トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

[耳寄りな情報]

[リンク]

[FC2カウンター]

[ブログランキング]


人気ブログランキングへ

[ブログ内の検索]

[最近のコメント]

[最近のトラックバック]

[カテゴリー]

[FC2]

度の過ぎた体罰は傷害事件で立件すべきでは?

蹴りつけ投げ飛ばす "体罰"映像で明らかに


映像を見ると分かるように、この指導者は「一番苦しむ方法」で生徒
に制裁を加えています。剣道の防具は、面の部分が金属で出来ている
ので、あごを持ち上げられると首に物凄い負荷がかかります。指導者
がやってはならない暴力行為を働いています。足で蹴り上げ、床に引
きずり倒す・・・これは指導ではなく単なる憂さ晴らしでしょう。
個人の鬱積を私的な暴力で晴らそうとしているようにしか見えません。

なぜ学校は告発をしないのでしょう。大分市の教育委員会は黙認する
つもりなのでしょうか?どう見ても立派な犯罪ですよね、これ。路上
でこんな姿を見かけたら通報されるレベルです。もはや指導ではなく
暴力ですよ。生徒に恐怖を植えつけるだけのリンチです。

こんな指導で、心が養われるはずがない。指導の価値もありません。

私も剣道をやっていましたが、作法に厳しい人が指導していました。
防具を着て悪ふざけでもしていたなら、即座に面の上からビンタを
食らったものです。自分に非があって、なおかつ意味のある指導で
あれば甘んじて受け入れますが、映像のような「単なる暴力」なら
全員でボイコットをした事でしょう。

武道では「礼に始まり礼に終わる」と言う言葉があります。敗者を
愚弄したり、ガッツポーズの様な行為を恥だと捉えています。足で
蹴り上げるなどは非礼の極みであり、武士道に反する愚かしい行為
です。

何より頭にくるのは、全く動こうとしない学校や教育委員会でしょう。
彼らにも何らかのペナルティを課すべきです。実行力が無いのであれ
ば、委員会など無用の長物。報酬を得る資格すらありません。仕事を
しないのであれば報酬は返納すべし。子供たちも大人の姿を見ている
んですよ。

問題の人物が辞めたからと言って、学校は無関係なのでしょうか?
再発防止策を考えたり、生徒の苦しみに耳を傾ける必要はないので
しょうか?

与えられた仕事を出来ない校長は、報酬を返上して欲しい。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

[楽天市場の注目商品!]


[楽天ソーラー]

[楽天カードが便利!]

[楽天スーパーWiFi]