トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

無資格で施術をしたメディクリニック南青山関係者を逮捕

無資格で男性の美容形成手術した疑い 病院元事務長逮捕(朝日新聞)

(記事より一部引用)
医師資格がないのに男性の手術をしたとして、警視庁は25日、東京都
港区の美容形成外科「メディクリニック南青山」(昨年8月に閉院)元事務
長の沢部勝仁容疑者(47)=千葉県松戸市二十世紀が丘中松町=を
医師法違反(無資格医業)の疑いで逮捕し、発表した。容疑を認めている。
(引用ここまで)

直接の逮捕容疑は、この事務長が医師の資格を持たずに手術を行った
ことです。2010年1月~2011年9月にかけて都内の自営業男性(38)に
下半身の縫合手術などをしていたとか。

このクリニックは、以前よりクレームが相次いでいた様で、未熟な施術に
よる不具合も多かったそうです。港区などには約40件のクレームが寄せ
られていた模様。警察では、2008年ごろから沢部容疑者が医療行為を
無資格で繰り返していたとみている様です。

このクリニックは2004年に開業していました。インターネット上で宣伝し、
金の糸を顔に埋め込むアンチエイジングなどを紹介。ところが、この金
の糸を顔に埋め込んで後悔をしている人もいるそうです。

メディクリニック南青山についての口コミです(美容整形の口コミ広場)

(記事より一部引用)
色々よく調べないままここで金の糸を入れました。お話しさせて頂いた
院長らしき人は気さくに話す方です。担当の先生は医者の卵?らしき
若い人でした。(中略)

問題は技術。技術はやはり全然ない・・・。1.2.3・・半年経っても全く効
果は無し ただ顔の中に糸が入ってるだけ・・本当に何の効果もないの
です。ハリ、潤い、艶なんて・・・高額の金を払って、今はただ後悔の日々。

もう一つ、なぜかそこの医院は入口に鍵がかかってるのです。カメラで除
いて何かをチェックして出入りさせてるのか・・糸を入れた後になるのです
が、何かにそこの医院はHPは立派だが調べると保健所登録されてない
との書き込みを見ました・・

皆さんこの医院での金の糸挿入は絶対にしないで下さい。
(引用ここまで)

さて、このクリニックで金の糸を埋め込んだ人は他に多数いる様です。中
には、CTスキャンで困ったことになっていると訴えている人がいました。

(一部引用)
全く知らずにCT検査を受けて数日後から顔に線状の「赤」というか「紫」
っぽいというかそんな感じの一瞬血管?と思うような線が法令線から頬
(エラ付近)にかけて出てきてしまって><!

「金の糸」がMRIやCTに関係するなんていうことも施術の時に言われた
覚えもなかったですし、全く知らずにCT検査を受けてしまいました。
(中略)
2チャンネルでしたでしょうか、「金の糸」のやりとりの中で「猫ヒゲ」と
いう言い方をしている方のコメントがありましたが、この線状のものができ
る症状を言っているのかな、と思ったりもしています。その方はメディでは
なく2ちゃんで取り上げられている他の美容外科で入れて、その「猫ひげ」
とやらを消す何かを注入?してもらったと。
(引用ここまで)

体内に金属があると金属アーチファクトと言う問題が起こり、CT撮影後の
画像データへ余計な画像が写ったり、ハレーションを起こすと言う問題が
あると言います。→CTスキャンでの注意点:アーチファクト

しかし、機器と反応して顔に埋め込んだ金属線が浮かび上がったと言う話
は聞いた事がありません。電子レンジの中にでも入れば、電磁波と反応し
て火花が出るでしょうが、CT(Computed Tomograph system)はレン
トゲンが進化したX線CTと呼ばれる物が主流です。電子レンジとは仕組み
が根本的に異なります。(世の中には、X線による被爆などの問題を解決
しようと、MCT(Microwave based Computed Tomography syatem)
の研究をしている人々がいます。こちらはX線の代わりに2~3GHz帯のマイ
クロ電磁波を使用する方式です。電子レンジは2.45GHz帯域の電磁波を使
いますが、出力が600-1200Wと非常に強力です。この為、水分を含む食品
を加熱調理する事が出来ます。マイクロ波CTの場合、出力を1~2W程度に
抑え水中または塩水の中で使う事を想定しています。波長が短いマイクロ
波は水中で減衰し易く、実用化にはまだハードルがあるそうです。)
マイクロ波CTの紹介(マイクロ波CTってなに)
マイクロ波基礎知識(ミクロ電子株式会社)

さて、今回問題となったクリニックが売りにしていた金線の埋め込み施術
ですが、宣伝されているほどの効果があったのかは疑問です。元になって
いると見られる文献には、ロシアの研究者によるものがあるそうですね。
しかし、日本で具体的に取り上げているケースを見ても疑問が残ります。
施術前後を写した資料も見る事が出来ますが、何らかの加工がされてい
る印象を強く受けました。(画像の色合いを変えたり化粧を施すのは、この
手の宣伝では普通の事かもしれませんが、効果が得られなかったとする
クチコミがあるのも事実。万人向けではなさそうです。)

過去に中国の女優コン・リー(鞏俐)が同様のアンチエイジングをしてい
ると話題になった事があるそうですが、こうした事も宣伝材料になってい
る様です。

ところで、純金であればイオン化し難いので人体には悪影響を及ぼさない
と言われています。金属が溶け出すとイオン化して体内に入り込み、金属
アレルギーを引き起こす事がありますが、チタン、金、プラチナ類は比較的
安全だと言われています。一方で、問題を起こしがちなのがニッケルです。
ニッケルはアクセサリの土台として良く使われていますが、人の肌に直接
触れる様な部分はメッキ加工が施されているのが普通です。このメッキが
剥がれると、ニッケルが汗などで溶け出し体内取り込まれてしまいます。
金属アレルギーは安物の金属製品に多く見られる一方、金などの高級品
では比較的少ないとされますが、それはこうした理由によります。この事
から、純金を顔の中に埋め込んで皮膚の張りを維持したりするアンチエイ
ジングに利用しているようです。

K18(純金75%+その他25%)は混合金属なので、体内に入れるべき素材で
はありません。Kはkaratの頭文字で金製品の純度を示す尺度として利用
されています。純度を24分率で示す為、K24は純金と言う事になります。
しかしながら純金は軟らかい素材の為、加工は簡単ですが形を維持するの
が難しいと言います。あえて異種金属を混ぜることで強度を持たせている
のがK18金属です。当然、体内に入れるなら純金の物となるわけですね。

さて、金線(金の糸)を使った施術を紹介しているサイトによりますと、術後
1ヵ月ぐらいから皮膚下(真皮より少し下)に埋め込まれた金の糸にコラー
ゲンやエラスティンが集まって来るそうです。ここに新しい毛細血管が生ま
れ肌の細胞が再生し始める事で、肌が若返るとしています。また純金から
得られるイオン効果で肌が活性されるともしています。施術は極細の注入
器を用いる様です。金の糸(直径0.1mmで純度が24K)のを肌に注射して
行く形ですね。糸と言うよりは繊維に近いと思われます。

こうした施術はきちんとした消毒や麻酔が必要になりますが、こうした事
を摘発されたクリニックでは無資格者がしていた模様。このクリニックの
院長は医師の資格を持っていましたが、事実上の名義貸し状態だった事
が分かっています。院長は名義を悪用されたと弁解しているそうです。

ただ、こうした無責任な医師にいつまでも資格を与えていて良いのか大い
に疑問ではあります。この院長は、ネットで検索をすると名前が出て来ま
すね。執筆活動等もしていた様です。医師と言うよりは、金儲けに勤しむ
守銭奴と言う言葉がピッタリなのかもしれません。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]