トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

社員を滅私奉公させるJTBで働くのは命がけ

残業月251時間のJTB社員、過労自殺と認定(読売新聞)

(記事より一部引用)
JTBのグループ会社に勤務していた東京都内の男性社員(当時40歳)
が2011年3月に自殺したのは、長時間残業による過労が原因として、
新宿労働基準監督署が労災認定していたことが30日わかった。認定は
昨年10月。

遺族の代理人弁護士が記者会見し、明らかにした。勤めていたのは
「JTB法人東京」(現・JTBコーポレートセールス)。男性は主に、
学校の団体旅行などの営業を担当。11年2月に課長に昇進し、業務が
増えた上、同月22日に発生したニュージーランド・クライストチャーチ地震
で、担当高校のホームステイ先の変更に追われていたという。男性は3月
に自殺した。
(引用ここまで)

自殺に追い込むぐらい働かせるJTBの系列会社。課長の上司は誰なの
だろう。事前に応援をしたり相談に乗っていれば、こんな事にはならない
はずだが・・・。

個人的にはJTBに対してあまり良いイメージはありません。かつて地元に
あった支店では、お客様駐車場の一角に社長専用と書かれた駐車スペ
ースを確保しているぐらいでしたから、好きになれませんでした。そこで働
いている支店長ならともかく、たまにしか来ない社長の為にわざわざ場所
を確保している会社なんて見た事がありません。

さて・・・

1か月間の残業時間が251時間って、通常の勤務が月180時間前後(週
40時間の場合)なのに、これに250時間ほどが乗っかってきたら家に帰れ
ないんじゃないですか?休みなしのフル出勤でがんばっても、毎日8時間
は残業している計算です。17時から8時間後と言う事は、深夜の1時なの
で電車もありません。近所に暮らしているなら別としても、実質は会社に
泊り込みだったのではないか?風呂や食事、仮眠に残りの時間を当てて
も、どれも中途半端過ぎます。通勤している時間など捻出出来ない厳しい
残業の仕方であります。

JTBの課長さんの場合は、一人で孤独だったのではないでしょうか。自殺
を考えると言う事は、先が見えなくなったからだと思います。同じ立場の
仲間がいればまだしも、一人で孤独に立ち向かっていたら、いつかは心も
折れます。働く仲間を過労死寸前まで追い込み、責任を一人にだけ上乗せ
して平気な上層部には、国も真剣に責任を問うべきではありませんか?

会社は経営者が舵を握っているのだから、現場の就労環境を改善するの
は大切な仕事。役員らがその任務を放棄しているわけです。職権で国や都
がもっと指導をして欲しいものです。

きっと、JTBの役員がだらしないのでしょうね。あるいは、きちんと報告を
させていなかったのかもしれません。自殺した人も、課長に昇進したばかり
で無理をしたのでしょうね。仕事にかけたプライドも熱意も、自殺なんかした
ら無意味です。結局、悲しむばかりで誰も喜ばないのだから・・・。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]