トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

光回線の勧誘には目に余るものがある! その後の後の後

前回の続きです。以前ほどではないですが、今でも勧誘の電話が
来ます。しつこいです。そして、先日もお決まりのメールが・・・。

(一部引用)
【重要】Yahoo! BB代理店をかたった電話勧誘にご注意ください!

平素はYahoo! BBサービスをご利用いただき、誠にありがとうござ
います。昨今、Yahoo! BBの会員のお客様に対して、光回線サー
ビスに関する悪質な電話勧誘が発生しております。

具体的には、当社やYahoo! BB代理店をかたるなど、自社名を名乗
らない業者による電話や、「もうすぐADSLがなくなります」「機器交換
が必要なのでサービス変更をお勧めします」など、虚偽の内容で光
回線サービスを勧めるものです。

当社やYahoo! BB代理店では、会員のお客様および一般のご家庭
への電話による勧誘は一切行っておりません。こうした悪質な電話
勧誘には応じないよう、くれぐれもご注意ください。また、お客様の
大切な個人情報についてもお答えにならないよう、十分ご注意くだ
さいますようお願いいたします。
(引用ここまで)

これって、不思議なお知らせなんですよね。なぜなら、電話勧誘を
しているのは代理店ではないと断言しているから。じゃあ、どこが
勧誘の電話をしているのでしょうね。代理店でなければ、一体どこ
なんだと。

うちがヤフーBBの会員だと知って電話をして来ているのも気になる
し、中にはそれすらも明らかにしないで探りの電話を入れて来る事
もあります。NTT系列から電話が来た事もあったけど、件数で言う
ならヤフー系が今でも多いと思います。

以前みたいに狂った様な電話は来ませんが、ほんとシツコイ。同じ
電話応対にも疲れます。特に夕食時や準備中に掛かってくるのが
憎たらしい。光回線も安ければ加入するけど、戸建ては高いっつー
の!

ADSLを使っていると既存の固定電話回線が生かせるから安心です。
なにせ、固定回線は停電に強い。意外なことに、光回線は停電に
なると使えないんですよね。挙句にIP電話もつながらなくなる。NTT
の固定電話回線は基本料が発生するけど、ADSLの為の料金だと
思えるからまだいいんです。

光にはその辺のメリットが一切無い。加入したらNTTの回線を休止
しないと、基本料金が無駄になってしまうから煩わしい。

とは言え、メタル回線や関連設備は老朽化が進んでおり、NTTとし
ても維持費用が物凄くかかっている。ユニバーサル料金を皆で負担
して、公衆電話機や緊急通報網を維持しているのが現状です。故に、
NTTとしては電話線を光ファイバー化してメタル回線は無くしたい所。
それが、既存の電話機を使ったりADSLを利用しているせいで、いつ
までも電柱のメタル回線が撤去出来ないと言うのはジレンマです。

一方でヤフーBBはと言うと、キャンペーンでADSLの新規顧客を獲得
し続けており、虎視眈々と光回線への誘導も狙っている様子。各社
の思惑もあって、光回線に変えて貰いたいと言うのが本音なんでし
ょう。

以前、ソフトバンクが「光の道」構想を大々的に取り上げたことがあ
りました。A案とB案を提示してB案の方が優れていると力説していた
アレです。今は、念願だったプラチナバンド化の為に経営資源を集中
させる必要があるので中座した格好ですが・・・。

あの提案で、整備投資額がNTTの3.8兆円に対してソフトバンクは3.1
兆円と7000億円も低かった事が、「過小見積もりではないか」と疑問
視されましたね。他にも、設備保全費や減価償却費、管理費用などで
NTTと大きな開きがあった事を思い出します。むろん、NTTが殿様商売
によるザル勘定だと言うのは今更の感が否めませんが、ソフトバンクの
見積もりも楽観過ぎだと言う指摘があった様に記憶しています。

ソフトバンクが光に拘るのは、NTT局舎に収容している自社装置の耐用
年数が近づいている事も背景にあるのではないかと言う指摘があります。
業務用の装置はどうしても割高になるので、一斉交換ともなれば出費も
相当なはず。むろん、その辺はNTTも同じでしょう。ましてや、光設備と
ADSLが共存していればコストも増します。どちらかに統一をした方が
利口なのは当然のこと。

もとよりADSLは万能なサービスではありません。局舎から4km以上も
離れるとダメだと言われています。実際はケースバイケースになるの
で、こうした「不明確さ」がADSLサービスの欠点でもあります。実際
のところ、開通して見ないと分からないサービスなのです。

光ならこうした問題が解消されます。距離に関係なく多くの顧客に利用
して貰えるサービスなので、スケールメリットも生まれ易い。問題は、
光ファイバー網の整備であります。主要都市ではかなり整備が進んで
来ていますが、地方は中々難しい。それでも日々対応する地域は拡大
しており、2010年現在の普及率は35%(FTTHとして)だそうです。

携帯電話の普及で、年々メタル回線を使った固定電話やADSL利用者
は減少傾向にあり、光回線は増え続けています。いずれはメタル回線
網も全面撤廃になる事でしょう。そうなれば、ADSLサービスも廃止に
なって行きます。

今はその過渡期です。顧客の争奪戦が水面下で続いております。その
中でも強引なのが電話勧誘だと言う事。しかし、そのやり方が迷惑す
ぎる。中には嘘を言って契約させようとするところもありますから・・・。

ただ、無線通信を使う人たちも増えてきており、無理に有線でつなぐ
理由もなくなって来ました。携帯機器でブロードバンド通信を行うと
高くつきますが、定額制の導入やスポットの増加などで利用者は増え
続けております。ADSLが使えない環境の人でも、WiMAXで最大40Mbps
の通信が可能となれば気持ちが動いても不思議ではありません。

「光の道」計画は果たして、思惑通りに進むのでしょうか?
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]