トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

警察署で保護した生き物が死んでしまう事案が発生

勝浦署で“保護中”コアリクイが凍死 先月、市原の動物園から
逃走(千葉日報)


(記事より一部引用)
市原市の動物園「市原ぞうの国」(坂本小百合園長)から11月
逃げたミナミコアリクイが“保護”先の勝浦署内で死んでいたこと
が27日、千葉日報社の取材で分かった。アリクイは熱帯に生息
する動物。夜間に屋外のオリで保管したことによる凍死とみられ、
取り扱い方法について同園や業界団体は反発を強めている。
(引用ここまで)

まずは、管理の甘かった動物園の失態である事は間違いなく、
逃げ出さない様にするのが大切。それでも、せっかく保護した
生き物を凍死させてしまうほど、警察官には見識がないのかと
思うと悲しくなります。人や物を相手にする職業なのに、この考
えのなさはどこから来るのか不思議に思います。

今は、インターネットで調べたり電話で問い合わせなりすれば、
情報は簡単に手に入る時代。取り扱いの経験があるペットショ
ップだって見つかるかもしれない。決まりだからと何でも屋外で
保管すれば良いと言うものではないし、権限者の署長も含めて
もっと柔軟に判断して欲しかったな。

もちろん、逃がした動物園も悪いんだけど・・・。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]