トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

ヤリ投げの練習で、女子生徒の頭部に直撃・重傷

高1の頭にやり刺さる 福山(中国新聞)

(記事より一部引用)
16日午前11時25分ごろ、福山市御幸町上岩成の福山平成大
のグラウンドで、部活動のため同大を訪れていた神辺旭高1年
女子生徒(15)の頭に、同大陸上競技部の2年男子学生(19)
が練習で投げたやりが刺さった。女子生徒は重傷。福山北署は
安全管理に問題がなかったか調べている。

福山北署の調べでは、やりはアルミ製で長さ約2メートル60
センチ、重さ800グラム。男子学生は2人で練習し、グラウンド
南東の砂場に向け投げていた。「投げます」と声を出し、注意を
促したが、誤ってやりの方向が右にそれ、約60メートル離れた
砂場南側を歩いていた女子生徒の左側頭部を直撃した。
(引用ここまで)

安全管理の難しさを露呈した今回の事故。当事者が誰も想定
していなかった最悪の事故が起きてしまいました。被害に遭っ
た女子生徒は、陸上競技部のマネジャーだったそうです。耐震
工事の為、高校のグラウンドが使えないとして、他の部員ら約
50人とともにやって来たとか。事故は、生徒が他にも数人いる
状況で発生した模様。

現地解散後の事故ですので、女子生徒にも多少の気の緩みが
あったとは思いますが、不慣れな場所での出来事ですので不運
だったと言わざるを得ません。まさか、自分の頭に槍が刺さると
は思っても見なかった事でしょう。

問題は、この事故を誰も想定していなかったと言う点です。槍投げ
による事故は世界でも事例が報告されていますし、計測員の腕に
刺さっている動画もアップされるほど有名です。故に、男子学生は
作法通り大声で投げる予告をしておりました。その声には周囲の
高校生達も気付いていたそうです。

しかし、運悪く投げた方向がそれてしまい、女子生徒を直撃してし
まいました。せめて、投げる側も人が通り過ぎるまで待てば良かっ
たのに・・・この辺が一番に悔やまれます。

いずれにしても、女子生徒が無事に回復する事を祈るのみです。

蛇足ですが、私自身も危険だなと思う事がありましたね。幹線道路
で渋滞にはまりノロノロ運転をしていたら、目の前をテニスボール
が通過して行った事がありました。バイクの運転手がいたら直撃を
していたかもしれません。硬式ボールは軟式と違って硬いですから、
当たると洒落になりません。よく考えると、学校の運動場が道路に
面しているのが宜しくない。防護ネットで対処はしてある様ですが、
テニスコートを道路に相対して配置する感覚がおかしいんですよね。

なぜ、道路と平行にしないのか、平行にしていれば球が飛びすぎて
道路に向かう事もなかったはず。道路に面しているところは通用口
もあるから、どうしてもネットでは覆い切れません。こう言う事柄か
ら事故って起きるんだなと思った次第。あれからルートを変えたの
で最近まで知らなかったのですが、運動場が改善されている事に
気付きました。きっと、クレームがあったのでしょう。

それにしても、今回の事故はよく分かりませんね。方向がそれる事
を予期しないまま練習を続けたのは、選手の指導者が悪いんでしょ
う。もちろん選手も良くはないけど、こう言うのは学校の関係者が
ちゃんと指導をするべきです。人に向かって投げないのは当たり前
だとして、方向がそれる事も予期した練習をさせるのが本当の一流
だと思います。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]