トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

祝・川原和久さん、松本紀保さんとご結婚 旧知のあの人は・・・

女性セブン2012年11月22日号のなかで、興味深い記事が掲載されて
いましたね。人気ドラマの「相棒」を巡り、関係者の見えざる苦悩と確執
について書かれていました。

折りしも10月29日は、松本幸四郎(70才)さんのご息女である松本紀保
(41才)さんと、「相棒」で伊丹憲一役として知られる川原和久(50才)さん
の結婚披露宴が開かれていたとか。そのおめでたい席に、かつてドラマ
で共演した寺脇さんの姿はなかったそうです。(仕事の都合で出席できず、
ビデオレターでの参加となったとか。ソースは2ちゃん。)

(記事より一部引用)
「媒酌人を務めた水谷豊(60才)のほか、及川光博(43才)・檀れい(41才)
夫妻、成宮寛貴(30才)、岸部一徳(65才)、六角精児(50才)ら、『相棒』の
キャストが顔を揃えたが、約9年間も水谷とパートナーを組んでいた初代
“相棒”の寺脇康文(50才)の姿はなかった。
(引用ここまで)

寺脇さんと言えば、相棒へ出演していた時代に主演の水谷さんと確執が
起こり、卒業と言う形で寺脇さんが身を引いたと言う経緯があった様です。

(記事より一部引用)
そもそも水谷に憧れて芸能界に入ったという寺脇。1991年放送の『刑事貴族
2』(日本テレビ系)で水谷と初共演を果たし、2000年スタートの『相棒』で亀山
薫役に抜擢されると、毎回、リハーサル前から水谷やスタッフと念入りな打ち
合わせをしながらドラマ作りに励んだ。

だが、シリーズを重ねるにつれて、ふたりの距離は徐々に開いていった。寺脇
には、『相棒』を人気シリーズにしたのには、自分も少なからず貢献していると
いう自負があり、撮影現場で、意見することも多くなったという。水谷が考えた
演出プランと違うプランを出すこともあったようだ。
(引用ここまで)

この辺の話は、当時話題になりましたね。特に一部の週刊誌で取り上げられた
後は、水谷さんへのバッシングも増えて行ったと思います。

(記事より一部引用)
やがて、恒例だったリハーサル前の打ち合わせも行われなくなり、寺脇が意見
を言っても、撮影に取り入れられないことが増えていった。このころ、寺脇は行き
つけの和食店で、俳優仲間にこんな苦悩を打ち明けていた。

「結局、水谷さんには気持ちが届かなかったのかもしれない」
「水谷さんとは、空気が違うのかなって思ったんだよね…」

いつもは明るく酒を楽しむ寺脇が、このときばかりは、しんみりと話していたと
いう。寺脇の落ち込みぶりに、一緒にいた俳優仲間は、ただただ「うん、うん…」
とうなずくことしかできなかった。そして、寺脇は意を決したかのように、こう言い
放った。

「水谷さんから卒業する時期なのかもしれない!」

寺脇の『相棒』卒業が発表されたのは、それから間もなくのことだった。2008年
年末、シーズン7の途中で、亀山刑事は警察を辞職し、海外へと旅立っていった。

「降板は、寺脇さんの方から言い出したそうです。これ以上、憧れの水谷さんと
の関係を悪化させたくない。今が引き際と思ったんでしょう」
(引用ここまで)

かつての仲間の結婚披露宴にすら出席が出来ないと言う事は、個人的な確執
がまだ続いていたのでしょうか。普通、この手の予定は相当前から分かってい
るはずだし、呼びかける側も仕事に支障が起こらない様に考えるものだと思う
のですが・・・。

それでも、ビデオレターでお祝いのメッセージを届けたと言う話もある様なの
で、そこまで深刻なものではないのかもしれませんね。

さて寺脇さんが降板後、水谷さんの新しい相棒となったのが及川光博さんでし
た。しかし、その及川さんも妻である檀れいさん以外との密会報道が起こって、
水谷さんとの関係が更にギクシャクしてしまったと、週刊誌上で指摘されてい
ましたね。結局、及川さんも数シーズン後に降板してしまうのですが、その後
の映画にも登場するなど、作品と縁が切れてしまったわけではなさそうです。

(女性セブン2012年9月13日号より一部引用)
昨年9月、及川の不倫疑惑が報じられたのだ。若い女性とふたりっきりで和食
店に立ち寄った後、雨のなか相合傘で串揚げ店へとはしごすると、デートは
深夜0時半過ぎまで続いたという。そしてその際、及川の左手薬指に結婚指輪
はなかった。

心配する友人らに檀は、「あの女性は私も知り合いだから大丈夫よ」と説明し
ていたが、その裏で大激怒している人物がいた。ふたりのキューピッドでも
ある、『相棒』で主役を務める水谷豊(60才)だ。

「水谷さんは愛妻家で、収録現場の雰囲気をいちばん大事にする人。新婚の
及川さんがどうしてそんな軽率な行動をとったのか理解できなかったんです。
そのせいで現場の空気は確実に悪くなりましたよね。そんなぎくしゃくもあっ
たから、この3月に及川さんが降板したときは、“やっぱり…”って声もあがっ
ていましたよ」
(引用ここまで)

相棒と言うドラマは、タイトルとは裏腹に主演が水谷さんと言う位置づけにあり
ます。決して特命係の二人は、役柄の設定からしても対等な立場にはありま
せん。共演者には、水谷さんの機嫌を損ねない配慮が求められるのだとか。
水谷さんは根が真面目過ぎるのか、とにかく気が短い事で知られているそう
です。ネット上ではその強権ぶりから「天皇」と言い表す人もいるほど。

その天皇にうまく取り入っているのが、現在の相棒なんだとか。新相棒となった
成宮寛貴さんは、先輩の立て方が物凄く上手なんだそうですね。自分の演じ方
について水谷さんにアドバイスを求めるなど、とにかく謙虚に動いているとか。
水谷さんも成宮さんには信頼を抱いている様子で、付き合い易い相手だと見て
いる様子。成宮さんは、気難しい先輩の扱い方をよく心得ているのでしょう。

やはり、作品のタイトルが「相棒」だから一番良くないのではないかと思います。
初案の黄金刑事(ゴールデンコップス)よりは良いものの、対等な意味合いの
「相棒」では演じる方にも誤解を招きそうな気がするのです。相棒と言う作品は
右京がメインで、亀山は空気(もしくは犬)だと厳しく評する人がいましたが、
確かにそう言う面があった事は否めません。

特番時代の頃はまだ、右京がシャイな変人で好感が持てました。あの頃は味方
も説得力もなかったので、唯一の仲間は亀山薫だけ。そして、その関係のまま続
くと思っていました。それが回を重ねるに連れて、右京が先へ先へと引っ張り続
け、亀山はただ補佐するだけの人になってしまいました。

Season4の第19話「ついてない女」では、二人のコンビネーションが見事に発揮
され、やっと相棒らしい原点に立ち返れたと喜んでいたのですが、Season6の第
11話「ついている女」では、再び右京の独壇場に戻ってしまいましたね。

寺脇さんが降板した後で分かったように、亀山がいなくなっても右京は一人で動
き続ける事が出来ます。寺脇さんが渾身の力をこめて主役を張った「853〜刑事・
加茂伸之介」が相棒の様なシリーズ化を出来なかった事からも、主役を張る事が
如何に難しいか分かります。

寺脇さんが水谷さんと肩を並べるには、もう少しヒット作を増やさなければなりませ
んが、NHKのドラマでは紳士な父親役でも高評価を得ていましたし、加茂伸之介
の様な熱い役も出来る人なので、今なら相棒復帰も可能な気が致します。密かに
そう願っているファンは多いと思いますが・・・。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1616:No title by カズ on 2012/11/12 at 20:34:14

基本的に右京さんが主演ですよね 相棒は変わるほうが自然で
それぞれの良さを見て楽しめて良い感じだと・・・・
右京さんのキャラ 正義感強く 人命尊重の精神 これがある人と
深い相棒になっていくんですね・・・・・

1621:右京スタイル(正義感・人命尊重) by 管理人です on 2012/11/12 at 22:38:58

実際、右京あってのドラマですもんね、相棒は。そして右京のイメージ
を一番引き出しているのが水谷さん。他の人では考えられません。

亀山薫は印象深いし頼もしい男なんだけど、右京と同じステージには
立てない人。これが最初の頃だったら、とても自然体で二人は対等な
関係に見えたんだけど、途中から右京が怪物になってしまった。

寺脇さんが抜けたから及川さんが入ってこれた、及川さんが出たから
新しい人が出てきた・・・でも、彼らは水谷さんと同じステージに立とう
とすればきっと失敗する。それだけに「相棒」ってタイトルは罪だなと思
うのです。

シーズン2の頃が一番好きでした。小さな牙を持った右京さんが良か
ったな。今は刑事部長も食ってしまいそうな勢いですw

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]