トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

牛乳は体に悪いのか?

第3章 これがあなたの体を疲れさせている食品だ(1日2食健康法)

(記事より一部引用)
「カルシウムが含まれているから」 とチョークを食べている人が
いたら、変人であろう。牛乳も同じことだ。またぞろ牛乳のCMが
盛んになってきたが、やはり健康によいということを最大の謳い文
句にしている。これは明白な詐欺である。健康のために、特にカル
シウムをとるのを目的に飲んでいる人が多い牛乳だが、牛乳は人間
にとっては毒物である異種タンパク質である。チョークのほうが、
まだしも安全かもしれない。
(引用ここまで)

最初は偏食主義者の妄言だと思って読んでいたのですが、これが
中々面白い。実際、日本人は牛乳を飲むとお腹を壊す人が多いし、
学校の給食で出される牛乳を無理して飲んでいる生徒さんもいる。

さて・・・冒頭の記事のように書かれている以上、牛乳には何らかの
メリットとデメリットがあるはずです。

<牛乳のメリット>
美味しい
手軽に入手出来るし安い
栄養がある
腹持ちがいい(気がする)
胃が荒れるのを抑制出来る
アルコールの吸収を遅らせる

<牛乳のデメリット>
乳糖不耐の人には害になる→詳細
独特の匂いがある
牛乳1リットルは、茶碗5杯分のご飯に相当するカロリーがある
骨粗しょう症に良いかどうかは諸説がある

他にも賛否両論あって、どれが正解なのか分かりませんでした。
個人的には、牛乳を飲むとやや体調が崩れます。(腹を下す傾向。)
便秘の時はバナナと牛乳のコンボで改善されるので、腹下しには
なっている様ですが、この辺は個人差もあるでしょう。

何でもそうですが、一部分を取り上げて「ダメだ」と言っても仕方が
ありません。栄養は幅広く種類を増やして取るのが理想的です。毎日
牛乳だけを飲んでいたら栄養失調を起こすでしょうし、不健康なのは
当たり前。乳糖を分解した加工乳やカロリーを抑えた低脂肪乳もある
のだから、体調にあった飲み物を選ぶべきだと私は思います。それに、
豆乳なんか大豆アレルギーの人は飲めませんよね。牛乳も似た様な物
で、飲めない人は飲める物を選ぶべきなのです。

正直、牛乳を害悪のように捉えて良いのか分かりませんでした。ただ、
健康に良いとか栄養があると言った情報だけを鵜呑みにして、本当に
そうだろうかと疑問に思うことは大事だと思います。そういう意味で
は、冒頭の記事は面白いと言えそうです。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]