があるようであれば、これについても適切
に対処してまいる所存です。

ファンのみなさま、関係者のみなさまにおかれましては、大変ご心配
をおかけしており ますが、今後とも、変わらぬご声援、ご支援を賜り
ますよう、何卒、よろしくお願い申し上げます。

以上
(引用ここまで)

生活保護費の受給は、憲法や法律に則った基本的な権利です。また、
基本的な人権も守らなければなりません。生活保護費の受給につい
て、ネット上で事実関係が流布されている事を人権侵害だと主張する
事は正当な行為だと思います。

しかし、二人の議員が行動するまで所属会社もタレント本人も沈黙
を続けていました。創業100周年を迎える吉本興業は、笑いを仕事に
して来た老舗です。客が笑いを通じて満足感を得られるからこそ、
長く存続する事が出来ました。地域の産業としては、もっとも成功し
た業種の一つです。大阪の文化を担っていると言っても過言ではあ
りません。

ところがここ数年以上に渡って、会社内部の不祥事や所属芸人の
問題、業績の低迷や怪文書の存在などで、この会社を取り巻く空気
はかなり淀んでしまいました。最近の「重要なお知らせ」を見ても、
人を財とする企業は様々な問題をはらんでいることが分かります。

12.05.16◆河本準一に関する一部報道について
12.04.03◆『週刊現代』の掲載記事について
12.02.27◆中田カウス 講談社に対する訴訟提起のお知らせ
11.12.27◆講談社に対する追加訴訟提起(第四回)のお知らせ
11.12.26◆松本人志 光文社「FLASH」に対する控訴のお知らせ
11.12.12◆所属タレント、奥山英志について
11.12.12◆今いくよ・くるよ 交通事故について
11.12.12◆講談社に対する追加訴訟提起(第三回)のお知らせ
11.11.29◆「面白い恋人」について
11.11.16◆講談社に対する追加訴訟提起(第二回)のお知らせ
11.11.11◆講談社及び同社代表取締役に対する警告書送付について
11.10.31◆最近の週刊誌等の弊社関連記事について
11.10.24◆講談社に対する訴訟提起のお知らせ
11.10.13◆講談社 週刊現代 の取材活動に関する抗議
11.09.26◆平成23年9月14日付「東洋経済オンライン」弊社関連記事
      について
11.08.31◆警視庁担当者への説明について
11.08.29◆弊社グループ元所属タレント 島田紳助氏の引退および報道
      について
11.08.23◆島田紳助 芸能活動引退に関するお知らせ
11.06.07◆パンクブーブー黒瀬純の事故について
11.04.04◆本日付け一部報道について
10.04.03◆メッセンジャー・黒田有 復帰のお知らせ
10.01.12◆メッセンジャー「黒田有」による暴力事件及び当社からの処分
      に関するお知らせ
09.11.12◆訴訟終了のお知らせ
09.09.15◆前田五郎氏マネジメント契約解消のお知らせ
09.09.04◆インターネット上のサイト掲示板で、弊社タレントが殺害予告
      を受けた事について
09.06.25◆2009年6月25日発売の週刊新潮(7月2日号)の記事に関して
09.05.27◆当社及び当社子会社における不適正支出問題等に関する税務
      調査についてのご報告
09.05.25◆ファンのみなさまへ「前田五郎休養」に関するお知らせ
09.05.25◆ファンのみなさまへ 「弊社タレント及び役員に対する脅迫
      事件について」
09.05.01◆ファンの皆様へ 「小笠原まさや」に関するお知らせ
09.04.07◆株主・ファンのみなさまへ「FUJIWARA・原西孝幸に対する強要
      未遂事件に関して」
09.04.06◆ファンの皆様へ「ハリセンボン・箕輪はるか 肺結核罹患に関
      するお知らせ」
09.04.06◆株主・ファンのみなさまへ「弊社タレント及び役員に対する
      脅迫事件について」
09.03.11◆株主・ファンのみなさまへ「弊社子会社株式会社吉本倶楽部に
      対する排除命令について」
09.01.19◆株主・ファンのみなさまへ「弊社タレントが脅迫を受けたとの
      報道について」
09.01.16◆株主・ファンのみなさまへ「弊社タレントへの襲撃事件について」
09.01.16◆株主・ファンのみなさまへ「なんばグランド花月への脅迫電話について」

これだけ様々な出来事が起こる会社も珍しいですが、人が財産の企業
なので無理もない事だと思います。しかしながら、今回の発表は判然と
しないものを残しました。建前は人権侵害の主張ですが、見ようによっ
ては脅しにも受け取れます。弁護士の存在を誇示しつつ、個人の負担を
強調しており、圧迫感の強い文章だと思います。逆切れと言う表現が
ピッタリ来る内容であります。

さて、本件の続報が下記の記事で詳細に扱われていました。中々、
興味深い記述がございます。

河本準一・生活保護不正受給疑惑に切り込んだ、片山さつきの狙い
(ビジネスジャーナル)


記事によると、要旨は次の様になります。

1)片山氏の狙いは、河本氏個人を批判したり攻撃する事ではない。
2)生活保護の支給ルールを、適正な形に改正するのが目的である。
3)生活保護制度は、経済的余裕のある親族の援助が不可欠である。
4)河本氏は年収が3000万円から5000万円ともいわれているので、
 親に仕送りは出来たはず。
5)実態調査をすべき自治体が、人手不足などで非常に甘い運営を
 しているのが実情。2000億円ほどが不適切な支給になっている。
6)河本氏は社会的影響力を持った公人であり、母親を話のネタに
 するなどしている。公に対して責任を持つべき立場だが、本人
 の説明がない。
7)河本親子の関係は極めて良好で、苦労して育ててくれた母親へ
 の感謝の意を本人も公言している。
8)吉本の説明では、金銭的に苦しくて仕送りが十分にできない。
9)吉本の代理人(弁護士)から電話がきて説明を受けるも、到底
 納得できる内容ではなかった。
10)河本氏には母親以外にも扶養しなければならない親族がいる。
 その親族は海外で治療を受けなければならない病気で、お金が
 かかる。
11)河本氏の親族で生活保護を受けているのは、母親だけではない。
12)母親らの受給は7〜8年続いており、支給総額は1000万円規模に
 なる可能性がある。
13)不正受給と認定されれば、生活保護法第63条の返還命令に該当
 する。悪質なら3年以下の懲役や30万円以下の罰金もあり得る。
14)自民党では、世耕弘成参議院議員が座長となって、生活保護に
 関するプロジェクトチームを立ち上げている。
15)説明や対応があまりにみにくいようなら、国会質問も考えない
 とならない。
16)河本氏の母親は、5月の保護費の受給を辞退したらしいが過去
 の受給についての疑惑が晴れたわけではない。

そして、もっとも感情に訴えているのがこちらの部分です。

(記事より一部引用)
高額所得者の息子が親の面倒を見ないというのは、日本人の倫理観、
道徳観としてもどうなのかと。この形を公に認めてしまったら、日本人
の家族の絆もバラバラになってしまいますよ。我々(自民党)は保守
政党ですから、そうした国家を支えるための価値観も重視しているん
です。ただ、河本氏は母親に対して、旅行に連れていってあげたり、
プレゼントをしたりしているようですから、母親と絆がないということ
ではなく、要は自分たちのことしか考えていないということなのでし
ょう。

河本氏は生活保護について、後輩芸人に「タダでもらえるなら、もら
っておけばいい」などと発言したといわれていますが、これが本当な
ら、犯罪の教唆に当たりますよ。こうした言動に対する河本氏本人や
吉本側からの説明がいまだにありません。それと、名前は言えません
が、2人の代議士が私のところに電話してきました。吉本側から「片山
の様子をうかがってきてほしい」と相談を受けたということなのかな
と思ったので、その議員にも言ったんです。「吉本興業という会社は、
日本の強みである優れたコンテンツを海外に輸出できる数少ない優秀
な企業だと私は思っている。それだけに、こうした問題への対応を間
違えれば、国民からは他の芸人さんたちも同じことをしていると疑わ
れますよ、そういう会社だと見られますよ、それでいいんですか」と。
そしたら、その議員は黙っていましたけどね。
(引用ここまで)

片山氏は、今回の問題をより深く掘り下げて扱う事を決意している様
です。吉本側の対応もやや場当たり的で、完全に片山氏の燃料になっ
ている印象が拭えません。国会議員の活動を別の議員に見張らせる
事が、企業として許される姿なのかどうかも含めて、よく考察する必要
がありそうです。

河本氏は、2011/12/17のサポーターズと言うテレビ番組で、母親への
仕送りを認めていました。また、他の番組では150万円の腕時計を買う
など、羽振りの良さも強調しています。とても、生活保護の要件を満た
せるとは思えません。

吉本側は、芸人の立場が収入の面を含めて不安定であることを特に
主張していましたが、少なくともここ数年は第一線で活躍している芸人
です。この主張にも、かなり無理があると思われます。

生活保護費の不正受給は、個人の問題では済みません。財政の圧迫
にも通じ、本来受給を認められるべき人々へ保護が行き届かなくなる恐
れがあるからです。そうでなくても、震災による失業などで受給率は上
がっていますし、長引く景気の低迷で過去最悪の水準で支出が増えてい
ます。これらは国民の税金で賄われるわけで、不足分を借金で積み上げ
ている様な状況です。消費税のアップも議論が始まっており、こうした
不正受給の問題も絡めないと、解決はしないでしょう。

河本氏が私人であり、表に影響力を及ぼさない人物であれば良かった
のですが、発言や行動が対外的に影響を与える人気芸人です。加えて、
吉本興業の持つイメージの悪さが、こうした議論に様々な憶測を呼んで
いるのだと感じます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]