トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

不倫問題を1億円で解決したらバレた、巨人の原監督

原監督、女性問題で1億円支払っていた(デイリースポーツ)

(記事より一部引用)
巨人は20日、東京・大手町の球団事務所で、21日発売の週刊文春
(6月28日号)に、「原監督が元暴力団員に1億円支払っていた」との
見出しを付けた記事が掲載されることを明かし、事実と異なるとした上
で、名誉毀損による損害賠償請求訴訟を速やかに起こすと発表した。

球団によると、原監督は2006年8月、プロ野球のある球団と関係の
ある者と名乗る男から「野球界がだめになる大事な話がある」と電話
を受け、面会に応じた。約束の場所に出向くと、2人の男がおり、ある
女性の日記のコピーを示したという。

それは1988年頃の原監督(当時は選手)との関係が書かれており、
他に2人の巨人選手の名前もあった。男は「これが表にでないように
する。私に任せなさい。ただし、金がいる」と、1億円を要求した。

原監督はゆすられていると思ったが、日記に他の2選手が、この時
どちらも巨人のコーチを務めていることから、表ざたになることを防ご
うと1億円の支払いに応じたという。
(引用ここまで)

これに対して、球団の言い分は至極苦しいものでした。原監督は脅さ
れた被害者であり、不当な資金供与をしたのではないと強弁しており
ますが、脅しに屈したのは間違いありません。相手が元暴力団員では
なかったとする話を、警視庁から得ていると球団側は主張しています
が、もみ消し工作に1億円も払う段階で「縁が切れない」事を考える
べきでした。連中は味をしめて何度でも要求を繰り返すでしょう。

球団は名誉棄損訴訟を起こすことで対抗しようとしていますが、失わ
れた信頼は脆くも崩れ去りました。今回の暴露騒動の背後には、清武
前GMの存在があると言われています。原監督は「清武さんへ」と題す
る文書も併せて発表しました。

(引用)
巨人軍の選手、OB、関係者を傷つける報道が相次いでいます。
たくさんの暴露が行われ、巨人軍関係者を混乱させ、選手、OBを苦
しませています。私は監督という立場で心を痛めてきました。こんな
ことがなぜ続くのか。清武さんのほかに、いったいだれがいるのか。

今回は、私のことで良かったと思っています。

巨人軍の低迷期に清武さんと会い、同じ釜の飯を食い、同じ目的に向
かって、悔しい時も、うれしい時も本気で涙を流してきました。ファンに
愛され、強くある巨人軍をめざし、リーグ3連覇、日本一も成し遂げま
した。

巨人軍を育て、守り、築いてきた偉大な先輩方がたくさんいられます。
未来へ夢をつなぎ、巨人軍の発展を願っている方もたくさんいられます。
清武さんもその一人だと信じます。

巨人軍の一員だったことを誇りとして、これからを歩んでください。

まだ間に合います。

原辰徳
(引用ここまで)

文面だけを見れば物凄く人情に訴えかける内容ですが、見方を変えれ
ば脅し文句でもあります。かつて清武氏が球団から追われた時、原氏
がどの様なフォローをしたのかは定かでありませんが、「まだ間に合
います」とは恐れ入る。まだ、バレては困るネタがあるのでしょう。

かつて読売巨人軍を応援して来た私にとって、今回の暴露騒動は悲し
い現実を突きつけられた様なものです。黙っていれば良いという意見
もあるでしょうし、今回の騒動は監督にとって迷惑そのものでありま
しょう。

でも、人から脅され、それを警察ではなく金銭で解決する者に未来は
無い。仕事でも気になって発奮など出来ないでしょうし、常に闇の連
中の影に怯えなくてはなりません。信じて付いて来た選手にも失礼な
話であって、名声ある人にしては余りにも誠実さに欠ける対応だった
と感じます。

原監督 ファンに謝罪「私はある女性と関係を持ちました(スポニチ)

(記事より一部引用)
「1988年ごろ、私はある女性と関係を持ちました」

「ゆすられていると思い、不安を感じた一方、私を助けてくれるのだ
とも解釈し、要求された現金を渡しました。悩んで悩んで悩み抜い
ての苦渋の選択でした。私の個人マネジャーとは『これで終わりに
ならない時には球団に相談し、警察に届け出よう』と話し合いました」。

「その後、動きはありませんでしたが、2009年、別の男から球団に
電話があり、『女性問題のことを書いた日記が監督の手に渡ったは
ずだ。それを返してほしい』ということでした。私は球団にすべてを打
ち明けました。妻にもすぐに告白しました。一番傷つけてしまうのは
妻だと思ったからでした。」

「私個人の不徳の致すところであり、浅はかなことをしたと思ってい
ます。たくさんの選手を指導するプロ野球の監督という立場にある
人間として、深く反省しています。ファンの皆さま、大変申し訳あり
ませんでした」
(引用ここまで)

最近、週刊文春が気になる記事を連発していますが、この辺はテレビ
報道と違うものを感じさせますね。巨人の原監督が明らかにした今回
の発表文は、元暴力団員に女性問題で1億円を払っていたと指摘する
「週刊文春」の記事に対してのものです。2006年になって、この女性
の事で脅された模様ですが、金銭で解決したのはマズかったと思いま
す。2009年になって再び脅されたわけですから、もっと早く警察沙汰
にしておくべきでした。

今回の件で可愛そうなのは、ご家族でしょう。清武氏をやんわりと脅
しどんなに恨み言を書き綴っても、追い込んだのは球団と渡邉恒雄氏。
最初で火種をうまく消せなかったのは、渡邉氏の傲慢さが招いた結果
だと思います。

でも、同じ不倫騒動でも、二岡氏とは対応が違うのも気になります。
それだけ、原監督は大事な存在だったと言う事か。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1249: by 媚売ジャイアンツ抹殺委員会名誉会長 on 2012/06/20 at 19:23:37 (コメント編集)

巨人軍は、福島第一原発の電気で試合してた球団NO.1wwww

だから、天罰くだれwwww

byハガレンファン

1253:巨人 by 管理人です on 2012/06/20 at 22:28:32

原監督自身のお詫びはともかく、清武氏に宛てた発表文
は男らしくないですね。まるで口封じみたいで嫌になり
ます。

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]