トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

困っている人は見捨てない、日本人の美徳

「愛国」富士登山のはずが… 中国の教育パパに批判集中(朝日新聞)

(記事より一部引用)
スパルタ教育で知られる中国の男性が、4歳の息子を連れて富士山に
登った。鍛錬と領土問題を訴える狙いだったが、食料や装備が不十分
で登頂を断念。山小屋の日本人に助けられた。中国は教育熱が高く、
「愛国」のさなかにもかかわらず、「児童虐待」「恥知らず」と批判を浴
びている。
(引用ここまで)



登山シーズンを過ぎた富士山へ、4歳の子供を連れて制覇に来た中国人。
山小屋の主に諭されて命を救われました。食料も不足したままやって来て、
子供は高山病に苦しみながら泣いていたそうです。

中国政府が主導する愛国運動は、いろんな形で歪を生んでいますね。今回
は命があったから良かったけど、日本人が同じ事を中国でしたら助けて貰
えないかもしれませんよ。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]