トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

相棒10・第19話「罪と罰」

相棒10・最終話(第19話)「罪と罰」の感想です。今回は、ネタ
バレを含むのでご注意ください。(今回はあらすじ形式で書いて
おります。)

ゲストは真野響子、浅見れいな、窪塚俊介、木村佳乃、國村隼
と言う豪華なメンバー、脚本は相棒の生みの親である輿水泰弘
氏、監督はいつもの和泉聖治氏と言う構え。視聴率は期待通り
の20.5%でありました。

バイオテクノロジー研究所へと勤める主席研究員の嘉神郁子
(真野響子)は、ある研究の事で息子の隼斗(窪塚俊介)と対立。
行っている事が神への冒涜だとして注意を受けるものの、聞く耳
を持たなかった。

「ママは捕まらないと思う」

あくまでも強気の母親に失望した隼斗は、国へ告発文を送った。
即座に動いたのが国会議員の片山雛(木村佳乃)であり、片山は
元警視庁副総監だった長谷川宗男(國村隼)を使って、告発文を
投じた隼斗を割り出す。長谷川は、過去の不祥事で警察庁長官
官房付という閑職に追いやられていた。

告発文には、研究者の娘である茜(浅見れいな)の母体を使い、
クローン人間を作っていることが記されていた。しかし・・・。

もともと茜は、半年前に夫と5歳の息子を事故で亡くしており、自殺
未遂を起こすほどのショックを受けていた。茜の希望によりクローン
人間を生み出すことになった母親の郁子は、息子の隼斗が裏切る
事を最近気にしていた。隼斗は神への信仰心が厚い。自分の信念
で計画を阻止する行動に出る事はある程度予測が出来ていた。

問題を闇に封じる事に卓越していた片山議員は、やはり真相を究明
する事を拒絶した。むしろ、告発文を本人の目の前で握りつぶして、
口止めを図ったのだった。片山らしい幕の引き方である。

しかし、隼斗は諦めない。

思い悩んだ末に、公園で演説を始めた隼人。そこへ偶然、特命係の
二人が通りがかった。演説の内容はたちまちネットへとアップされ、
次第に反響が出始める。

そんな所へ、殺人事件が起きる。

殺されたのは、あの隼人だった。殺したのは妹の茜。実の兄を妹が
殺したのである。茜は母親を呼び出し、殺した事を話した。しかし、
母親はある計画を持ち出す。そして、代わりに出頭する事を選んだ。

出頭した母親は、ある程度の真実を織り交ぜながら、殺しの動機を
切々と訴えた。「偽善と言う仮面をかぶった怪物」を母親の責任と
して殺したのだと郁子は供述したのだ。娘の妊娠を非難する息子の
姿に、激しい怒りを感じたと言うのが動機だった。

しかし、それは真実ではない。間違いなく、殺したのは茜である。

特命係は、その謎を暴くべく捜査に乗り出す。一方、片山と長谷川
は密かに暗躍していた。長谷川は警察の権力を用いて動画を削除し、
片山は郁子の供述について考えを巡らす。

特命係の二人は茜の部屋を捜索していた。被害者が着ていたコート
だけが見つからない事、それが重要な証拠品であることを伝えた。
二人の言葉を信じた茜は、深夜に隠していたコートをゴミ置き場へ
廃棄した。それをこっそり拾い上げる特命係。

警視庁に戻った二人は、米沢を呼び出しコートの分析を依頼した。
部屋に戻ると、二人は事件の推理を続ける。そこで、クローン技術
について議論する二人。右京は、神戸に問いかける。

「君が、神を怒らせてでも会いたいと言う人物は、一体誰なので
しょう」

神戸は決して本音を語らない。神を冒涜してでも会いたい人物が
いる事を隠している。なぜなら、それが神戸の将来を左右するかも
しれないからだ。右京は、神戸の中で何かが揺れ動いている事を察
知していた。

この後で片山らに呼び出された神戸は、ある重要な極秘情報を聞か
される事になる。茜のお腹の中には、死んだ息子のクローンが宿っ
ていると聞かされた神戸は、長谷川から協力を求められる。片山ら
は右京の動きを気にしていたのだ。長谷川の策略めいた語りかけに
神戸は激高するが、長谷川は動じることなく神戸を牽制する。

片山は何としても右京の動きを封じたかった。クローン人間の出生
を明らかにする事は断じて避けたかった。クローン人間の存在が明
るみになる事は、その子の将来にも関わると神部を説得したのだ。

思わず動揺する神戸。決意をした神戸は、密かに手を回し始める。
一方、郁子の逮捕状を入手した捜査一課は、逮捕へと向かっていた。
しかし、そこに郁子の姿はなかった・・・。

特命係の二人が、任意同行という形で連れ出していたのだ。この事
に怒り狂った伊丹は、右京を電話で罵倒する。しかし、右京は逆に
逮捕状の執行を待つよう進言した。

舞台は殺人現場へと移る。そこで右京の推理が始まった。母親が、
娘の身代わりになって出頭した事を指摘する右京。茜のお腹に顔
を寄せながら事件を再現する右京。そのあまりの悪趣味ぶりに、
思わず母親が割って入り込む。しかし、右京の追求は止まらない。

茜はついに観念した。殺した事を、二人の前で認めたのである。

事件当日、殺された隼人と茜は言い争いをしていた。地獄に堕ち
る事も厭わないとする妹に対して、兄の隼人はロザリオを手渡す。
神を冒涜することを覚悟していた茜は、ロザリオを投げつけ兄を
殺害する事を決意した。お腹の音を聞かせて兄を油断させ、背後
からナイフを一突きした。

現場に駆けつけた母親の郁子は、偽装工作を始める。茜に兄の
コートを着せたのは、母親の思いやりからであり他意はなかった。

郁子は茜の処遇を心配していた。必死に右京へすがりつくも通用
しない。そして、右京がお腹の子の真実に触れようとした時、神戸
が先に事実を突きつけた。思わず誰から聞いたのかと詰問する右京
であったが、神部は口を割らない。

郁子は分かっていた。クローンの技術を使って人が生まれようと
しても、国が動かないことを。一度宿った命を国が奪い去る事は
出来ないし、事実を徹底的に隠蔽する道を選ぶだろうと確信して
いたのだ。

母親が一方的に責められる姿を見て茜は、静かに真実を話し始めた。
茜は、クローンの技術を使って夫をこの世に導き出せないか母親に
問いかけたが、クローン人間は死者と同一人物にはなりえないこと
を告げられる。そこで、息子のクローンならどうかと母親に持ちか
けた。兄は妹の妄言をいさめようとするが、茜の決意は強かった。

自殺をほのめかすことで、茜は母親にクローンの技術を使わせたの
だ。通夜の場所で遺体からサンプルを採取した郁子は、禁断の世界
へと踏み込む。

「母性で粉飾された、科学者の性(さが)」

これが、この事件の真相であり動機だった。悲しい事件の結末だっ
た。しかし、神部はある思いを抱いている。そこで、右京にある提
案を持ちかけた。クローン人間の存在を隠す事を提案したのだ。

無事に生まれた時、クローン人間の生きられる場所はないのではな
いか・・・そう片山に言い含められていた神部は、悩みぬいて右京
に進言したのであろう。

「生まれてくる子供に罪は無い」

それが神戸の信念であり結論であった。しかし、右京はその申し出
を拒絶する。今となっては、法的な問題、倫理的な問題を解決する
事は困難であり、研究者の勇み足を恨めしく思う暇も無い。事件は
確実に解決の方向へと進みだした。

「分かってますよ」

神部はやるせない気持ちのまま、右京に従う。そして、ある行動に
出た。それは、右京も予想しない出来事であった。神部は茜を連れ
て車で逃走したのだ。

二人からの連絡を待つ間、右京と郁子は部屋で待つことにした。
郁子は右京からの指摘に、自分のおろかさを重ねていた。文科省の
人間に真実を打ち明けていなければ、否認を続けていれば良かった
のに、吹聴して回りたいと言う衝動がどこかにあった為、暴露して
しまった。その事を今では後悔していたのだ。

「後悔先に立たず。しかし、それが人間なのでしょうね」

右京は静かに語りかける。暫し、無言の二人。そこへ神戸から連絡
が来る。事情を聞こうとする右京に対し、神部はこう答えた。

「嘉神博士を検挙すると言うんであれば、僕は今すぐ、茜さんのお腹
の子供を始末します」

右京は耳を疑った。神部は、右京に取引を申し出たのだ。子供が産ま
れなければ、嘉神郁子はマッドサイエンティストとして糾弾される。
そうであれば、右京に協力出来ると伝えて来たのだ。

クローンの件には一切目をつぶる・・・そうすればお腹の子供は無事。
検挙を続ける・・・お腹の子供は始末され、通常の事件として処理。

究極の二者択一を右京に迫る神戸。これが相棒としての決断だと神戸
は告げた。

「君は、この僕を脅しているのですか?」

右京は冷静に応対する。どうやら、神戸の真意が少し見えてきた様だ。
茜のすぐ近くで「始末する」と言う台詞は出せないはず。右京はそう
読んだ。神部は悟られた事を認めつつも、覚悟が出来ている事を右京
に伝え、答えを求めた。

「杉下さん!!」

「存外ずるいですねえ、君は。君に、人殺しをさせるわけにいかない
じゃありませんか!」

右京らは、茜のいる場所に急行した。

茜は無事だった。しかし、神部はいない。一人空を見上げ、右京のもと
を去る覚悟を決めていた。そして、郁子と茜は送検される事になる。

クローンの事実を隠したまま・・・。

神戸が、体を張って右京の信念を曲げさせた。右京にとって大切なもの
を奪ったのだ。神部はその事を酷く後悔したが、覚悟を決め右京のもと
に向かった。

右京は部屋で待っていた。そこで、自らの思いを語り神戸に問いかける。
神を冒涜してでも会いたい人物が誰だったのか・・・それを言い当てた
右京。そして、殺された隼人がどう言う人物であったのかを切々と語る。

隼人の信仰心が厚いことは、神学校からの封筒を見て右京は知っていた。
隼人は外国の神学校に留学しようと考えていたらしい。そんな彼の事が、
公判では違う人物としてゆがめられたまま認知される・・・それが右京
には辛かった。

一つの真実を闇に葬ることで、別の真実も闇に葬り去ってしまう・・・
その事を、神戸にも分かって貰いたかったのだ。

ほどなくして、神部は特命係を卒業する。突然の人事異動で「警察庁
長官官房付」を命じられた。裏で手を回したのは長谷川だった。杉下
を黙らせた手腕を買ったらしい。大きな犠牲を払った特命係だったが、
事態はこれで終わらない。公判中に茜が倒れたのだった。

病院に搬送されるも、お腹の子供は助からなかった。悲しい現実が、
天罰と言う形で襲い掛かったのだろうか。公判は振り出しへと戻るも、
既に特命係の二人は別々の道を歩き始めていた。

・・・

今回は、あらすじ形式で書いてみました。いやあ、中々見応えがあり
ましたね。科学の進歩が神の領域に及ぶと、様々な憶測や疑念を呼び
起こしがちですが、殺人事件と織り交ぜながら一つの作品に仕上げて
いる辺りが凄い。

神部は卒業してしまいましたね。結局、長谷川の手によって引き寄せ
られてしまった形ですが、よく出来たシナリオでしたよ。片山議員も
相変わらずの根回しぶりですが、今回は長谷川が活躍していて面白か
ったです。閑職に甘んじている割には、いろんな力を持っていらっし
ゃるw

今後は、長谷川が小野田氏の後継になりそうで気になります。そして、
神部は今でも警察に残っているので、きっと右京と出会う日が来ると
思います。だから、単なる降板とも思えません。そう言う事を感じさ
せるお話でした。

今回は、みんなが罪を犯しましたね。そして、罰を受けてしまった。

右京は、信念を曲げた事で一人の青年の実像を歪めてしまった。
神部は、嘘をついたことで長谷川に気に入られ特命係から異動した。
郁子は、娘に頼まれて禁術を用いた為に息子の信頼や命を失った。
茜は、兄を殺害した事で起訴された。

でも、結局は右京の望んだ形に終わったわけです。茜の子供が死んだ
事で、郁子はクローンの件を黙っている意味は無くなったし、息子の実
像を歪める必要もなくなりました。

この物語で一番の犠牲者は間違いなく隼人でしょう。本来なら、罰を
受ける立場ではないのに殺されてしまっています。母親は終盤で後悔
の涙を流していましたが、これからきっと自首と言う形で罰を受けると
思われます。茜はどうするのか分かりませんが、命を再び失う罰を受
けました。神部は複雑な思いでいる事でしょう。少なくとも、クローン
技術に一定の理解を示していた神戸でしたが、いろいろ矛盾する面も
あった様に感じます。

遺伝子が同一でも、人格は別。遅れて生まれてきた一卵性双生児だと
右京は例えました。まさしくそうだと思います。仮に自分のクローンを
残したとしても、そこに何の意味があるのか?

魂まで同じになると言うのであれば別ですが、人間の領域では辿り着
けない気が致します。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1361:No title by 匿名係長 on 2012/07/24 at 15:43:23

隼人は、クローン人間誕生の事実を告知した。
受胎が成功して育ってる時点で、いくら母のした事が許せなくても
口はつぐむべきだった・・・
事実を明らかにすれば生まれてくる子供はどうなるのかわかりきってるはずなのに・・・

1364:確かに by 管理人です on 2012/07/24 at 17:35:38

その通りですね。まあ、筋書きの都合もかなりあるんでしょうが、
「命」と言う観点で言えばやはり矛盾しています。あるいは、神を
冒涜して生まれてくる「命」は、宗教観から命としては扱えないと言う
考えもあったのでしょうか。母親も科学者の性(さが)で、クローンの
件は認めていたし、そう言う意味では親子揃って無茶をやっているなあ
と感じましたね。

1821:あらすじありがとうございます by 加藤マサル on 2013/03/23 at 18:28:54

どんな内容だったっけかなーって、検索していてヒットしました。

あらすじを拝見し、
全ての記憶がよみがえってきました。

ありがとうございました

1823:こちらこそ by 管理人です on 2013/03/25 at 01:11:54

いえいえ、こちらこそありがとうございます。
今シーズンの相棒も面白いそうですが、録画
するばかりで見る機会を逃しておりますw

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]