トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

民主党から自民党政権(&公明党)になって変わったこと

民主・細野幹事長「危機レベル上がった」(産経新聞)

(記事より一部引用)
民主党の細野豪志幹事長は6日午前、中国海軍艦艇が海上自衛隊
艦艇などに射撃管制用レーダーを照射した事態について「危機の
レベルが一つ上がった。こうした挑発行為は由々しき事態だ。
中国側に抗議しなければならない」と述べた。国会内で記者団
の質問に答えた。
(引用ここまで)

「(レーダー照射が1月30日だったことに関し)それからやや
時間がたっているので、情報開示のタイミングや、なぜ今のタイ
ミングだったのかを(政府側に)しっかりと聴かなければならな
い」と記者団に述べたそうですが、実はそれよりもずっと前から
こうした事態はあったのだとか。でも、民主党政権時代には隠さ
れて表に出て来なかったそうですよ。

このことは朝日新聞の6日付夕刊と日経新聞の7日付朝刊で詳細
が報道されています。これらの記事によると、昨年9月の尖閣諸
島国有化前にレーダー照射が複数回あったそうです。公表を避け
た理由は「日中関係を悪化させたくない」からだとか。

そうした対応を行ったのは、紛れもなく民主党政権時代の時です。
事務方が配慮してこうなったのか、それとも政権側の判断だった
のかは不明ですが、今更自民党の対応を責められる立場じゃござ
いませんね。自分の行いが報いとなって返って来る「ブーメラン」
現象を、今また繰り返している様にしか見えません。

自民党になったから公表されたのだとすれば、民主党時代の失わ
れた時間がもったいなくて仕方ありません。毅然とした対応を取ら
ないから中国側も増長をするんですよね。だんだんエスカレートを
している姿を見ていると、空恐ろしい気すらして来ます。

ただ、民主党の精鋭らしき人物でもこんな感じなんで、さっさと政権
交代して良かったです。


「しかし相手に…場所がもう判ってるじゃないですか。だってレーダ
ー照射までしてるわけですよ。グーグルアースなんかで見れば判りま
すよ。日本の艦船がどこにいたか。」

この言葉の真意が分かりません。艦船の位置関係を推察する程度なら
まだしも、見ただけで分かったら誰も苦労しないはずなんだけど・・・。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]