トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

相棒11・第1話「聖域」

シーズン11到来!ついに、新相棒が登場!!メインテーマも
スピード感溢れる感じでGood!! 前回までのお洒落でムーディ
な曲調も悪くはなかったけど、やっぱりこっちが相棒の原点らし
くてイイ!雨に打たれてさ迷う青年と、傘を持ち私に付いて来る
かいと微笑む右京がかっこいい。最後のカットで右京が表情を
変えているところが何ともw 私は厳しいよと言う暗示ですか?

第1話「聖域」の感想です。脚本は輿水泰弘、監督は和泉聖治、
ゲストは賀来千香子、山田純大、団時朗、小林正寛と言う至福
の組合わせ。特に団時朗さんの慇懃無礼なところが最高でした。

冒頭から奇妙な出会いの仕方をする相棒たち。新米刑事に取っ
ては、これからを占う重要なエピソードとなりました。

今度の相棒は、成宮寛貴さんが演じる甲斐享(かい・とおる)。
略してカイト君w いやあ、暇課長が卑屈なまでに笑顔だぞw

面白いのはサラブレッドの血筋。階級社会において、これほど
威力を発揮する武器も見当たりません。カイトの父親は警察庁
次長の甲斐峯秋(みねあき)ですが、この役を石坂浩二さんが
面白く演じておりました。腹に含みを持たせた感じの演技をして
いましたね。わざとそう言う喋り方をして、雰囲気を醸しだしてい
ました。まあ、父親としては息子が粗相をしでかす前に警察を
退職して貰いたいと言うのが本音みたいですが・・・。

享の恋人役は元宝塚歌劇団のトップスターである真飛聖(まとぶ
・せい)さんが担当。中々背筋のしっかりした演技をしておられま
したね。さすが、演技の基礎がしっかりしているから安心して見る
事が出来ました。

さて・・・事件の内容についてはネタバレになるので概要だけ触れ
ておきたいと思います。

・銃の暴発で一人の女性が日本総領事公邸の中で死亡する。
・甲斐享も公邸にいて、この事件に遭遇する。
・事故を隠蔽する為に、先輩から口止めされる。
・総領事は全ての真相を知った上で、裏工作を始める。
・裏工作が裏目に出て、総領事自身が命を狙われる。
・実は事故ではなく事件だった事が判明。
・事件の裏には意外な背景が・・・。

終盤では右京が徹底的に推理を行い、犯人へと迫って行きます。
途中、甲斐が無茶な行動に出ますが、右京により鎮圧されます。
そして、全ての真相が明らかになるのですが・・・。

面白いのは総領事が全てを承知の上で動いていた事。当初はそん
な事を微塵も感じさせなかったのですが、事件の本質を最初から
見抜いていた様です。それにしても、団時朗さんはドラキュラ伯
爵みたいになって来ましたね。今回の役が凄くハマっていました。
また、甲斐の上司として欽ちゃんファミリーの山口良一さんが出
ていましたね。こちらも中々お似合いでしたよ。

賀来千香子さんも相変わらず声が裏返っていましたが、円熟味の
増した演技で良かったです。そして、この人が殺人に関わってい
る事は明白なのですが、事件の主犯格が他にもいると言う辺りが
実に相棒らしい筋書き。

今回の初回スペシャルでは「聖域」と言う題名が付いていました。
文字通り治外法権の場で起きた事件と言う事なので、外国の司法
権が及ばないまま話が進んで行きます。しかし、日本では考えら
れない趣味(銃のコレクション)を持っていた総領事は、あまり人
からは好かれていなかった様です。特に、親しい人には・・・。

さあ、これ以上はネタバレになるのでやめておきましょう。

ところで、前任者の神部は優秀な刑事でした。その前の亀山薫は
熱血漢溢れる人物で、右京の正義を彼らなりにサポートしていた
と思います。彼らは「人材の墓場」と言われる特命係で何年も杉下
右京と事件の解決に当たって来ました。

今度の新相棒は少し癖のある今時の若者です。目上の者に対する
態度もそれなりでして、あまり好感の持てる人物ではありません。
加えて、血気盛んのひねくれ者と言う印象。父親から疎まれ、父親
に対する嫌悪感を隠そうとしない彼は、なぜか右京から相棒に指名
をされます。父親は人材の墓場に押しやる事が出来て安堵している
様ですが、果たして思惑通りに行くのやら。

右京の気持ちはともかくとして、嫌々ながらも特命係にやって来た
甲斐享は中々の難物です。亀山は右京にコンプレックスを抱きつつ
も尊敬の気持ちを最後まで捨てませんでしたし、神部も悩みながら
右京の背中について来た気がします。しかし、今度の若者は今まで
のどのタイプにも属しません。得体の知れない右京に尊敬の念など
全く持たないし、そもそも付き慕う理由もありません。およそ自分の
流儀と合わない者には、全く迎合しない人物のように見えます。

とは言え、根津(山田純大)を先輩として慕う姿を見る限り、信頼を持
てる相手にだけは心を許すタイプの様です。今回はその先輩が最後
まで甲斐の心を揺さぶり続けておりました。

その先輩を演じたのが山田純大さん。ご存知の方は水戸黄門第29部
-第31部で渥美格之進を担当した事をご記憶かもしれません。この方
も中々存在感のある演技をされていました。そのせいか、今回の相棒
はスペシャルらしい内容に仕上がっていたと思います。さすがは輿水
&和泉の名コンビであります。練られた脚本と絶妙なシーンの連続で、
十分に堪能させてもらえました。

今回一番笑えたのは、甲斐から「友達いないでしょ?」と言われた右京
さんの反応でした。本当に無言で、ああ図星だったんだなとw

そして、久々に右京が激高する姿に感動しました。ノラリクラリと追求
を跳ね除けた真犯人も、右京のしつこさに辟易とした模様。そうです、
右京はとてもしつこいのでした。
トラックバック
by 恋愛コラムリーダー ~Love Column Reader~ on 2012/10/11 at 21:05:59

突然ですが、みなさんは今、幸せですか? 10点満点で表すと何点でしょうか? 日々、できれば幸せを感じて生活したいものですよね。何が女性の幸せ度に影響を与えているのか、今回

トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]