トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

JFEで男性従業員が1000度の溶鉄溝に転落して死亡

JFE:溶鉄溝に転落、1人死亡 広島(毎日新聞)

(記事より一部引用)
11日午前2時5分ごろ、広島県福山市鋼管町のJFEスチール
西日本製鉄所で、溶かした鉄が流れている溝(深さ2メートル、
幅1.5メートル)に人が落ちた、と119番通報があった。県警
福山東署によると、溝から男性社員(44)とみられる焼死体が
見つかった。同署は作業中に誤って転落したとみて、安全管理
などに問題がなかったか調べている。
(引用ここまで)

亡くなった男性は1人で作業をしており、高炉から溝へ流れ込ん
で来る溶けた鉄を、重機で押し流す作業をしていたそうです。
安全管理が問われる一方で、一体どうすれば死亡事故が無くな
るのか関係者も頭を悩ませているのではないでしょうか。

このJFEスチールと言う会社はとにかく事故の多いところでして、
特に東日本製鉄所の方では事故が多発していました。アンモニア
液を浴びて負傷した従業員も出ましたし、ゴンドラが滑落して施設
外壁にぶつかり多数の死傷者を出した事もあります。また、圧延
装置の下敷きになって下請け会社の従業員が死亡したと言う事例
もあり、グループ全体で次々と事故を起こしている企業なのです。
系列のJFEケミカルでは、劇物タンクが爆発すると言う有様。

今回は西日本製鉄所の方で発生したわけですが、安全管理が徹底
していない事は明白であり、今まで以上に管理責任を問うべきだと
思います。グループ内で同じ事を何度も何度も繰り返して良いはず
がなく、この件では役員にもしっかりと責任を負わせるべきだと考え
ます。どんなに号令をかけても、役員が全社的な取り組みとして声
を上げて行動しなければ、決して改善はしません。社長を始めとする、
経営サイドの責任が今まで以上に問われています。

しかし、ここまで事故が続くと言う事は、過酷な業務に加えて何かに
呪われているのでしょうか?工場ならば、かねてから安全対策につい
ては口酸っぱく指導されていたはずなのに・・・今JFEでは一体何が
起こっているのでしょう。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1673: by カズ on 2012/12/12 at 22:02:43

こういう事故はすべて会社で持ち寄って二度と起こさないように 全社で情報を共用して 重大事故が起こらないようにするのが普通のはずですが・・・・
もしこの転落事故目撃者居なかったら 事故も発覚しなかったかもですよね 転落 溶けて流されて・・・

1677:役員次第ですよね by 管理人です on 2012/12/12 at 22:47:02

http://www.jfe-steel.co.jp/works/east/chiba/environment3.html
東日本製鉄所の方ではこんなサイトがありました。これを
見ていると地域の住民に対しての説明が主で、グループ内
で人が死に続けている事を示したサイトはなさそうです。

http://www.jfe-holdings.co.jp/investor/zaimu/g-data/jfe/25/25cyu-jigyou.pdf
株主向けの資料にも事故の事は載りませんね。経営状況しか
載せておりません。

http://www.jfe-holdings.co.jp/release/2012.html
最新情報にもありませんね。人が焼死しているのに。

親会社が人の死に全く触れていないと言う辺りが、この会社
の体質(=役員の体質)だと私は見ています。だから、また
死人が出ますよ。まだまだ、これからも工場の人は死ぬと
思います。死ぬのが当たり前になっているのかもしれません。
公害も事故も人の命に関わることなのに・・・。

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]