トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

ドスパラタブレットのパネル問題がやっと進展した模様

パソコン通販の大手であるドスパラがやっと不手際を認めたとして、
ネットで少し話題になっている模様。→ドスパラ、ドスパラタブレット
が「TNパネルを使用している可能性が極めて高い」と発表
(Newslogplus)


経緯をまとめると、こんな感じ。

製品名・・・DOSPARA TABLET
型式・・・A07I-D15A
対象期間・・・2012年12月17日 ~ 2013年2月10日

①11月23日の製品発表時点では、最終サンプル製品にもIPSパネル
 が使われていた模様。

②12月20日にドスパラタブレットの発売を開始。

③商品の説明文では「IPSパネルを採用」と表記。しかし、視野角
 が明らかに狭いなど怪しい部分があった事から、一部のユーザー
 が分解に走った。

④ネットで情報が公開されて行くが、ドスパラの対応は冷たかった。

⑤2013年1月15日に「視野角が狭く暗い。TN液晶(パネル)のようだ。」
 との指摘を受けたとして、ドスパラは製造元に再確認。

⑥1月18日に製造元より「当初採用を予定していたパネルに問題が発生
 したため部材の調達先を別会社に変えたが、製品規格書通りIPSパネル
 を使用している。」との回答をドスパラが受ける。

⑦問い合わせや不満を漏らすユーザーに対しては、上記の回答を根拠に
 「IPSパネル使用」である事を主張。

⑧納得しないユーザーたちは、ツイッターやブログ、2ちゃんねるなど
 で次々に詳細を流し始め各所で炎上。

⑨2月15日に「パネルがTN液晶である可能性が極めて高い。」と言う
 調査報告を受けたドスパラもついに観念。やっと非を認める事態へ。

⑩誤認させたお詫びとして、購入者にQuoカード1,000円分を進呈す
 ると発表。但し、返品しないで使い続ける人に限定。

とまあ、こんな感じ。

何でも、問い合わせに対して担当者の対応が良くなかったらしく、これ
にも憤慨しているユーザーが多い模様。「だから」を連発する担当者は、
相手に不快な思いをさせていた事を自覚していなかった様です。今回の
トラブルはあくまでも販売店に非があり、購入した客にはありません。
そりゃあ販売店も騙されたと主張したいのは分かるけど、その前に顧客
対応へ専念すべきでした。

しかし、取引先のいい加減差には笑える。ドスパラは踏んだりけったり
ですね。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]