トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

中国メーカー、太陽光発電パネルの在庫過多で一転して苦境へ

中国ソーラー、軒並み赤字に 供給過剰、日本市場は日系強く
(サンケイビズ)


(記事より一部引用)
低価格の商品を投入して市場を席巻する中国の太陽電池メーカー
の今年4~6月期決算が相次ぎ赤字となり、太陽光パネルの在庫
が急増するなど、苦境が鮮明になってきた。ドイツなど欧州の固定
価格買い取り制度の変更や欧州債務危機で欧州での需要が急減
するなか、過剰設備から脱するのは簡単ではなさそうだ。
(引用ここまで)

ここ数年、太陽光発電パネルは全世界規模で脚光を浴びて来まし
た。しかしながら、格安で製造・出荷出来る中国産に圧される形で
日本の製品は低落傾向にありました。

しかし、ここに来て在庫過剰の影響で中国メーカーが苦境に立たさ
れております。記事によれば、大手のメーカーが軒並み減収・赤字
と言う状況で、過剰生産によるツケが如実に現れております。

英利緑色能源(インリーソーラー)の場合、4~6月期決算の売上高
が前年同期比29.4%減の約380億円、営業損益は前年同期の8140
万ドルの黒字から5100万ドルの赤字に転落した模様。在庫量も増え
て6億150万ドル(前年比52%増)と言う有様。

他にもトリナソーラーが売上高で40%ほど減少、JAソーラーは赤字、
サンテックパワーも粗利益率レベルでマイナスになったと記事は伝
えています。

儲かるからと、他国の芽を潰さんばかりに過剰生産して来たツケだ
と思われますが、今後こうした在庫を投げ出す事にならないか心配
です。価格の崩壊は消費者に一時的な恩恵を与えますが、決して
長続きするものではありません。良い品を製造出来る日本の技術を
この機会にアピールして、価格崩壊に立ち向かって欲しい。

もちろん、競争により価格が下がるのは嬉しい事です。日本の企業
が体力を削がれない形での競争なら歓迎します。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]