トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

アスペルガー患者は、一部の脳血流量が少ない事が判明 

脳血流量少なく アスペルガー患者、表情認識時(京都新聞)

(記事より一部引用)
発達障害の一つであるアスペルガー症候群などの患者と健常
者では、人間の表情が変化する動画を見たときの脳の活動に
明確な違いがあることを、京都大の佐藤弥白眉センター准教授
(脳科学)、十一元三医学研究科教授たちのグループが突き止
めた。発達障害の客観的な診断法の開発や治療につながる成
果といい、17日までに英医学誌に発表した。

発達障害の診断は、主に患者の行動などを分析して行われて
いる。脳の機能障害とされているが、表情の静止画を見せた
ときの脳血流の変化をfMRI(機能的磁気共鳴画像装置)で調
べる研究では、健常者との明確な違いは分かっていなかった。
(引用ここまで)

身近なところにも、そして誰にでも潜んでいる精神疾患。病的な
レベルは人それぞれですが、みんな何らかの欠陥や問題を抱え
て生きています。

その中でも、比較的気になるのがアスペルガーの人たち。見た目
は普通の人に見えるのに、なぜかうまく会話が成立しない。一つ
の事に異常にこだわるし、没頭すると他が見えない・・・そう言う
人たちです。

今回の研究では、無表情から笑顔(または、こわばった顔)に変化
する動画を被験者に見せる方法を採用しています。20~30歳代の
患者12人と、健常者の13人に動画を見せ、脳血流の変化をfMRI
と言う機械で調べたそうです。それによれば、前頭葉にある「下前
頭回(かぜんとうかい)」や「上側頭溝(じょうそくとうこう)」など5ヶ
所の領域で、血流量が少なかったとか。運動や認識を支配する
大切な領域ですが、下前頭回と上側頭溝との神経回路が正常に
機能していない事が原因で、人の表情を上手く理解出来ていない
と見られています。

こうした事から、検査を通じてアスペルガーの診断が出来るのでは
ないかと考えられています。

アスペルガーの厄介なところは、知能的に大きな問題がある様には
見えないこと。ところが、実際に仕事を頼んだり付き合いをする様
になると、常人とは違う何かを感じるようになります。本人にして見
れば、理不尽な事で怒られたり阻害されていると感じる事もあるら
しく、意味不明なタイミングで突然怒り出したりします。

(例えばこんな感じ。2chより一部引用。)
14 :名無しのひみつ:2012/08/19(日) 01:11:34.96
ID:j04NbGMt

俺、アスペだけど
>>1「他者の表情を認識する側頭葉の「上側頭溝(じょうそくとうこう)」
など五つの領域で血流量が少なかった。」 だから何なの?って感じ。
それって商売でただ単に「売り上げが悪いです!」って言ってるのとな
のも変わらない。だからこうすればいいのではないかとか、こう考える
べきとか具体的なこと言えよ!

そんな抽象的な事言って誰が救われるんや!
(引用ここまで)

具体的に説明されないと理解出来ない、相手の腹の中を探るのが苦手、
こうした特徴を有するのがアスペルガーの人たち。でも、これって他の
一般人でも意外と身に覚えがあるのでは?

幻覚が見える、幻聴が聞こえる、普段出来る事が出来なくなる・・・
これらは脳内のどこかで問題が起こっている証拠なんだとか。特に隠れ
脳梗塞などは、本人の自覚無しに起こるそうですから気をつけないと
いけません。

心の病は誰の身にでも起こり得ます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]