トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

兵庫県尼崎市の死体遺棄事件・・・角田美代子容疑者(64)が自殺

「死にたい」と漏らし、「特別警戒」していたのに角田容疑者の自殺
許した警察の大失態(J-CAST)


(記事より一部引用)
これまで6人の遺体が見つかり、今も3人が行方不明の兵庫県尼崎
市の連続死体遺棄事件。主犯とされる角田美代子容疑者(64)が
2012年12月12日朝、真相を語らぬまま留置所内で自殺したことで、
一連の異様な事件の全容解明に疑問符が付いた。多くの人の命を
奪ったとみられる角田容疑者が自殺することを、結果的に許してしま
った兵庫県警への責任追及の声も出ている。
(引用ここまで)

少なくとも当事者の一人が亡くなった事で、主犯の存在が怪しくなっ
てしまいました。後は関係者の証言でつじつまを合わせて行くしか
ありません。真相解明に大きな支障となる恐れも出て来ました。

「死にたい。どうやったら死ねますか」

少なくとも4回は、警察官にこう尋ねていた角田容疑者。罪を悔いる
よりも先に、自分の処遇の方が気になっていたのでしょうか。もしも
そうなのであれば大変悲しい事です。

県警では特別要注意者として監視を強めていたそうですが、結果的に
自殺を防ぐ事が出来ませんでした。容疑者は独房ではなく3人房で死
んでいたそうです。県警本部3階の留置所内にある部屋で、他の2人と
ともに仰向けで寝ていたとか。(以下、時系列にまとめて見ます。)

12月12日午前5時25分・・・他の留置者と寝息を立てて寝ていた。
同38分・・・仰向けの状態で首元にTシャツを掛けていた。
同55分・・・寝息は確認できた。
同6時10分・・・寝息がない事に気付いた。
同21分・・・長袖Tシャツの片袖が首に巻かれており、意識がない状態。
同7時15分・・・搬送先の病院で死亡が確認された。

非常に疑わしいのは、同じ部屋に2名の者がいるのにも関わらず自殺
が出来てしまったことです。それも横たわったままで亡くなっています。
こんな状況下で人が死ねるとは思えないのですが、現実に亡くなって
おります。

色々と不可思議な結末となってしまいました。罪を省みる事無く、死ん
で行った角田美代子容疑者。一体何の為に生まれて来て、何の為に
死んで行ったのでしょうか・・・。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]