FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[FC2カウンター]

[ブログ内の検索]

[リンク]

[カテゴリー]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[FC2]

ハッスル型は出世出来ない?

ハッスルする人は、出世できないのか(プレジデントオンライン)

(記事より一部引用)
毎年春の入社式。私が短い講話をしたあと、質問コーナーを設けます。
そのとき、真っ先に「はいっ!」と手を挙げて質問をぶつけてくる新入
社員がいます。

「会長、これについてはどうお考えでしょうか?」

若者らしく元気いっぱい。ハッスルしている様子がありありと見てとれ
ます。ところが、経験からいうと、そういうタイプの社員はまず伸びま
せん。いまも何人かの顔が浮かんできますが、残念ながら、そのうち
かなりの者がワタミを去っています。結局、彼らがひけらかす「元気」は、
内実をともなわない虚勢なのです。
(引用ここまで)

これは、ワタミグループ・会長 渡邉美樹氏のお言葉です。

しかし、過労死の一件やグループ会社での死亡事故隠しなど、どうにも
胡散臭さが漂うのも、これまた事実。目立つ者よりもコツコツ型を評価
する姿勢は立派なのに、どうしてこうも胡散臭いのだろう。

でも、ハッスル型が続かないのは何となくですが理解出来ます。何と言
うか、バイタリティがあってエネルギッシュで声も大きいのに、続かなか
った人を私も知っているからです。

昔話で恐縮ですが・・・

某所の某事業本部長をしておられたその方は「現場を俺が改革して見せ
る」と、4月の辞令交付後に宣言していました。ところが数ヵ月後、久々に
お会いした時は目に元気が無く、言葉は投げやり気味で、当初の姿は見
られなくなっておりました。それから私は現場を去りましたので、どうなっ
たのかは分からずじまいです。

先日、久しぶりにその事業所の前を車で通りかかりましたが、特に変わ
った所もなく、改革は不発に終わった感じでした。思うに、本部長が一人
で奮闘しては見たものの、周囲がついて来れなかったのではないかと思う
次第。当時、ハッスル型の本部長は日々課せられるノルマ消化に追われ、
疲れが蓄積している様でした。理想を高らかに語り、若い者を育てないと
いけないと力説していたのに、気付けばノルマとリストラの嵐です。

何事も、理想と現実の乖離は激しいものがございます。そして、要領の
良い者が出世をして行く中で、生真面目な者はノイローゼになり職場を
去って行く・・・どこの会社でもある話です。

私は、夜の9時にノルマ報告をするのが嫌で辞めましたが、若い人が続か
ない理由の一つでもあります。あの頃の本部長は、そうした事にも批判的
で若者の受けが良かった。その分、一人で背負ってしまったのだろうと、
今では考えています。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]