トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

許せない!悪質な募金詐欺で関係者を逮捕!!

難病女児支援…街頭募金は詐欺だった! 容疑のNPO役員ら5人逮捕
(産経新聞)


(記事より一部引用)
大阪府内に実在する難病の女児(5)への支援を訴える街頭募金活動を
行い、通行人から現金をだまし取ったとして、大阪府警捜査2課が詐欺
容疑で、大阪市内のNPO法人「W.S.A」役員、中村穣次容疑者(32)
ら5人を逮捕していたことが10日、分かった。中村容疑者らは1年数カ月
前から大阪市内の繁華街や大阪府泉佐野市内などで嘘の募金活動を繰
り返し、数百万円の募金を集めていたとみられる。

府警によると、ほかに逮捕されたのはいずれも同府内の19~58歳の男
4人。逮捕容疑は今年11月上旬、泉佐野市内の街頭で、厚生労働省が
小児慢性特定疾患に認定している「骨形成不全症」を抱える女児への支
援名目で募金活動を行い、数人から寄せられた計千円を詐取したとして
いる。

府警によると、中村容疑者らは2~4人で街頭募金を実施。逮捕者以外に
も活動していた人がいるという。NPO法人は慈善団体を装うため、難病患
者の支援を事業目的として今年8月に設立されていた。
(引用ここまで)

NPO法人まで設立して詐欺行為を働いていた連中に、やっと捜査のメス
が入りました。骨形成不全症は国の小児慢性特定疾患に指定されており、
女児の医療費は税金で全額負担されています。その為、以前より怪しい
と目を付けられていた模様。

産経新聞の記事によると「全身14カ所を骨折して生まれてきました」「5歳
になった今でも難病と闘っています」などと訴えて募金活動をしていたことが
書かれています。ところが、女児のもとには1円も届いていなかったそうです。

男らの募金活動は支援先の素性を明らかにしないまま行われており、通行
人の一部からは「金は何に使ってるねん」「詐欺ちゃうんか」と詰め寄られる
場面もあったとか。活動中は支援対象と見られる女児の顔写真を載せたプラ
カードを掲示していたそうです。この女児は実在する患者だそうですが、マス
コミの取材を受けた際も詳細を伏せていた様です。こうした状況の為、多くの
通行人は素通りをしていた模様。近くの小売店の店員らも、以前から怪しい
連中だと思っていたそうですね。

人の善意を踏みにじる連中は、もっと恥を晒してから捕まって欲しいものです。
大阪は金絡みの事件が少なくありませんが、ちゃんと詰め寄る人もいるから
不思議。人情の町と言うのは、伊達ではないと言うことでしょうか。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]