トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

食物アレルギーの小学生が、給食で死亡

女児アレルギー死、お代わりで「×印」確認怠る(読売新聞)

(記事より一部引用)
東京都調布市の市立富士見台小学校で昨年12月20日、チーズ
などにアレルギーのある5年生の女子児童(11)が給食を食べた
後に死亡した問題で、同市は8日、女児がお代わりを希望した際、
担任の男性教諭(29)がチーズ入りの料理を誤って提供していた
とする調査結果を公表した。
(引用ここまで)

悲劇の発端は女児が給食のお代わりしたを希望したことにありま
すが、担任のチェックも甘かったようです。給食に出た韓国風お好
み焼き「じゃがチヂミ」の生地部分に、チーズが入っていたことで
女児の死亡へとつながった様です。

この女児はチーズにアレルギーがあり食べてはいけなかったとか。
当初、女児にはチーズ抜きの物が提供されていました。担任には
予め1か月分の献立表が渡されており、食べられない料理に「×印」
が付けられていたそうです。しかし、担任がこの表の確認を怠って
いた為、女児がお代わりをした際の危険性に気付かなかった模様。

女児は給食を食べた後で体調不良を訴え、救急搬送されたものの
約3時間後に死亡しています。死因はアレルギー反応のアナフィラ
キシーショック死と見られています。

食物アレルギーを持つ人にとっては、アレルギーの食材そのものが
毒物に相当するわけですから、確認もせず提供する事は毒見をしな
い事と同義であります。担任だけを責めるのは酷だとしても、リスク
管理を学校側に一任するだけでは事故を防ぎ切れないと感じました。

普通、アレルギー対策済みのお代わりが別に用意してあるとは思
えず、担任も事の重要性を認識していなかった可能性があります。
少なくとも今回は、この女児の為だけの給食が準備されていたわけ
ですから、危険性がある事を認識しなければおかしいと思うのです。

この問題では学校側の説明が変遷しており、後から真相が判明する
など不手際が見られました。また、リスクの一切を担任だけに押し付
けるのは妥当性を著しく欠くと考えます。チェックミスは必ず起こると
想定し、「お代わり禁止」「相互のチェック」を徹底するしか手はなさ
そうです。

恐らく学校側は不幸な事故と考えているでしょう。しかし、亡くなった
児童やその親御さん、担任のみんなが辛い状況に追い込まれてい
る以上、検証の結果を有効に活用して頂きたいと願うばかりです。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]