トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

中学生自殺、無力な教師と教育委員会 続々々々々々報

前回の続きです。

大津・中学生いじめ自殺事件 ニヤケ校長は本誌直撃取材に
も反省ゼロ 美人市長に届いていた文書が示す「ひどい現実」
(現代ビジネス)


(記事より一部引用)
右手を前に突き出し、いかにも迷惑そうな表情でフラッシュを
さえぎる写真の男。昨年10月に自殺した中学2年生の広樹くん
(当時13)が通っていた、滋賀県大津市立中学校の藤本一夫校
長(59)である。

同級生3人による壮絶ないじめの内容が公表されたことで日本
中の耳目を集めている同校だが、校長はしばらくの間、公の場
には姿を現していなかった。

「7月になって自殺が大きく報道されると、校長先生を学校で見
かけることもほとんどなくなりました。最近は『報道には嘘が含ま
れている』と校内放送で訴えていたので、いじめを認めたくない
んだと思いました」(中学3年生の男子生徒)

そんな校長がようやく報道陣の前に姿を現したのは、冒頭のシー
ンの3日前の7月14日。教育長と市役所で開いた会見でのことだ
った。そこでは、広樹くんの自殺前に「いじめの認識はなかった」
と明言し、暴行についても「けんかと判断した」と主張。ひたすら
保身に終始したのである。最終的には「聞き取りが不十分で、
大きな見落としであると感じている」として責任の一端を認めた
が、いじめの判断基準について説明する際には薄ら笑いを浮か
べるなど、とても問題に真摯に向き合っているとは思えない態度
を見せたのだった。

真意を尋ねるべく、本誌は出勤する校長を自宅前で待ち、軽トラ
ックに乗ってガレージから出てきた本人に直撃取材を敢行した。

(中略)

市側は7月17日に「いじめと自殺の因果関係は不明」という姿勢
を撤回。同日に行われた、遺族が市や加害者などを訴えた訴訟
の第2回口頭弁論の終了後、市長が改めて学校・市教委の調査
が不十分だったことを認め、謝罪をした。

「市長は遺族との和解の方針を示しましたが、その日に行われた
囲み取材であろうことか『実は、広樹くんは父親からDVを受けて
いた』と記者らに話したんです。自殺の原因はいじめだけではな
い、ということを言いたかったのでしょうが、あまりにも責任転嫁な
感は拭えませんでした」(全国紙社会部デスク)
(引用ここまで)

7月17日に市役所で会見した沢村教育長が、「自殺にはいじめ以外
の要因もあった」と主張していましたね。ひょっとしたら、この事を指
しての発言だったのかもしれません。しかし、このDVと言う表現は少
し意味合いが違うと思うのです。

身内の中で起こる暴力は「ドメスティック・バイオレンス」と呼びます。
domestic violenceの略称を取りDVと表現されるのが通例です。
今回の発言は、父親が自殺した息子に対して行った暴力行為を、
事実として端的に捉えただけのものであり、その背景をしっかりと
見据えた上で行った発言ではない様に思えます。

もし、単に「暴力を振るった」と言う事実だけを指して、遺族側の印象
を下げる目的で発言をしたのだとしたら、和解以前の話です。互いの
信頼関係を更に悪化させるだけでしょう。

弁護士の知識が、良からぬ事を思い描いていた可能性は否定出来ま
せん。少なくとも公職にあり、かつ和解を前提にしている市長が口に
して良い台詞ではない様に感じます。

大津市の女性市長である越直美(こしなおみ)氏は、弁護士の経歴を
持ち、早稲田大学大学院の非常勤講師も歴任していました。自身も
イジメの被害を受けた事があると公言し、涙を流しながら杜撰な調査
について振り返っていた人物です。イジメの問題があった当時の市長
では無いため、事実関係の把握が遅れた事は仕方ない面もあります。
プロフィール

しかし、父親がなぜ暴力をふるったのかについて、市長は説明をして
いない様です。DVがあった事を記者団に漏らしたのは、おそらく一定
の責任逃れを意図しての事でありましょう。非は学校や市だけに留ま
らない事を、敢えて強調したかったのだと思われます。しかし、予防
線の張り方としてはかなり露骨なやり方だと感じました。真摯に問題
を見つめようとする姿勢には、程遠いのではないでしょうか。

あくまでも想像の域を出ませんが・・・

子供が脅されて金を抜き取っていた、その事を問い質しても本人が喋
らなければ、焦った父親も手を出すしかなかった・・・。

もしもDVに理由があるのだとしたら、こうした理由ではないかと想像し
ます。

子の将来を思い殴る、あるいは心情的に理解出来る理由で相手を殴る、
その事で子供が悲観をし自殺したとしても、それらは全体の一部でし
かありません。もしも、父親が教育を放棄し、殴る事だけに専念して
いたのであれば、この父親とて非難は免れないでしょう。

しかし、だからと言って自殺との因果関係から学校を外す事は無理だ
と私は思います。むしろ、調査結果を放棄し、生徒らに脅しをかけ続け、
隠蔽をひたすら繰り返した学校は、加害者らと同罪であります。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]