トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

火星に人が住めたらいいな

Mountains of Mars: Bleak grandeur of the Red Planet is captured
by Nasa's £1.6billion robot(Mail Online)


このたび、火星の様子を鮮明に映し出した画像が公開されました。
まるで地球のどこかを思わせるような姿に驚くと同時に、思わず人
類の移住も可能なのではないかと思ってしまいます。

火星は月とは異なり、地球に似た性質を持っています。この事は、
第二の地球になる可能性を示すものであり、現在まで注目されて
来ました。また、地球の内側を公転している金星も候補として注目
されていましたが、最近までの研究で温室効果による影響が凄ま
じい事が分かって来ました。金星の地表温度は、400度以上にも
達すると言われています。

火星は1日に相当する時間の長さが地球のものと近く、太陽日は
24時間39分35.244秒だそうです。表面積が地球の陸地部分を合わ
せた大きさと近い事から、開発をする上でも丁度よいサイズだと言わ
れています。赤道傾斜角から見ると、火星が25.19°で地球が23.44°
と近いのも好条件です。この事は、火星の季節が地球とよく似ている
事を示しています。ただ、公転周期の関係で火星の1年は地球の1.8
倍に相当することから、各季節は2倍近い長さとなる様です。

火星には大気が存在し、地球の0.7%と薄いながらも太陽や宇宙線の
影響を和らげているそうです。最近の研究では、水の存在や生命の
維持に必要な元素などが豊富にあるのではないかと見る研究者もい
るとか。

難を言うなら、表面重力が地球の1/3しかない事と、平均表面温度が
-43℃、最低温度で-140℃と言う極寒の地であると言うのが一番の
問題でありましょう。楕円の軌道を描くことから、太陽との距離が大き
く変動する為、地球以上に太陽の恩恵を受け難い様です。

課題は大気をどうやって温存するのかと言う事。真空に近いとされる
火星の大気を改善し、維持して行く事が秘術的にも難しいそうです。
そこで、シェルターの様な密閉出来る空間を用意し、そこに居住させ
る案も出ているとか。北極や南極の環境を思えば、あながち無謀な
話ではないのかもしれませんね。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]