トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

警官が銃を構えたら、それは死への合図

白昼のニューヨーク繁華街、警官がナイフ男を射殺(産経新聞)

(記事より一部引用)
米ニューヨークの繁華街タイムズ・スクエアで11日、警察官が
銃を発砲する騒ぎがあった。CNNが伝えた。この日午後3時
ごろ、大麻のようなものを吸っていた男(51)に警察官が近づく
と、男がナイフを取り出した。
(引用ここまで)

男は警察官の説得を無視し抵抗を続けた為、射殺されました。
発砲した警察官は2人で、男は搬送先の病院で死亡しています。
当初、警察側は催涙スプレーを使いましたが、効果がなかった
事から銃を使った模様。

米国では容赦なく発砲しますから、多くの容疑者たちは警官が
銃を構えた途端に抵抗を止め、腹ばいになるのが普通だと思っ
ていました。この模様は、通行人が撮影した動画がネット上に流
れています。その映像を見る限りでは、男が激しく抵抗している
感じは見受けられませんでした。

なぜ、複数の警察官がいながら、足などを狙わなかったのか?

これが最大の謎ではありますが、最近も薬物中毒者が顔面を
貪り食う事件があったばかりなので、警察官も慎重になっている
のでしょうか。特に、説得しても聞く耳を持たない相手には躊躇
せず挑んでいる気がします。

これだと、酔っ払いがナイフを振り回した時点で人生が終わって
も不思議ではありませんね。相手が白人だったらどうだったのか
気になるところではありますが。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]