トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

中国がGPSに対抗してナビシステムを運用開始

中国:GPS「北斗」運用開始 ミサイル精度向上へ(毎日新聞)

(記事より一部引用)
中国政府は27日、衛星を使ったナビゲーションシステム「北斗」
(英語名BDS)の正式運用を開始したと発表した。米国の全地
球測位システム(GPS)に対抗して中国が独自開発した中国版
GPSでアジア各国にも利用を呼びかけていくという。

アジア太平洋地域(東経55〜180度)をカバーしており、位置情報
の誤差は10メートル程度。他人に自分の位置を知らせたり、他人の
位置を知ることができる機能も備えているという。会見した中国衛星
誘導システム管理弁公室の冉承其(ぜんしょうき)報道官は、「総合
的な性能は米国のGPSに匹敵するが、GPSより優れた点もある」と
話した。今後、さらに400億〜500億元(約5400億〜6800億円)
を投じて衛星を打ち上げるなどし、20年ごろまでに全世界をカバーす
る予定。昨年12月から試験運用を開始しており、端末の普及も進め
ている。
(引用ここまで)

着々と国防能力を引き上げている中国。軍事面でも商業面でも役立
つと見ているのか、開発に余念がありません。ミサイルの命中精度
は今まで以上に上がるし、個人の所在地も把握されかねない脅威の
システムには唖然とします。

きっと、普及した暁には政治的利用も進めて行くでしょうね。航空機
や船舶、自動車などなど、利用する人が増えれば増えるほど中国は
手綱を強くして行く事でしょう。突然の運用中断で世界を混乱の坩堝
に落とす事も可能になるかもしれない。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]