トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

インドで起きた性犯罪に、若者たちが猛抗議の連鎖

暴行被害の女子大生死亡、抗議激化をインド厳戒(読売新聞)

(記事より一部引用)
性犯罪に対する罰則強化を求める抗議活動が続いているインドで、
抗議のきっかけとなった暴行事件の被害者の女子大生(23)が29
日、搬送先のシンガポールの病院で死亡した。インド政府は、抗議
活動が暴徒化する恐れがあるとして、数千人規模の兵士と警官を
首都ニューデリーに配備し、警戒を強めている。

女子大生は16日、ニューデリー中心部を走行中のバスで男6人に
暴行された後、車外に突き落とされ重体となり入院。27日にシンガ
ポールの病院に移送されていた。警察は29日、6人を殺人罪で起訴。
地元メディアは「インドの娘、安らかに眠れ」と大々的に報じた。
(引用ここまで)

亡くなった女性は、今月16日にニューデリーのショッピングモールで
映画を見た後に暴行され、回復不能な重傷を負いました。違法営業
の乗り合いバスに乗った際、居合わせた酔客の6人にレイプされてい
ます。暴行の内容は凄まじく、残虐の限りを尽くされた挙句に車外へ
放りだされたとか。その後、ニューデリーの病院へ移送され腸の摘出
手術などを受けた後、シンガポールの病院にも移送されています。
悲しい事に脳も損傷を受けており、加えて肺も感染症に侵されていま
した。

インドでは女性に対する扱いが酷く、特に性犯罪が横行していると言わ
れています。先月もバドゥシャプール村で、17歳の少女が複数の男らに
性的な暴行を受けており、今月になって自殺をすると言う痛ましい出来
事があったばかりです。

自殺した少女は地元の警察に被害を訴えたものの、受理されたのが
2週間後と遅く、不適切な対応をした警察官が解任される事態になって
います。更に酷い事に、これらの警察官は少女に告訴を諦めさせようと
働きかけたり、加害者の1人と結婚する様に迫っていた事も明らかとなっ
て来ました。

相次ぐ性犯罪を黙殺し、長年に渡り正攻法の対処をして来なかった司法
当局への不満は深刻で、インドの若者らが怒りの声を挙げているそうです。
こうした声を受けてか、政府は暴力的性犯罪の前歴者情報をインターネット
上に公開する方向でいるとか。

こうした動きは日本でも一部で見られますが、人権上の配慮から自主的
な申告に留まっているのが現状だそうです。日本では列車内で痴漢をした
鉄道会社の重役が自殺をするなどしており、インドとは少し様相の異なる
面も見られます。

いずれにしても、残虐な事件の背景には必ず素地があり、病巣があると
考えるのが自然でしょう。違法なバスに犯罪者が潜み易いのはなぜか、
どうして若い女性が残酷な仕打ちを受け続けるのか、そこに隠れた要因
を無視しても物事は解決しないと思うのです。

インドでは人種差別や男尊女卑の意識が根強く、女性に対する考え方が
成熟していないのが理由として挙げられています。故に、司法当局もこれ
までは真面目に捜査を尽くさなかったのでしょう。しかし、これだけの若者
が怒り狂っている以上は、考えを改めなければならない時期に来ている
のかもしれませんね。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]