トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

いらないなあ、スマホとか

「iPhoneとiPad持ってない人、人生悔い改めて」――孫社長が講演
(ITmedia)


(記事より一部引用)
「iPhone、iPad、スマートフォン、どれも持っていないという人は、
今日から人生を悔い改めていただきたい」――ソフトバンクの孫正義
社長は7月11日、都内で開いた法人向けイベント「SoftBank World
2012」の基調講演で、「過激な言い方」と断りつつもこう呼びかけた。
(引用ここまで)

      ハ,,ハ ハ,,ハ ハ,,ハ ハ,,ハ
     ( ゚ω゚ )゚ω゚ )゚ω゚ )゚ω゚ )  お断りします
    /    \  \  \  \    お断りします
  ((⊂  )   ノ\つノ\つノ\つノ\つ))   お断りします
     (_⌒ヽ ⌒ヽ ⌒ヽ ⌒ヽ       お断りします
      ヽ ヘ } ヘ }  ヘ } ヘ }
  ε≡Ξ ノノ `Jノ `J ノ `J ノ `J
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
3605:任天堂の人気ゲーム「ポケモン」が遂にスマホ独占ゲームが配信。ポケモンまでスマホゲームの時代ってのは誰が予想できたか。 by NINBI on 2016/03/10 at 18:01:40

任天堂の国民的ゲーム「ポケットモンスター」は既に
ポケとるスマホ版が配信され、今年中にはポケモンGOといったスマホゲームが
配信される予定だが、、、ここまではポケモンのプロジェクトとしてはわかりやすいのだが。。。遂に普通の外伝のゲームまで
スマホ独占で任天堂とは関わりないゲームをポケモンがスマホ進出したことになった。ポケとるスマホ版は3DS版の移植でしたし、ポケモンGOは任天堂と関係があって3DSのサン・ムーンとの連動用の新作ゲームですが、今回発表されたゲームは完全にスマホ独占(3DS版の予定なし)でスマホのみで遊ぶゲームだからだ。

・ポケモン×人工知能! スマホ向け戦略対戦ボードゲーム『ポケモンコマスター』2016年春配信決定!

●フィギュアを使って戦う戦略対戦ボードゲーム
ポケモンとHEROZは、スマートフォン用戦略対戦ボードゲーム『ポケモンコマスター』を、2016年春に配信開始することを発表した。対応OSはiOSおよびAndroidで、基本プレイ無料(ゲーム内課金あり)。

『ポケモンコマスター』は、ポケモンのフィギュアを使って戦う戦略対戦ボードゲーム。プレイヤーは、たくさんの異なる特徴を持つポケモンフィギュアを集めて組み合わせ、自分だけのデッキを作って戦う。自分と相手が交互にフィギュアを動かし、先に相手陣地のゴールにたどり着くことが目的だ。

また本作を手掛けるのは、世界最高峰の人工知能(AI)をコア技術として持つHEROZ。同社が手掛けたスマートフォン向けアプリ『将棋ウォーズ』に採用されたAIは、現役のプロ棋士に初めて勝利を収めた実績を持つ。『ポケットモンスター』の世界に強力なAIが組み合わさったことで、今春、新たなポケモンの遊びが誕生することとなった。

『ポケモンコマスター』の発表にともない、ポケモン 代表取締役社長・CEOの石原恒和氏、HEROZ 代表取締役CEOの林隆弘氏、AIエンジニアの平岡拓也氏からのコメントも到着している。


●ポケモン・石原恒和氏コメント

石原さん
「ポケモンを捕まえて、育てて、戦う」というポケモンの遊びのメカニズムを、将棋・囲碁のようなボードゲームと組み合わせて、HEROZさんの最先端のAI開発技術でさらに進化させたのが『ポケモンコマスター』です。
『ポケットモンスター』シリーズではプレイヤーのパートナーはポケモンでしたが、今作ではさらに、頼りになるAIが新たなパートナーとして加わりました。プレイヤーはデッキの組み合わせや戦略を考え、AIはプレイヤーが考えたデッキを対局でどう動かすかを考えます。AIの存在により、『ポケモンコマスター』は、ポケモンとボードゲームのもつ戦略性の高さを好まれる方にはもちろん、多くの方に楽しんでいただけるゲームに仕上がりました。「ポケモンとAI」のコラボレーションによる新たな遊びを、楽しんでいただければと思います。

●HEROZ・林隆弘氏コメント

林さん
『ポケモンコマスター』では、ポケモンとHEROZの最先端のAIがコラボレーションしました。HEROZのAIは、「競争」ではなく「共闘」をテーマに設計されています。AIとの対決よりも、AIが人を助け、時には人がAIを助けるといった、AIとの共闘関係を体験し、楽しんでもらえればと思っております。
AIと共に戦うという新しい遊び方は、ボードゲームの世界に一石ではなく、隕石を投じるくらい、世界を驚かせることができるのではないかと期待しています。ポケモンが、より一層光輝くことに貢献できたらこの上ない喜びです。

●HEROZ・平岡拓也氏コメント

平岡さん
『ポケモンコマスター』のAIは、一般的なボードゲームのAIと同様に、考えられる全ての”次の一手”を試行し、勝率が高い一手を判断します。『ポケモンコマスター』というゲームは、多くのポケモンフィギュアが登場し、将棋のように動かして遊ぶゲームです。どこに動かすか先を読む事が大切ですが、ポケモンの重要な要素である運も非常に大切です。多くの種類のポケモンフィギュアや運の要素も含めて、先を読む非常に高度な処理を行っています。

近年、AIはどんどん賢くなっています。『ポケモンコマスター』のAIも、対局の記録(棋譜)を用いてどんどん賢くなっていきますので、対局で迷ったときは、このAIの力を借りて最良の一手を打ってみて下さい。ボードゲーム初心者の方も安心して『ポケモンコマスター』を楽しめるようになっています!

引用・・・ファミ通

情報源はこちら
http://www.famitsu.com/news/201603/10101102.html

公式サイトはこちら
http://www.pokemon.co.jp/info/2016/03/160310_pc01.html?p001=msign

急にポケモンが新しいスマホゲームを発表して驚きました

新作スマホゲーム「ポケモンコマスター」が2016年春に
スマートフォン向けに配信される事を発表した。

ポケモンコマスターはポケモンのフィギュアを使って戦う戦略対戦ボードゲーム

『ポケモンコマスター』では、沢山の異なる特徴をもつポケモンフィギュアを集めて組み合わせ、自分だけのデッキを作って戦うよ。自分と相手が交互にフィギュアを動かして、先に相手陣地のゴールにたどり着くのが目的となる
ゲームです。

『ポケモンコマスター』を手掛けるのは、世界最高峰の人工知能(AI)をコア技術としてもつ、HEROZ株式会社。同社のスマートフォン向けアプリ「将棋ウォーズ」に採用されているAIは、現役のプロ棋士に初めて勝利した実績を持っている
ゲーム会社との共同開発しているそうです。

株式会社ポケモンの「ポケットモンスター」の世界に、強力なAIが組み合わさったことで、今までにない、新たなポケモンの遊びとなります。

『ポケモンコマスター』はiOS/Androidアプリとして、
2016年春にサービス開始予定となります。

ポケモンは既にスマホの展開はしているものの、今回のスマホゲームは
3DS版の予定は無い。またポケモンGOのように任天堂との関わりも一切無し
ということになっている。

というよりもポケモンは任天堂のゲームと勘違いしている人も結構いますが、
ポケモンが任天堂のゲームというのは間違っていませんが、

ポケモンだけ実は特殊な契約があるようです。

任天堂との規約により、ポケモンは自身で会社を設立しているからか、
ソフトメーカー扱いにもなるので任天堂以外でのビジネスで展開することは
許されているそうです。つまり、カプコンとスクエニのように自身でもゲーム
出してもいいですよ。という契約がポケモンだけ存在するようです。

ただ、元々は任天堂のゲームなのでソニーやマイクロソフトのゲーム機で発売されることは許可されていません。ただし任天堂以外でのハードはパソコンかスマホならOKのようです。これはゲーム機ではないから。という理由なんだとか。

これを考えるとどうしてそうなったのか。という話なんですよね。

任天堂だけの展開がポケモンでも難しくなったという問題もあるのでしょう。
近年ではゲーム機は低迷していますし、ゲーム機以外でのビジネスとして
成功しやすいのはスマホでしょうからそうなったのだと予想します。

それに任天堂自身もスマホにゲームを出す時代に今年から入ろうとしていますから、任天堂はスマホに関しては他ハードという認識ではないのでしょうね。

今回発表されたポケモンのスマホゲームですが、将棋のスマホゲームが
出ており、それをポケモン版にしたようです。

これまでにポケモンは任天堂ハードでも外伝やスピンオフ作品が発売してきた
しかし、近年ではスピンオフのポケモンは例外を除いたとして
ほとんど基本無料化していることもあります。

名探偵ピカチュウのように分割でのダウンロード専用ソフトになりましたし、
任天堂ハードでのパッケージソフト化はしないのでしょうね。
中でもポケモン不思議のダンジョンぐらいはパッケージ化すると思います。

私から見ると、ポケモンがこうやってスマホゲームでの展開をしていくのは
将来性としては予想していませんでしたね。

妖怪ウォッチも既にスマホゲーム出していますし、子供たちはもう、
スマートフォンぐらいは持っているという認識なんでしょうね。

我々が小学生の頃は携帯電話なんて高校生からという認識でしたし、
一部の小学生だけは携帯電話を持っているという感じでしたけど、
今はそういうわけではないんだとか。

ポケモンも任天堂もスマホにもゲーム出すしかない時代が来てしまった
という事なんですよね。結局のところは(笑)

ただ、本編は任天堂ハードって決められていますからね。
似たようなゲームはポケモンGOで展開していくでしょうけどね。

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]